スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年8月15日-17日、シカゴ・ホワイトソックス戦@シカゴ

8月15日金曜日

0815.jpg

Recapはこちら

***

8月16日土曜日

0816.jpg

Recapはこちら

***

8月17日日曜日

0817.jpg

Recapはこちら

***

シカゴ・ホワイトソックス戦シリーズ、ジェイズまだスランプから抜け出せないのか、2-1で負けてしまいましたね。

今週もちょっと忙しくてきちんと試合を見れなかったのですが、とりあえず簡単に振り返ってみましょうか・・・


まず15日。
この日のスターターはストローマン投手でしたが、なんと.2イニング、1イニングも投げきれずに降板することになってしまいましたね・・・
まあ1回にいきなり5点も入れられちゃったしね。

ストローマン投手はずっと調子がよかったですけれど、やっぱりここそこで不安定さが出るのは、仕方ないことでしょう。
まだ若いですし、こういう経験がきっといい訓練になるだろうし。
本人のツイッターとか見ても、ショートターム・メモリーで頭の切り替えをしっかりして次に臨んでいるようですし。

とはいえ、この日はピッチャー陣が奮いませんでしたね。

打者のほうもなんとか5点もいれたんだけれど・・・

結局ストローマン投手のあと引き継いだ投手は全部で6人。

ずっと調子のよかったロング・リリーバーのレッドモンド投手もこの日は調子がよくなくて、ストローマン選手と同じく5点も入れられて・・・

気になったのは、あの19イニングのタイガーズ戦で頑張って投げてくれてたのが記憶に新しいチャッド・ジェンキンス投手。
この日もストローマン投手の降板のあとすぐにマウンドに上がって、1点アーンドランになってしまいましたが、2.2イニング投げてて、そんな悪かったわけでもないのに、この日の試合後、またバッファローに降格となってしまいましたね。

せっかくいいパフォーマンスをしてくれているのに、なぜ?
フェアじゃないんじゃないかしら?

多分同じような思いはみんな持っているようで、それに対し、ジェンキンス投手はツイッターでこんなことをつぶやいてました。

Don't feel bad for me. Feel sympathy for the people who haven't been afforded the oppurtunities that I have in this life.

「僕のことをかわいそうと思わないでよ。今まで自分に与えられた機会を与えられていない人もいるんだから」といったような内容なんですが・・・
(私は英語をそのまま単語を日本語に訳すようなことはしてなくて、それより実際の内容を日本語で表すと一番近い形に訳すように努めています)

素晴らしいじゃないの!

彼は今シーズン何度もトロントとバッファローを行ったり来たりしてて、これで6回目の降格とかなんだったっけな?

でもまあ9月になるとロースター枠が広げられて、たくさんの選手がバッファローから呼ばれるだろうから、そのときに彼も必ずまた戻ってくるでしょう。

そういう意味ではエドウィン・エンカーナシオン選手の復帰によってバッファローにこれまた降格されたアンソニー・ゴース選手もね。

今シーズンはとてもいいパフォーマンスをしていたのにね~。
やっぱりフランシスコ選手ではなく、ゴース選手かあ。
フランシスコ選手がパワーヒッターなのはわかるけど、彼、オプションがないのかな?
とは言え、どうも納得できないよな~。


話を試合に戻して・・・
この日、1回表にリンド選手のRBIシングルでまずは1-0でリードしていたのですが・・・

1回裏からホワイトソックスに5点入れられて、すでにもう嫌な予感で、「ああ、この試合はもう終わりか・・・」という思いもファンの頭によぎったかと思ったら、2回にホゼ・レイヤス選手のサックフライでまず1点。
その後メルキーが2ランホームランで川崎選手と共にホームへ!
これで5-4まで追いついて、「これならまだチャンスはある!」と思ったのに、5回にホワイトソックスにやられてしまいましたね・・・

ジェイズはその後、6回にヴァレンシア選手、グラウンドアウトになってしまいましたが、ここでリンド選手がスコアで、なんとか1点追加はしたものの、その後は鳴りを潜め、結局11-5と言う結果になってしまいましたね。

この嫌ーな後味の残るシリーズ幕開けで、もうジェイズは勝てないのかな~なんて思いも出てきていましたが、翌日、16日土曜日は、シカゴ・ホワイトソックスで12年も投げて、この地でオールスターは4回、ワールドシリーズも勝って、パーフェクトゲームも成し遂げたマーク・バーリー投手が登板。

試合前から彼がマウンドに上がる際、シカゴのファンが総立ちになって拍手を送るという場面も。
バーリー投手、シカゴのファンに未だに好かれているようですね~。

そのバーリー投手、勝ち投手にはなりませんでしたが、調子はまずまずで5.1イニング投げて7ヒット、3アーンドランに3ストライクアウト、ノーウォーク

6回裏にシングルが続いて、ホワイトソックスのガルシア選手が1点入れたところで降板になってしまいましたが、そのときもシカゴのファンは拍手で彼を見送るという・・・
シカゴファン、粋じゃないですか!

ちなみに日本語だとシカゴと平坦な発音をしますが、英語だと「シカァーゴ」と言う感じかな。
人によっては「シ」ではなく「チカーゴ」という発音に近くなる人もいます。

このバーリー投手の降板後、マクゴーワン投手が引き継ぎましたが、ワイルドピッチもあって、ここで2点また追加されてしまいます。


ジェイズはそれより先、2回表にナヴァロ選手のサクリファイスフライでまず1点。
続いてノーラン・ライモルド選手もRBIシングルで2-0とホワイトソックスをリード。

5回表にはまた今度はホゼ・レイヤス選手がシングルでラスマス選手がスコアで3-0。

で、6回裏のホワイトソックスの3点追加でタイに・・・

またもや嫌~な予感がしましたが、7回表、ピンチヒッターとして起用された川崎選手のシングルからラリーが始まって、メルキーのダブルで川崎選手とレイヤス選手の二人がスコア。

続いてホゼ・バティスタ選手もシングルでこの回に3点入れて、6-3で勝利。

いや~、よかった。

この日は川崎選手、このあともまた1ヒット出して、いい活躍をしていましたね。

そんな川崎選手の試合前の練習風景の写真をトロントの新聞のジェイズ担当のジョン・ロット氏がいくつかあげていましたよ→こちらこちら
彼のこのflickrのページは他にもジェイズの選手の写真がたくさんあっておすすめですよ。


このままの勢いで次の日も勝って、シリーズも勝ちたいところでしたが・・・
日曜日、ジェイズはまたも負けてしまって・・・

しかも最初はジェイズ1回表にリビューの後、1点入れたのはいいんですが、その後、この日のスターターのハッチソン投手、荒れ荒れなイニングで、なんとグランドスラムを許してしまうと言う有様・・・

その後もホワイトソックスのジョーダン・ダンクス選手が2ランホーマーで、1回裏終わってすでに6-0というスタート。

実は私は2回始まってから試合を見始めたんですけれど、びっくりしました。
だって2回ですでに6点も入れられてるなんてね~。

が、ジェイズ、5回表にバティスタ選手の打席でダブルプレイになるものの、キャッチャーのジョシュ・トーリ選手がホームへ。

ちなみにこの日のスタメンのキャッチャーはトーリ選手。
ナヴァロ選手は怪我でもしたのかしら?と不安になりましたが、ただギビーが1日休暇を与えたってだけでした。
でも今日も試合なしで休みなのにね~。
まあメディアにはしらされていないけれど、やっぱり疲れもたまっていて、ところどころ身体に不調が出ていても不思議ではないシーズン、この時期。
ナヴァロ選手はこのシーズン大活躍ですからね。やっぱり休んでもらわないと。

そして、続いて・・・エドウィン・エンカーナシオン選手!
2ランホームラン
ですよ!
Edwin is baaaackkkk!!!

いや~、試合は負けましたけどね、エドウィンが打ってくれたから、とりあえず明かりは見えたかと。

その後、ナヴァロ選手はピンチヒッターで起用されて(こういうことが多いから、ナヴァロ選手は休めないんでしょうね~)、6回表にシングルでRBI獲得

ホワイトソックスもまた1点追加して結局7-5。


うーん、やっぱりピッチングがねえ、不安定で、試合最初っから、5点、6点も入れられちゃうとやっぱりきついですよねえ。

まあハッチはその後は落ち着いた感じはあったけれども。

ホワイトソックスはいい活躍をしているわけではないんだし、勝てるシリーズのはずなんだけどなあ~。


で、今日は試合なしで、火曜日にはブリュワーズとの対戦になります。
ブリュワーズは確か、今年調子がいいんじゃなかったでしたっけ?
とはいえ、もうこの辺でスランプから抜け出して、勝ってくれないと困りますよね~。

頑張れ、ジェイズ!
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年6月27日-29日、シカゴ・ホワイトソックス戦@トロント

しばらく更新できずに申し訳ありませんでした~。

***

6月27日

0627.jpg

***

6月28日

0628.jpg

***

6月29日

0629.jpg


***

さて、4試合のシカゴ・ホワイトソックス戦が終わりました。
3-1で負けシリーズ・・・

第一戦こそは7-0でシカゴをシャットアウトしたものの、その後がよくなかった・・・

ホワイトソックスってあんまり強いイメージもなかったし、大丈夫だと思ってたんですけどねえ~。
やっぱりホゼ・アブレイユ選手、打ってますねえ。
ちなみにキャッチャーの選手、ラストネームがフラワー。なんかかわいい。


それはそうと、やっぱりバティスタ選手、ロウリー選手の戦線離脱のせいか、ヒッティングのほうがあまりよくないですね。

あとスターティングピッチャーは悪くないのに、ブルペンに行くと点を取られてしまう感じ・・・
まるでシーズン最初の頃みたいじゃないですか・・・

アウトフィールドは特にこのシリーズで何人かバッファローから昇格してきた選手がプレイしてましたね。
ブラッド・グレン選手にダリン・マストロイアーニ選手の二人ですが、うーん、やっぱりトリプルAから抜け出せてない、って感じが拭えませんね・・・

グレン選手はバッファローではよく打っていたらしいけど、メジャーに来てからはまだヒットが出せていませんし、マストロイアーニ選手もベースランニングでルーキー的なミステイク出してましたしね。

とはいえ、バティスタ選手は昨日ピンチヒッターで出場しましたしね、完全復帰も近い?のかも。

今朝そんなバティスタ選手のツイートでちょっと気になるものがありました。

Hoping for some good news this morning and then have a big announcement to make this afternoon #StayTuned

というのなんですが。

「今日の朝にいいニュースを期待してる、あと午後にもビッグ・アナウンスメントがあるよ。」とのことなんですが、なんなんでしょう・・・

なんだかあまりい予感がしないのは何でだろう。トレードとかされてないといいけど。


ちなみにホワイトソックスは、昨日のスターターだったマーク・バーリー選手が長年プレイしていたチーム。
そのバーリー選手、マイアミ・マーリンズからジェイズにトレードされた去年は噂どおりのスロウスターターで、シーズン中盤になるまでバーリー選手らしい投球になっていませんでしたが(当時のキャッチャーのアレンシビア選手との相性もあまりよくなかったのかもしれませんけれど)、今年はシーズン始めから絶好調。

今のところ、W10、L5、ERAは2.50という素晴らしい数字。

エース・スターターのディッキー選手があまりエースっぽいピッチングをまだ安定してできていない感じがあるので、実際のエースはバーリー投手といっていいんじゃないかと思います。

このままシーズン通して安定した投球をし続けてくれるといいんですが~。
が、ですねえ、バーリー選手、確かジェイズとの契約は今年いっぱいだったかしら??

彼と奥さんが愛犬家なのは有名な話ですが、ペットのピットブルはここオンタリオ州では確か飼ってはいけない決まりになっているのですよ。

マイアミにいたときも同じような問題があったそうなんですが、そのときは郊外に行けば規則が違うので飼えたそうなんですが、今回はそういうわけには行かなくて、バーリー選手、いわゆる単身赴任で奥さんとお子さんたちはアメリカに住んでいるそうで。

となると、またジェイズと再契約っていうのは難しいような気がしますよね~。
かなりのお金を積まないと無理なんじゃないかしら・・・

個人的に彼みたいなピッチャー、好きなんだけどなあ~。


そして、今シーズン、ジェイズからホワイトソックスに移ったモイセス・シエラ選手、昨日オールド・チームにホームランで仕返ししてましたね。

このとき、コメンテーターが「このシリーズ始まってからずっとシエラ選手の顔つきが「見てろよ。なんかしでかしてやるぞ」みたいな、かなり集中力のあるものだったよね」と。

「「俺をチームから外したのが間違いだったと示してやる」というステイトメントを、前のチームにたたきつけるっていうのはよくあることだよね」ともともとメジャーリーガーであった元ジェイズのコメンテーターであるバック・マルティネス氏とパット・タブラー氏の二人は続けて言ってました。

(もちろん、こういうときに限って、MLBの動画はトロントのブロードキャストではなくてシカゴのほうかな?を使っていますが。ちなみに他のチームのブロードキャストを見るのもなかなか面白いですよね。
コメンテーター、アナウンサーが変わると、雰囲気が随分変わるものですよね。
私はこの上のシエラ選手のホームランのときみたいなコメンテーターのしゃべりはあんまり好きじゃないですが・・・)

ま、シエラ選手はもともとどっちかと言えばばーん!と打つかストライクアウトか、っていうヒッターですしね。
それにジェイズにいた頃は確かにあまりに打ってなかったし、ストライクアウトが多すぎたし。
個人的には嫌いではなかったんだけどな~。

まあホワイトソックスでの健闘を祈っています。


さて今日月曜日は試合はなくて火曜日からミルウォーキー・ブリュワーズとのシリーズ(とはいってもたったの2戦だけですが)。

こちらは火曜日がカナダ・デイ、カナダ建国記念日で祝日。
いつもこの日はジェイズはカナディアンカラー(?)の赤いユニフォームを着てプレイするのですよ。

ちなみにこちらではユニフォームって呼ぶことはあまりなくて、「ジャージー」と言うことのほうが多いんですよ。


ミルウォーキー、今シーズンは調子よくて、ナショナルリーグ・セントラルでただいま首位ですからね・・・
しかも2位のレッズとカーディナルスに6.5ゲーム差・・・
うらやましい。

ジェイズは一応まだトップの座にいますが、それでもオリオールズとは1.5ゲーム差、ヤンキースとも2ゲーム差だから、うかうかしてたらあっという間にトップの座を奪われてしまう状態ですよ。
だから今が踏ん張り時です。
次は勝ってほしいぞ!!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年6月26日木曜日、シカゴ・ホワイトソックス戦@トロント

2014年6月26日木曜日、シカゴ・ホワイトソックス戦@トロント

0626.jpg

Recapはこちら。


スターティング・ラインナップ

Reyes-SS
Cabrera-LF
Lind-DH
Encarnacion-1B
Navarro-C
Rasmus-CF
Francisco-3B
Kawasaki-2B
Gose-RF

Happ-P


いや~、ジェイズ、ホワイト・ソックスとの試合、楽勝でしたね!
なんといっても7-0ですから。

これは幸先いいですね~。
このシリーズは4戦ですから、このまま勢いで勝ってほしいな~。

なんといっても昨日は先発投手のハップ選手が素晴らしかったですね。
まず昨日はなんと7.2イニングも投げていたこと!
今シーズンの彼の登板で一番長い登板だったんじゃないかな?
最初は6イニングが終わったところで100球近かったので、これで終わりかな?と思ったんですが、
7イニングが始まっても彼がマウンドに上がり、この回1.2.3とアウトをとりました。
そして8イニングも彼が投げてて、結局120球以上投げてましたよね。
この回にはモイセス・シエラ選手(覚えてますか?ジェイズにいたけれど、今シーズンDFAになってホワイトソックスが彼を獲得。やっぱりまだあまり打ってないようですが、でもスターティング・ラインナップに入ってたからちょっとびっくり)にダブルを許したり、ウォークも出たので、ここでマクゴーワン投手と交代。
ハップ投手は途中「ちょっとボールのリリースポイントを失っているようだ」と言われたりもしてましたけど、でも許したヒットはたったの4ヒットかな?

今まで相性のよかったキャッチャーのクラッツ選手がバッファローに降格してしまって、昨日はナヴァロ選手と組んでいて、どうかな?とちょっと心配してましたが、大丈夫でしたね。
ナヴァロ選手、やっぱりいいキャッチャーなんだろうなあ。
キャッチャーとしてのスキルだけでなく、きっと人柄とかも。

ハップ投手はでもいい登板をすると次の登板はよくないという不安定なところがあるので、次の登板でもこの調子でいってくれるといいんですけれどね~。


そしてバッターはレイヤス選手、5打席中4ヒット
リンド選手も5打席中3ヒット。(ここここ
ホームランは出なくとも、ちゃんとヒットをつなげれば得点を重ねられるのですよね~。

そうそう、昨日も川崎選手、ダブルプレイや「カワサキの見事なプレイ」というタイトルでやはり素晴らしい守備の動画が二つアップされていましたよ。


昨日はホワイトソックス、守備がかなりスロッピーだったようですけどね。

ジェイズも5回裏、ナヴァロ選手、お決まりのフライボールでアウトになるかな、と思いきや、外野がボールをキャッチできず。
しかもその後、ホワイトソックスのスロウイング・エラーも出て、あわやインサイド・ザ・パーク・ホームランになりそうでしたね。

でもホームプレートで惜しくもアウトになってしまったのですよ~。
「この状況でナヴァロ選手にホームへ走れと指示したリベラ・コーチ(サードベース・コーチの)が何を考えていたのかわからない」なんていわれたりもしてましたけどね。
だからこれはナヴァロ選手のせいではなく、「行け!」といったコーチのエラーみたいなもののようですが。

でもまあ勝ったから良しとしましょう!

今日の第2戦はナックルボーラーのディッキー投手の登板です。
さて、どうなるかな?


最後にまたおまけです。

以前も紹介したMlbのテレビ番組Intentional Talkで川崎選手、取り上げられてましたよ~。

まだ完璧に投げかけられた質問を理解しているわけではないですが、大体の意味はわかっているようです。

最後日本語でのコメントもありますよ!Enjoy!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
404位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。