スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年9月25日木曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月25日木曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント



スターティング・ラインナップ



あ~、マリナーズとの4戦、スウィープできるか!と思ったら、昨日は負けてしまいましたね~。

こちらで4時からの試合だったので、仕事のある私は途中からしか見られなかったんですけれど。

昨日はルーキーのダニエル・ノリス投手がスターターとしてメジャー初の登板
3イニングくらいの登板で後はブルペンに、というのは試合前から言われていましたけれど、ファーストボールがあんまりよくなかったみたいですね。

ヒットは1だけど、2アーンドラン、ウォークも2、ストライクアウトも1のみ。

でもまあスターターとしてはじめての登板ですしね、まずまずといったところなんじゃないですか?

でもその後を引き継いだレッドモンド投手がなあ~。1.1イニング投げて2アーンドラン。
これが痛かったよな~。

まあ、他のリリーバーたちもホームラン許しちゃってましたけどね。

でもシアトルは昨日3つもエラー出してるんだ!
それなのに勝てなかったっていうのがな~。

打撃の方はピラー選手のホームランも出てたし、シングルやサックフライで得点したりしてて悪くはなかったはずなんですけどね。
だから昨日はピッチングか~。


川崎選手、昨日もリンド選手のシングルで一塁からホームへ走ってスコア
いやあ、30超えてもこれだからすごいわ!

あと若手がこのシーズン頑張ってますね。

昨日はゴース選手もRBIシングル出してたし、ゴーインズ選手もヒットにはならなかったですけれど、またRBI獲得してたし。


ジェイズはもうプレイオフにいけないってこともあって、昨日はレイヤス、バティスタ両選手はスタメンから外れて、いつもと違ったラインナップになってましたよね。
(ま、ギビーは毎日ラインナップ変わりますけど)

キャッチャーにはコタラス選手。
彼、確かカナダ人選手じゃなかったかな~。スカボロー出身だったっけな?

あとはポンペイ選手がリードオフマンで続いて川崎選手。

ピッチャーもノリス選手に続いて、グレイヴマン投手も最後2イニングの登板で、昨日はよかったじゃないですか。
それまではERAも10越してたけれど、昨日は1ヒット、3ストライクアウトも出して、4ケタ台に下がりましたね。


ジェイズはこの若手をどう育成していくのかがこれからの鍵になるでしょうね~。

経済的にメジャー経験のある選手をトレードやFAで獲得したり、元々ジェイズの選手を引き留めるのはやっぱりお金がかかりますから、その問題があるとやっぱり若手を使うってことになりますが、その使い方というか、育成方法が重要になってくるんじゃないかな~。

今のように大した忍耐もなく、短期間のうちに成果を求めて、すぐにとっかえ引返しちゃうようじゃ、だめでしょうね。

あとは若手が与えられたチャンスをどう活かしていくのか。

来年は特にアウトフィールドがどうなるのか、楽しみですね。
ま、オフシーズン中の動きやスプリングトレーニングの結果もありますけど、ポンペイ選手がめきめきと頭角を現してきましたからね~。

若手の中で切磋琢磨してくれるといいですね。

ピッチャー陣も同じく。
ハッチ、ストローマン、サンチェスの3人を追って、他の選手も頑張ってほしいな~。

そしてやはり個人的にはゴーインズ選手に頑張ってもらいたい!
そのためにはやっぱりもうちょっと打ってもらわないとね~。


さて、今日からはシーズン最後のシリーズ、対オリオールズ戦ですよ。

最後のシリーズがAL EASTトップのチームとの対戦というのもなんだか皮肉よね~。

ま、オリオールズはもうプレイオフ行きも決まってるから、スポイラーにもなれないんですけど、シーズンをいい形で終われるように勝ってほしいですね。
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月24日水曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月24日水曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント


スターティング・ラインナップ


いや~、昨日のゲームは、これまでの2試合とはまた違った意味で見ていて楽しかったですね。

この日はバーリー投手がスタートで、もし6イニング投げれば、14年間連続で毎シーズン200イニングを投げたという功績になるとのことで、ギボンズ監督は「もし今日6イニング行けなかったら、後日ブルペンからでも彼を登板させて200イニングに届くようにする」と言っていたんですが。

そんな心配全然なかったですね~。
昨日のバーリー投手は素晴らしかった!
8イニング投げてヒットはたったの3本。1ウォーク、ストライクアウトはなんと10!

今シーズン最後のスタートだし、どうせならコンプリートゲームにさせてあげればよかったのに、とも思うんですけどね~。

9回表、マリナーズのシングルが出て、サンチェス投手に交代になっちゃいましたね。
まあ100球近く投げてたけれど、でもこのシングルだって、レイヤス選手がきっちり取ってたらアウトになってただろうに・・・

ギビーはどうしていつもあと少しってところでスターターをひきあげちゃうかなあ。
バーリー投手やディッキー投手がそれなりの年齢っていうのはあったとしても、昨日はバーリー投手も今後の登板がないんだしさ。

ま、そういうこと、本人はあんまり気にしてないみたいでしたけど。

ヒーローインタビューでは「シーズン最後になっていいコントロールができたけど、もうちょっと早くそこまでもってこれてたらよかった」というようなことを言っていて、やっぱり謙虚だわ~。

チームメイトからもリスペクトされていて、お祝いのツイートも見られましたね↓



それにしても、ストローマン投手、「セカンド・ファーザー」って・・・ははは。
年は10歳以上離れているとは言えねえ。
でも確かにストローマン投手にとって、バーリー投手はとてもいいロールモデルになっているようですね。

それとヒーローインタビューでも、普通ならゲーターレイドとかを頭からぶっ掛けたりするところを、ガムの包み紙をぱらぱら~とさせるだけで。

その辺もやはり彼への敬意ですかね。

そして昨日はまさにピッチャーズ・デュエルでしたねえ。

マリナーズはルーキーのタイワン(またはタイホアン?)・ウォーカー投手がスタートで、8回裏まで両チームとも得点が入れられず。

が、ライアン・ゴーインズ選手と川崎選手がやってくれましたね!

川崎選手はウォークで一塁、2アウトでバッターにはゴーインズ選手。
で、ゴーインズ選手、フライボールで、マリナーズ、これをキャッチできず!

川崎選手はかなり早くから走塁し始めていて、一塁からホームへ!

これ、やっぱり川崎選手らしいプレイだなあ、と思いました。


あと、ゴーインズ選手は昨日、大活躍だったんですよ~。
ジェイズは昨日たった4ヒットだけだったんですけれど、そのうちの二つがゴーインズ選手!
昨日唯一のRBI獲得選手に。

しかももう毎日のことですけれど、昨日もすばらしいダブルプレイを見せてくれましたしね~。

レイヤス選手、やっぱりボールのキャッチ力、悪すぎ・・・
でもゴーインズ選手がものすごい速さ、そして正確さで一塁に送球できるスキルがあったからね~。

それから昨日、クローザーになったサンチェス投手も、いいピックオフをしてましたよね。

マリナーズ、なんでしょうね~、なんかこのシリーズ見てると、集中力に欠けてる感じがしますね。
守備が悪いし。


でも、昨日の試合、すっごい早く終わったよな~。
バーリー投手の投げる試合はいつも早いんですけれど、昨日はなんと2時間切ってました!(正確には1時間59分だったかな?)

普段なら3時間くらい余裕でいくもんね。

ま、バーリー投手だけでなく、マリナーズのウォーカー投手も1イニング3バッターで抑えてたりしてましたからね。
でも、バーリー投手のあのテンポの速さはやっぱりすごいですね~。

彼はやっぱりユニークだわ。
毎年200イニング投げて14年間!
怪我もほとんどしないし。
キャッチャーのサインに首を振ることもなく、スピードのあるピッチをする投手ではないんだけれど、いろんなピッチでバッターを翻弄させる。

ジェイズ、来年も彼を留めておいてくれればいいんだけどな~。


さて、今日はデイゲームというか、試合はこちら夕方4時から開始なんですよね。
なんでこんな中途半端な時間に始まるんだろう?
あ、シアトルの移動のためかな?

ま、そういうことなので私は多分途中からしか試合を見ることができないと思うんですが、今日はダニエル・ノリス投手がスタートでしたね。

さて、どうなるでしょうか。

ここまで来たからぜひスウィープしたいですね!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月23日火曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月23日火曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント



スターティング・ラインナップ


昨日もジェイズ、10点入れてマリナーズに勝利!

え~、昨日の時点で確かジェイズのワイルドカードへの望みも実際切れたと思うのですが、まあだからプレッシャーもなくのびのびやれたのかな?

でも一番のニュースは、ルーキーのダルトン・ポンペイ選手、メジャー初のホームラン!
まだ打率は低いですけれど、ここ最近ギビーのお気に入りなのかな?スタメン入りして、いい守備も見せてくれてますよね。

トロントの隣町のミシサガ市出身ということで、家族も毎日のように試合を見に来ているようで、昨日も初ホームランを家族がいる前で打ててよかったね~。

昨日のスターターだったディッキーもお祝いのメッセージをあげてましたね

昨日はやはり、マリナーズのエース・スターターのフィーリックス・フェルナンデス投手、またの名を「キング・フィーリックス」が不調で4.2イニング投げたのみ。8アーンドラン。
こりゃ痛いわ~。

しかも今マリナーズはワイルドカード争いの真っ只中にいるのにね。

試合最初の頃は彼のブレイキング・ボールに翻弄されていましたけれど、ジェイズ、そのうちそれにバットを振らないようになってたし、打ち始めましたね。

5回裏の上でも紹介したポンペイ選手のホームランがきっかけで、この回なんと7点も入れましたしね~。

おとといの試合も14点も入れて、でも昨日はまさかまた同じようにはならないだろう、と思っていたんですよ。
それどころか、キング・フィーリックスの登板だし、逆にやられるんじゃないかなんて思ってたんですけど、いやあ、すごかったわ。

キング・フィーリックスが降板した後、リリーバー二人がそろってジェイズのヒッターに死球を与えたことで、警告も発せられてましたよね。

まあ、実際は狙ったのかどうかは分かりませんけど、でも川崎選手にあたったのとかは、ちょっと怪しかったですよね。

2日間ともジェイズに大差をつけられて悔しかったのかもしれないけどさ。

そして、エドウィンもホームランが出ましたね~。
まあ、もうちょっと早く、彼のスウィングが戻ってきてくれてたらよかったんだけどね・・・


あ、そうそう、ディッキーもいい登板でしたね。
10点も入れると、なんかスターターの存在が薄れちゃうんだけど、でもやはりスターターがよくないと試合は勝てないですからね~。


そして個人的にはゴーインズ選手が昨日はスタメン。
昨日も打ててなかったけど、サック・フライで点を入れたし、また素晴らしい守備を見せてくれましたしね!

うちの夫は特にゴーインズ選手に注目してるというわけではないんですけれど、やっぱりジェイズの守備力を上げるべきという気持ちは同じで、「ロベルト・アラマー(元ジェイズのホール・オブ・フェイム入りした有名なセカンドベースマン)がゴーインズがセカンドを守るべきだ、って言うなら、ジェイズは彼にもっとチャンスを与えるべき!」と鼻息荒くいっていましたけど(笑)。

でも、私の目からしても、やっぱりゴーインズ選手、もうちょっと打てないとむずかしいだろうなあ~。
今打率、.180とかでしょ?
でもやっぱりもうちょっとしっかり腰をすえてプレイできる機会を与えてもらったら変わるんじゃないかなあ。

あとね、夫が昨日地下鉄内で、11歳くらいの男の子がジェイズについて話しているのを耳に挟んだらしいんですけれどね、その子も「レイヤスはヒッティングはいいけど、守備がダメだ」とか皆が思っている同じようなことを言っていたそうで。

つまり、そんな若い子が見ても一目瞭然なくらいダメってことですよね~。

だからこそ、守備力を上げるためにもゴーインズ選手、また来年も頑張ってスタメン入り果たしてほしいな~。
というか、まだ来シーズンをジェイズではじめられるかも今のところでは不透明ですけどね。
このままの打率だと、厳しいかな~。

面白くなりそうなのはアウトフィールドですよね。
きっとラスマス選手はジェイズに留まらないだろうし(何か最近、スタートさせてもらえてなくてかわいそうですね)、メルキーも留まってほしいけど、GMは当てにならないしなあ。

で、ゴース、ピラーの二人が有力か?と思っていたところに、今21歳のルーキー、ポンペイ選手が活躍し始めましたからね。
彼、スピードもあるし、スウィッチヒッターだし、マイナーリーグでは結構打ってるらしいし。

個人的にはやっぱりメルキーは抑えておいて、センターはゴース&ポンペイのどちらかっていうのがいいんじゃないかな、と思うんですけどね~。
どうかな・・・

あと、今シーズンが終わるとFAになるジャンセン投手、あとリンド選手(彼はFAではないんだっけ?その辺がいまいちよくわかってませんが・・・)についてのこの記事、おもしろかったです。(すべて英語です)

でも長くジェイズにいる選手が、なんか球団を信用してない感じがして嫌だな~。
まあ、GMの対応からしたら仕方ないのかもしれないけどね。

でもジャンセン投手、今年は調子よくなかったからね~。
それをちょっと棚上げして話してる感じがありますが・・・
自分のチームとして、そして彼もいくつもセーブできなかった試合がありましたしね、なんかこう「他人頼み」的な感じがするなあ。
だからジェイズは勝てないのかもしれないよね・・・

最後に、ツイッター見てたら、気になったポストがありました。これ↓
ダン・ジョンソン選手、ナックルボーラーに??ほんとかいな??

ジェイズってなんだろう、この選手を使いまわしてる感じがすごくしませんか?
他のチームでも同じなのかな?
versatilityとかっていってるけどねぇ・・・


さて、今日はバーリー投手の登板だそうですよ。
今日も勝てるか??


あ、そうそう、ストローマン投手のサスペンションでローテーションに変化がでますが、木曜はルーキーのノリス投手がスターターとして初登板するそうで。
まあ3イニングくらいしか投げないみたいですけどね。
ジェイズは今年、リリーバーが不安定だから、その後がちょっと不安ですけどね・・・

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月22日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月22日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント



スターティング・ラインナップ


え~、本音を言いますと、もうジェイズが勝つことをあまり期待せずに見ています、最近の試合。

・・・が、昨日はすごかったじゃないですか!

今までの負け試合への鬱憤を晴らすかのごとく、14点も入れましたねえ~。

勝ったのはうれしいけれど、「どうせならこの14点が毎試合3点か4点くらい配当になって連勝できたらいいのに」と思ってしまうのですよね・・・

それにしても、この「皆が打てる時はほんと皆がどんどん打つ」というのはおもしろいですね~。
「ヒッティング・イズ・コンテイジャス」、つまりヒッティングというのは伝染するものだといいますけれど、ほんとそうなんですね~。
やっぱりチームのその日のムードなんですかね。
で、打てない時はやっぱりほんと打てないわけで。

ま、昨日はマリナーズのルーキーのスターター、なんとカナディアンのパクストン投手、調子が悪かったというのもあるんでしょうね。

彼、数字を見るとERAも2桁台(昨日の試合前までは)で素晴らしく、「わあ、カナディアンでこんないいスターターがいたんだ!、ぜひジェイズに!」と彼が投げ始めた最初の数分には夫と冗談を言っていたんですけれどね。

14点も入れたんで、いちいち全部それを紹介はしませんが、いやあ~、昨日はヴァレンシア選手のトリプルからはじまって、ほんと、皆どんどん打ってましたね。

若手のピラー選手もホームランを出してたし、ゴース選手も負けじとホーマー
バティスタ選手もまたホームランを打ってましたし、
トーリソン選手はなんと4打席中3ヒット

ルーキーのポンペイ投手も2ヒットも出してたしね。

ここ最近はランナーズ・イン・スコアリング・ポジション、つまり走者が2塁3塁にいる時にヒットが出せていなかったジェイズですが、昨日はマリナーズの守備の悪さにも助けられてましたね。

エドウィンもシングルで2RBI獲得したりしてましたしね。


そして昨日のジェイズのスターターはハップ投手。
いきなり1回表からカノー選手のダブルで1点入れられて、大丈夫かしら?と思いましたが、その後は落ち着いて、6回表にソロホーマーを許してしまいましたが、まあその時点ですでにジェイズ11点も入れていましたからね。

7イニング投げてウォークも一つだし、勝ち投手に
ファーストボールの調子もよかったみたいですね。
これで、ジェイズのスターター全員が2桁の勝利をあげたんだったっけな?
(ハップ選手は昨日の試合勝ち投手になって、10-11のレコード)

それにしても、スターターの調子がいいのに、プレイオフにいけないというのは、やっぱりブルペンとオフェンスの問題かあ~。

あ、守備もそうですかね。
昨日はやっぱりヒッティングもよいとディフェンスもよくなるもんで、ピラー選手やポンペイ選手もいいキャッチを見せてくれていましたけれど。


昨日はブロウアウトでジェイズが大幅リードをしていたこともあって、ハップ投手の後、ルーキーのグレイヴマン投手とノーリン投手の二人が登板。

(ちなみにグレイヴマン投手、すごい名前だね・・・グレイヴってお墓って意味ですよ~)

二人とも1イニング投げて1アーンドラン。

ノーリン投手は9月のコールアップでジェイズに来て、ずっと前からプロスペクトとして名前はよく聞かれてたんですよね。
これがメジャーに来るのが初めてというわけではないんだろうけれど、今シーズンはコールアップされてからこれがはじめての登板ってことで、ずいぶん緊張してるようでしたねえ。
何かすごい汗かいてたし。

それでソロホーマーを許してしまったりもしてましたけどね。

マリナーズも9ヒットで4点入れてたし、普通の試合だったらそれでも十分勝ててたかもしれないわけでね。

でもマリナーズ、ここ最近、ジェイズと同じでプレイオフに進めてないチーム。
カノー選手が入ってきたり、キング・フィーリックス(確か今日登板)というエースピッチャーの投入で今年はワイルドカード争いにまでのし上がってきましたけれど、「ここ!」というところで勝てないのはやはりジェイズと同じで、プレイオフの経験不足だからなんでしょうかねえ。

ま、エースピッチャー一人、パワーヒッター一人だけでは勝てないってことですよね、やっぱり。

さて、ジェイズは一応数字としてはまだワイルドカードへの道は閉ざされていないということなんですが、とは言え、現実的に言えば、ほとんど無理。

対するマリナーズの方はオークランドとカンザス・シティが1ゲーム上回っていますが、2ゲーム差だから、まだ希望はありますよね。
(ちなみにジェイズはヤンキースにも抜かれて6ゲーム差・・・)

だからジェイズとしてはもうスポイラーの役に徹するしかないのかな。

ま、昨日の勝ちで油断せずに、そのまままた今日も勝ってくれるといいですね。
キング・フィーリックスが出てくるから、今日は昨日のようには行かないでしょうし。

でも久々の勝ち試合、見ていて楽しかった~!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月12日・13日、シアトル・マリナーズ戦@シアトル

8月12日火曜日

0812.jpg

Recapはこちら


12日のスターティング・ラインナップ

0812sl.jpg

***

8月13日水曜日

0813.jpg

Recapはこちら


13日のスターティング・ラインナップ

0813sl.jpg

***


ジェイズ、マリナーズにスウェプトされてしまいましたね・・・

昨日の試合前、ジェイズのダグアウトには箒(というより、マウンドをならしたりするもっと平ったいものですが)がたてかけられてあったそうです・・・
マリナーズの球場の管理などをしているスタッフがジョークで置いたんだろう、とのことですけれど、挑発的じゃないですか!

ちなみにこれがどういう意味なのかまったくわからない、と言う方のために、説明しますと・・・
こちらではシリーズ(今回の場合はマリナーズとの3戦)全敗すると、スウィープされた、ということになります。
が、英語だと過去形になるとスウェプトに変わります。

で、このスウィープとはもともと箒で掃くと言う意味があるのです。
だから試合でのスウィープは一掃されてしまう、ということです。

それでこの箒、なのですよ。


個人的にはこのマリナーズ戦、試合開始時間が東部時間だと遅いので、ほとんど見られず。

火曜日も4イニングくらいまで見てたかな?
昨日は2イニングしか見れずに眠くなってしまいました。

でもとりあえず手早く振り返りますか・・・


火曜日のスターターはハップ投手。
ここ4登板くらいはとても調子がよかったのですが、火曜日はよくなかったようですね。
6イニング投げて、7ヒット、4アーンドラン、ウォークもストライクアウトも1。
本人の感覚ではそんなに悪い感じではなかったみたいですけれど、2本もホームランを与えてしまったのが痛かったですね。

4回裏のカイル・シーガー選手のソロ・ホームランと、6回表のケンドリス・モラリス選手の、こちらもやはりソロ・ホーマー

でもジェイズもその後打てなかったみたいだから、ハップ投手だけを責めても仕方ないですね。


この日からリンド選手が戻ってきましたけど、戻ってきていきなり4番バッターっていうのはどうだろう?

これについてはジェイズの試合を放送しているテレビ局、スポーツネットでの試合前後で試合についてのアナリストとして参加している元ジェイズ・キャッチャーのグレッグ・ザーン氏もリンド選手を4番に持ってくるのはまだ早いんじゃないか、と言ってました。

はいはい、わかってますよ、ザーン氏が言ってる、と言っても、ザーン氏だって素晴らしい打率を持つ選手じゃなかっただろう、と思っているのは・・・

でも、彼が言っていましたが、打率はよくても、やっぱり長い間試合に出ていなかった選手です。
試合に戻ってきてすぐにそんなどどーん!と打てるってわけじゃない、と。

毎日試合に出ている選手との差があります。
試合に出てなかったから疲れはないかもしれないですけど。

実際この日はリンド選手まったく打ててなかったですしね。

ま、昨日は打っていましたけれど。


で、昨日の試合は2-0で、ジェイズ、シャットアウトされちゃってましたね。

昨日はスターターのディッキー投手、いきなり1回裏からまたケンドリス・モラリス選手に2ランホームランを許してしまいましたが、それ以後は悪い登板ではなかったみたいなんですけれどね~。

やっぱり打撃が鳴らず・・・

エドウィンがバッファローでの練習試合を始めて、火曜日にはグランドスラムを打って話題になっていました。

この調子でジェイズに戻ってきても打って、ちょっと消沈しつつあるジェイズのヒッティングに火をつけてくれるといいのですが・・・


その昨日、マリナーズのスターターは岩隈投手の登板でしたね。
シャットアウトしたくらいですから、いい登板だったのでしょう・・・


マリナーズとはワイルドカード争いで競っているので、勝ちたいところでしたが・・・

このマリナーズ戦全敗でジェイズファンはすでに「もうこのシーズンはだめだ」と諦めている人も多いようなんですけどね・・・
何、まだ1ヶ月半近く残ってるじゃないの!
最後まで何が起こるのかわからないのがスポーツ!
もしかしてこれから去年みたいな11ゲームウィン・ストリークになるかもしれないし。


あ、そういえばジェイズ、ウェイヴァーにかかっていた投手をドジャーズからピックアップしていましたよね、確か。
とりあえずはマイナーリーグ入りするようですが。


ジェイズは今日は試合はなし。
そして金曜からはシカゴ・ホワイトソックス戦。
初戦はマーカス・ストローマン選手の登板です。
このシリーズにはきっとエドウィンも戻ってくるでしょうから、なんとか勝ちたいですね!


そして最後におまけ。
去年までジェイズのキャッチャーを務めていた、J.P.アレンシビア選手。
今はテキサス・レンジャーズに移っていますが、キャッチャーから一塁手に転向したかと思ったら、なんと、昨日の試合(だと思う)ではピッチャーにもなったそうですよ!

こちらでその動画が見れますが・・・

おお、なかなかなんじゃないですか?
でも10-1かなんかで思いっきりリードされての抜擢ですからね。
きっとレンジャーズはもう諦めてたのかな?

私がこのことを知ったのは、フェイスブックでのポストだったのですが、ジェイズの試合を放送しているテレビ局(上でも言いましたね)のスポーツネットのキャプションがこれ↓

Former Toronto Blue Jays' catcher J.P. Arencibia pitched an inning for the Texas Rangers Wednesday night.
We repeat, this was definitely a thing that happened in real life.

訳すと「アレンシビア選手が水曜の夜、レンジャーズ戦で1イニングピッチャーとして投げた。
これは実際に起こったことである」ということなんですけどね、皮肉だわ~。

で、アレンシビア選手本人も、ツイッターでこれについて触れていましたよ。

Those were not knuckle balls just super slow gravity pitches... At 73 mph they have to drop.. #ThatWasFun

「あれはナックルボールじゃなくて、スーパースロウ・グラヴィティ・ピッチだよ。73mphじゃ、落ちざるを獲ないからね」と。
でもまあ、楽しんだようですから、いいんじゃないでしょうか~。

そういえば、去年はたくさんツイートもして、そこでジェイズとのファンやメディアとの確執にもつながってしまって、それ以来、ほとんどツイートしなくなっているようですね。

どうやらこのアカウントも本人ではなくて、スタッフが管理してる、と言うことですけどね。

有名人になると、大変よね・・・

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月11日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@シアトル

2014年8月11日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@シアトル

0811.jpg


Recapはこちら


スターティング・ラインナップ
0811sl.jpg


え~、ジェイズ、マリナーズに惨敗です。
あまりに惨敗だったので、ジェイズ、ツイッターでいつもあげる試合のボックススコアと写真すら載せていません~。


試合前は、サイ・ヤングを3回も受賞した強敵、この日のスターターのキング・フィリックスとジェイズの相性はいい、ということで、「もしかしたら・・・」と期待していたんですけれどねえ~。

が、私、昨日の試合はバティスタ選手が4回表にソロホームランを打ったところまでしか見ていません。

というのも西海岸でのアウェイゲームなので、東部時間の夜10時からの試合開始でして。
平日、10時からの試合っていうのはちとキツイ。
もうちょっと早めに始めてくれないだろうか・・・せめてあと1時間早ければな~。

ま、でもどうやらジェイズ、6回くらいから調子悪くなって、マリナーズに打たれまくってしまったようなので、見なくてよかったかも??


ジェイズの昨日のスターターはハッチソン投手。
5.2イニング投げて、与えたヒットは7、アーンドランは6、ウォーク2、ストライクアウト5。

4回に2点取られたものの、そんなに調子が悪かったようではないんですが、その後6回にダメージを受けてしまったようですね。

どうもピッチが上に上がってしまっていたようで、これは危ないですよねえ。


でもね、一番気になるのは、ハッチのあとを継いだ、ブラッド・ミルズ投手。

昨日彼がバッファローから昇格したと聞いたときから、嫌な予感がしていたんですよ。

彼、もともとはジェイズがドラフトして、その後トレードされ、この7月にジェイズがまたA'sが彼をウェイヴァーにかけていたところを獲得したのですが、前回投げたときも、確かひどかったんじゃないかなあ~。

だって、昨日も2.1イニング投げて、ヒットは3つ与えただけですけれど、アーンドランは5、ウォーク3にストライクアウト2で今のERAは9.15ですよ。

おとといの19イニングのタイガーズとの長期戦で、ブルペンからはほとんど誰も投げられないということでバッファローから彼が呼ばれたわけですが、なぜ彼?
他の投手のほうがよかったんじゃない?

やっぱりねえ、もともと手放した選手をまた引き取るっていうのはね、なんかいい結果にならない気がします。
その最初に手放した理由をちゃんと振り返るべきです。

で、昨日の試合が終わって、またすぐミルズ投手、DFAになりました。
前回も同じだったんですよね、確か。

なんかこの選手を取り巻くものは、ジェネラル・マネージャーのミスのような気がするなあ。


でも、ジェイズのヒッターも、打てませんでしたね。

キング・フィリックスも、評判どおり、素晴らしい登板で、7回投げて、8ストライクアウト、3ヒットを与え、バティスタ選手の打ったホームランの1点のみのアーンドランですもの。


やっぱり前日の長期戦と西海岸への旅と時差なんかでジェイズの選手はみんな疲れていたのかなあ?
デトロイトも昨日の試合は11-6だったっけな?、ピッツバーグに負けたそうですからね。


昨日はジェイズ、いつもリードオフマンのレイヤス選手に「休みが必要」ということで(怪我をしたわけではない)、川崎選手がショート、1番打者としてスタメン入り。
ゴーインズ選手はこのミルズ投手を昇格させるためにバッファローに戻ってしまいましたからね。

ちなみにすでにDFAになったミルズ選手の代わりの動きはまだ見えてないですが、リンド選手がDLから解けて、戻ってくるだろうということですね。

でも、そうなったら一塁守れる選手が多すぎじゃないですか?
ゴーインズ選手よりフランシスコ選手をバッファローに降格するべきだったんじゃないかなあ~。
だってフランシスコ選手、最近はほんと打ててないです。
ブレイキング・ボールだけじゃなくて、もういまやファーストボールすら空振り三振してるし・・・
守備のエラーも目立つし・・・
確かにたまーにパワーヒッターとしての片鱗を見せて、ホームランを炸裂させたりしますけれど、あまりにその頻度が少なすぎでしょう?

昨日の試合のように、ホームランだけの1点で、後はまったく点を入れられないという試合はあまりにお粗末。
やっぱりジェイズは組織として、パワーヒッターを集めたホームラン狙いでの得点チームから、「スモールボール」のシングルなどをつなげて得点を入れていくチーム編成を頭に入れていくべきなんじゃないかと思います。

ケヴィン・サイツァー・ヒッティング・コーチはそういう形でコーチしているようですけれど、今だけでなく、ジェイズの将来のことを考えて、GMやオーナーレベル、ジェイズの組織全体(バッファローやその他、マイナーリーグを含め)を見ての編成改革が必要なんじゃないかしら。

ま、そうなったら今のGMを変えるしかないですよね。


バティスタ選手はホームランヒッターですけれど、ホームランだけじゃなく、シングルも打てるようにちゃんと調整していってる感じがします。
まあ、今はちょっとホームランヒッターとしての活躍があまり見られていない感じもするし、ここってところで打てていない感じもしますけど、でもやはりスマートヒッターで、試合の様子を見てホームランだけじゃないんだ、っていう心がけをしていると思うんですよ。

もちろん他のバッターもそうなんでしょうが、それがプレイに表れてないんですよね~。
コービー・ラスマス選手やホアン・フランシスコ選手とかね。

そろそろ戻ってくるアダム・リンド選手もレフティー相手には打ててないし。
まあ、でもこれはジェイズが彼にあまり左投手とのマッチアップの機会を与えてあげてないのも原因ですけれど。


どっちにしろ、マリナーズとジェイズ、勝利数を見れば63で一緒。
だから決して釣り合わないというわけではないはずなんですよ。

タイガーズ戦でのあの粘りを思い出して、また今日は頭を切り替えて残り2戦は勝ってほしいですね!
それにここシアトルでのアウェイ戦はジェイズファンがたくさんつめかけて、アウェイっぽくない雰囲気だっていいますよね。
(カナダ西海岸に住む野球ファンは東海岸のトロントでの試合を見に行くことができないので、その代わりトロントにいくより近いシアトルでの試合につめかけるんだそうです)

そういうアドヴァンテージもあるのだから、それをちゃんと利用していかなくちゃ!
まあ、そういうマリナーズファンもキング・フィリックスの応援ファンが集まる客席の一部を「キングズ・コート」と名づけて、みんなが黄色いTシャツ、Kとかかれたパネルなんかを持っていて、ちょっと異様な感じもしますけど。
こんな感じで。昨日はなんとその辺りに座っていたファンにはチームからターキーが振舞われたそうです)

でもシアトルでの試合なのに、カナダのファンがたくさん来てたら、そりゃシアトルファンも躍起になるわな・・・


今日はジェイズはハップ投手の登板。
ここ最近彼はいい活躍をしてくれているので、今日も期待しています。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
404位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。