スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年5月1日木曜日、カンザスシティ・ロイヤルズ戦@カンザスシティ

2014年5月1日木曜日、カンザスシティ・ロイヤルズ戦@カンザスシティ

501.jpg

Recapはこちら


スターティング・ラインナップ

Reyes-SS
Getz-2B
Bautista-RF
Encarnacion-1B
Navarro-C
Francisco-DH
Lawrie-3B
Rasmus-CF
Gose-LF

Buehrle-P


さて、ロイヤルズとの最終戦、スウィープは避けたいジェイズ。

前回の登板ではあまり調子がよくなかったマーク・バーリー投手でしたが、昨日の試合では6.2イニング投げてヒットは7本、アーンドランは2、ただいまのERAは2.25

ジェイズのスターターのERAは5以上だったりするので、やっぱりこう見てもバーリー選手の安定感はありがたい。


でも昨日のハイライトはやはりコービー・ラスマス選手の6回表のホームランでしょう。

シーズン始まってから、打撃の調子がよくないラスマス選手。
まあ彼もホームランか空振りか、というヒッターなんでね、驚くことではないんですが。
このホームランを機に調子を上げていってくれるといいんですけどね~。


同じくブレット・ロウリー選手も2日前の試合は欠場していましたが、昨日はゲームに戻ってきて、2本のヒット。
ようやく本調子になってきたかな?


そして昨日の試合ではジェイズに新しく加わった選手たちがなかなかいいプレイを見せてくれました。

ライアン・ゴーインズ選手と引き換えに、バッファローから来たセカンドベースのクリス・ゲッツ選手は2本のヒット。
ジョナサン・ディアズ選手よりも落ち着いた感じがしますね。
まあまだ3試合くらいしか見ていないですけれど。

そしてレフトフィールドのアンソニー・ゴース選手。
彼も2本のヒット。ディフェンスでもなかなかいいプレイをしてくれました

そしてやっぱり彼の俊足!

スポーツレポーターのバリー・デイヴィス氏は「ゴースは今日の2本のヒットでモイセス・シエラのシーズン・トータルと並んだ」とつぶやいていますが、ちょっと皮肉ねえ~。

でも、ゴース選手がこの調子で打つと期待するのは、やりすぎだと思うけどね・・・

あと、ゴース選手とホゼ・レイヤス選手が飛んできたボールをキャッチするのに、きちんとコミュニケーションしていなくて、結局ボールがグラウンドに落ちてしまう場面がありましたね。

あれは、いけない。

ゴース選手、こういうコミュニケーション不足なところは結構よく見られるんですけれど、ここはベテランのレイヤス選手がそこを見極めてきちんと声を出すべきだったんじゃないかしら。

レイヤス選手、人気なのもわかるけど、個人的にはちょっとそこまで入れ込めないところがあります。
彼のTwitterを見てても、「うーん、口だけじゃなく、ちゃんとプレイもしてくださいね」とちょっと言いたくなるところがありますね。

たまに集中してないんじゃない??と思うようなところもあるしね。
とかいうと、レイヤスファンに叱られそうですが。

それからホアン・フランシスコ選手、またホームラン
彼、やっぱりパワーヒッターだわ~。


もう一つ、昨日の試合でよかったのは、バーリー投手の降板のあとマウンドに立ったエーロン・ループ投手。
普段は1イニングしか投げないスペシャリストのリリーバー、という感じですが、この日は2.1イニングなげて、ノーヒット、ノーラン。
迎えたバッター全員をしっかりアウトにしていました。投球数も22とかそれくらいだったかな?
お見事。

ここ最近ブルペンの調子が悪かったですからね~、これはほんと、ほっとしました。

8回裏の最後にロイヤルズのアレックス・ゴードン選手が打ったボールがループ選手に当たって、大丈夫か?と一瞬ヒヤッとしましたが、ベルトのバックルに当たったそうで、無事だったそうです。


と、ジェイズ、なんとか最後は勝ってロイヤルズ戦を終わりました。
今日からはピッツバーグ・パイレーツとのシリーズです。
パイレーツといえば、アンドリュー・マッカッチェン選手。

さて、ジェイズ、どんな試合を見せてくれるかな・・・

スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年4月30日水曜日、カンザスシティ・ロイヤルズ戦@カンザスシティ

2014年4月30日水曜日、カンザスシティ・ロイヤルズ戦@カンザスシティ

430.jpg

Recapはこちら


スターティング・ラインナップ

Reyes-SS
Cabrera-LF
Bautista-RF
Encarnacion-1B
Navarro-C
Francisco-3B
Rasmus-CF
Sierra-DH
Getz-2B

Hutchison-P


さて、昨日、ロイヤルズ戦、2日目。
前日のいやーな負け方のことは忘れて、フレッシュスタートで勝ちたいジェイズ。

が、なんと、今シーズン絶好調のメルキー・カブレラ選手、ピッチャーの投げたボールが脚にあたり、左すね打撲。
ボールが当たったとき、痛そうな声が聞こえたもんね・・・

とりあえずは毎日様子を見るということですが、せっかくいい調子なのに~、ロイヤルズのピッチャーよ、なぜよりにもよって、メルキーをっ!
・・・って言っちゃだめか。
でも多分ジェイズファンはみんな同じようなことを思ったんじゃないかな。

しかもですよ、去年もロイヤルズ戦でホゼ・レイヤス選手が同じころに故障。
もちろんレイヤス選手の怪我のことは覚えてるけど(忘れたくても忘れられない2013シーズンの嫌な思い出よね)、それがロイヤルズ戦だったことは覚えてなかった。

うちの夫も、あのハップ投手と(レイズの)コブ投手両方が頭にボールが当たった、レイズのトロピカーナ・フィールドみたいに、このカウフマン・ステイディアム(日本語だとスタジアムですが、英語の発音だとこんな感じになります)もなんかジェイズにはなんかあるのかもよ、なんて言ってましたが・・・

野球選手をはじめ、野球好きはスーパースティシャス(迷信深い)人が多いからねえ。


この日、ブレット・ロウリー選手は試合に出ず。背中に不調というか、肩こりならぬ、背中こりみたいなものなのかな?
大したことはないということなんですが、大事をとって休みを取ったようです。

代わりにホアン・フランシスコ選手がサード・ベースに。
ギビー、ナショナルリーグのチームとの試合(来るピッツバーグとフィラデルフィア)ではフランシスコ選手をサードに、ロウリーをセカンドにということを考えているとか。

それ聞いて、私は「ええ~!」とすぐに反応してしまいました。
だって、去年も何度かロウリー選手がセカンドを務めたけどさ、彼はやっぱりサードにいるべきよね。

なんでギビーは未だにロウリー選手にセカンドをトライさせてみようとしてるんだろう。もうあきらめようよ、そこは。


そのフランシスコ選手、頑張っていますね。
バッファローでかなりいい打撃を見せていたというだけあって、パワー・ヒッターらしい活躍をトロントでも見せてくれていますね。

もともとアダム・リンド選手の故障でバッファローから昇格してきましたが、リンド選手、うまくいけば近々復帰できるのでは?という話も聞こえてきているので、フランシスコ選手はバッファローに戻らないといけないかもしれませんが、なんかそれももったいないな~。

気になるのは、モイセス・シエラ選手。
外野手としてベンチ入りしていて、あまり出番もすくないですが、打撃がね、もうぜんぜん伸びていませんね。

彼はオプションなしというだけでジェイズにいるようなもの」と言われちゃっていて、ちょっとかわいそうですが。
(オプションなしの選手をマイナーに降格させると他のチームに取られる可能性がある)
彼もパワーはあるんだろうけれど、それをまだうまくコントロールできていないのかな。

ジェイズはついこの間セカンドベースのライアン・ゴーインズ選手も打撃が伸びないってことでバッファローに降格させましたが、彼は去年と比べるとストライクアウトする率がずいぶん減ったと思うのですよ。

でもシエラ選手は、まだまだ空振り多すぎかなあ~。
もうちょっとしっかりボールを見ないとだめかもね。

ファンの間では「シエラ選手がマイナーに行くのも時間のうち」ということが囁かれているのですが、どうなりますかね。

って書きながら、もしかして何か新しい情報が入ってきてるかも、と思って今チェックしたら、やっぱり、シエラ選手、ウェイヴァーにかけられることになっちゃいましたね。

でもなんかスカウトの人でもシエラ選手をほしがるチームがいるとは思えない、といっているんだそうで・・・

その代わりにアンソニー・ゴース選手がバッファローから昇格。

うん、まあ、ゴース選手も正直言えば、あんまり当てにはならないんですが・・・
いや、私、ゴース選手、嫌いじゃないんですよ。足速いし。
でも今までもチャンスがあったけれど、なかなかそのチャンスをものにできていない感じだからなあ・・・

去年、目にボールを当てられた(といってもアクシデントですが)ラスマス選手は、ゴース選手の昇格の話を聞いてドキッとしてるかな??

そしてジェイズはもう一つ動きを見せました。

セカンドとショートを守れるベンチのジョナサン・ディアズ選手をバッファローに降格し、スティーブ・トールソン選手が代わりにトロントへ。

彼、スプリングトレーニングにも招待されていましたね。
ショート、セカンド、サードのインフィールドを守れるそうです。
ロウリー選手が怪我したときのために、ということでしょうね。

ま、そんなRoster moveの話はこのくらいにして、昨日の試合の話に戻りましょうか。

昨夜のスターター、ドゥリュー・ハッチソン選手もいい投球だった様子。
7イニング投げたのはよかった。
4アーンドランでしたが、ウォークは一つだけだしね。

対するロイヤルズのスターター、ヴェンチュラ投手も100mphのファーストボールを投げられる22歳という期待の若手
うん、なんか期待されるのもわかる気がするなあ~。

昨日はジェイズ、ホームランが出たわけでもなく、6回表にエドウィンのシングルフランシスコ選手のシングルで2点入れただけで、ちょっとおとなしい打撃でしたね。

あと、昨日の試合を見ているだけでなく、今シーズン試合観戦をしていて思っていることなのですが、4回裏、ロイヤルズのエリック・ホズマー選手のホームプレートへの滑り込みをナヴァロ選手がブロックしていたのではないかということでレビューになりましたよね。

この新しいホームプレート周りのルールはそういうプレイが出るたびにレビューになっていますけど、なんかねえ、面倒でない??
もう誰かがホームに滑り込むたびに「キャッチャーがホームへの道をブロックしてたんじゃない?」とチェックする必要ってあるの?

その辺、ルールをもうちょっときちんと明確にするべきかもね~。

このレビューシステムもさ、なんか試合の流れを止めるみたいで、ちょっと興ざめするところがあるような気がするし。
皆さんはどう思っているんでしょうか。


さて、今日はロイヤルズとの最終対戦。

バーリー投手が本来の彼らしい投球をしてくれればきっと勝てるんじゃないかと思うのですが、果たしてどうなるか・・・


それからこれはちょっと余談ですが、シエラ選手の話の続きみたいなものなのですが、数日前にジェイズがゴーインズ選手をバッファローに降格したことに対し、元ジェイズのキャッチャーのグレッグ・ザーン氏は、ジェイズはもう少し若手選手のことを粘り強く見守るべきだ、というような発言をしていました。

うん、その通りだと思うな~。

だってやっぱりそんなにすぐにメジャーでいい結果を残せるわけではないだろうしさ。

それにシエラ選手の場合はまあそのオプションありなし、というところでの25人いりというのはあったから違うかもしれないけれど、ゴーインズ選手の場合は、もともと守備を買われての起用でしたよね。
彼には打撃のほうはそんなに期待していない、と言っておきながら、スロウペースだけれど、打つようになってきていた彼に痺れを切らして、まだ1ヶ月丸々プレイもしないうちに御役ごめん、というのは、ちょっとなんていうか、責任不足というかさ、もうちょっとしっかりコミットメントするべきなんじゃないかなあ~。

若手を育てるってそういうことなんじゃないの?

そしてゴーインズ選手が打てないっていうけれど、そもそも彼の打撃を当てにするほど、他のヒッターたちが攻撃力を発揮できていないのだったら、それはゴーインズ選手だけの問題ではないと思う。

実際ディアズ選手にしても、今回コールアップされたトールセン選手にしても、打撃はあまり望めないと思うし、それはゴース選手だって同じことじゃない?

バッファローでたくさん打っていても、メジャーにきたら打てなくなる、という選手はたくさんいます。
(去年トロントでプレイしたケヴィン・ピラー選手もそうだったよね)

ジェイズは球団として、この若い選手をどういう形で育てていくのか、もうちょっときっちりとした計画を持つべきなんじゃないかな。

本当にメジャーでプレイできるようになるまでじっくりマイナーで育てるのか、そうじゃなくて、メジャーで荒波にもませることを選択したのならば、それを貫き通すというか、数ヶ月はそうやって見守ってから決断するくらい長い目でみなきゃいけないんじゃないかな。

そういえば、今はレッドソックスの監督になった、ジョン・フェレル監督もジェイズのファームシステムはあんまりよくない、みたいな事を言ってましたよね~。


なんだかジェイズ、またまた波乱の予感です・・・

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年4月29日火曜日、カンザスシティ・ロイヤルズ戦@カンザスシティ

2014年4月29日火曜日、カンザスシティ・ロイヤルズ戦@カンザスシティ

429.jpg


Recapはこちら


スターティング・ラインナップ

Reyes-SS
Cabrera-LF
Bautista-RF
Encarnacion-1B
Navarro-C
Francisco-DH
Lawrie-3B
Rasmus-CF
Getz-2B

McGowan-P


火曜日の試合のレポートが遅れましてすみません。
遅れましたが、今更新しますね~。


さて、この試合、7回表まで5-2でジェイズが勝っていて、「今日の試合は楽勝かなあ!」なんて思っていたのに、またまたブルペンの不調でなんと10-7でロイヤルズに逆転勝利をゆるしてしまいました・・・

テンポラリーのクローザー、サントス投手、セーブするどころか、余計な点を相手チームに与えてる・・・
ジャンセン投手、早く戻ってきてぇ~!

そしてギビー、なぜここでロジャース投手を起用??
何度も言ってるけど、彼はチームが勝ってるときじゃなきゃいいピッチングにならないのだよ。
この日の試合もその通りで、やっぱりチームが負けてから、調子が悪かったもんね。
去年はシーズン途中からスターターとしてそれなりの結果を残してきていたけれど、リリーバーとしての今年はいまいちだよなあ。
どうしちゃったのかしら?
やっぱり精神面をもうちょっと鍛えないとだめなのかな?

それにしても、ジェイズのブルペンのこの不調は心配ですな~。
せっかくこの日、スターターのマクゴーワン選手がいい登板をしてくれたのにですよ、その後、4人リリーバーそれぞれがロイヤルズに点を許し、計7点も入れられてしまうというのは、もうどうしたものか。

しかも大荒れになったのが8回裏。
ロイヤルズに6点も入れられてしまいました

ツインズでのあの試合も8回が大変だったけど、もうなんかジェイズファンの間では「8回の呪い」みたいな感じに捉えられつつある感じ。
しかも、あの時もスターターはマクゴーワン投手だったんだ~。

カンザスシティーもこの日、寒かったようですが、やっぱり気温がリリーバーたちのネックになっているのかしら?
でもそれはいいわけにできないよな~。


この日のスターターのマクゴーワン選手に話を移しましょうか。

彼にとって、この日の登板の状態によってはスターターとして残れるかが試される重要な試合。
前回の登板後、60ピッチを越すと疲れてくると言っていたけれど、それは彼が糖尿病であることも関係していて、今回はそのための対処もしての登板だった様子。(インシュリン・パンプというものを装着しての登板だったとか)
実際この日は7回まで登板。7回裏すぐにマウンドを降りましたけれどね。

でもなかなかの登板だったと思います。
これならまたスターターとして頑張れるんじゃないかな?

でも彼がせっかくいい登板したのに、リリーバーがなあ・・・


打撃のほうは7点も入れましたしね、悪くはなかったのですよね。

バティスタ選手は試合始まってすぐにこのシーズン8本目のホームランを打ったし、エドウィン・エンカーナシオン選手も9回表に待望のシーズン2本目のホームランを出して、ロイヤルズに追いつけるか?と思ったんですけどね~。

そしてメルキー・カブレラ選手は、この日、5月1日までに40本のヒットを放って、ジェイズの歴代のクラブレコードを更新。
この日もダブルトリプルで2つのヒットを出していましたしね~。

あ、それからライアン・ゴーインズ選手に代わって、バッファローから昇格してきたクリス・ゲッツ選手がこの日セカンドベースで起用されていましたね。

ちなみにこのゲッツ選手。
きっとこのラストネームのせいでずいぶんからかわれてきたんだろうなあ~。


あと、余談ですが、ジェイズのオフィシャル・コメンテーターのバック・マルティネズ氏、ロイヤルズの青木選手のことを「アオキ」ではなく「エイオキ」と発音。
これを聞くたびに違和感。気になる。
バックに手紙でも書いて「エイオキじゃないよ、アオキだよ」と教えてあげたくなる・・・
ちなみにここでも聞けるように、ロイヤルズのコメンテーターの方はちゃんと「アオキ」(まあ、日本語で言うように完璧な発音ではないけれど)と言っていますね。


それから、ジェイズのマイナーリーグのチーム、トリプルAのバッファロー・バイソンズのマーカス・ストローマン投手がここ最近いい登板をしているとか。

スプリングトレーニングではまだやはり不安定なところがあって、未熟さが見て取れましたけれども、でもこの感じだと今シーズン中にもしかしたらジェイズに昇格するかもね~。

もう一人、ジェイズのプロスペクトのスターター、エーロン・サンチェス投手のほうがスプリングトレーニングではいい調子だったけれど、彼はまだダブルAにいるのかな?

彼もいいピッチャーのようなので、これからの活躍が楽しみです。


・・・とジェイズが負けたから、無理やりポジティブな終わりにしてみました・・・
でも、なんか、むなしいね。


では昨日の試合のレポートも追ってアップします!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
404位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。