スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年8月27日水曜日、ボストン・レッドソックス戦@トロント




スターティング・ラインナップ





え~、昨日から仕事でプロジェクトが始まって、忙しくなってきたので、とりあえず素早いリポートのみで。


こういうときに限って勝ってるんですけどね~。

まあ、レッド・ソックスにスウィープされなくてよかった!

途中まではリードされてて、またか~、と諦め気分で見ていましたが、ダニー・ヴァレンシア選手がやってくれましたね!

ジェイズの選手となって初のホームランで逆転!
(ここ↓からヴィデオを見ることができます)




バティスタ選手も昨日もホームラン↓


ようやくビッグ・スウィングのタイミングが戻ってきたのかな?

ちなみにバティスタ選手はおとといだったかな、のホームランで、5年連続でシーズン25本のホームランを打つという偉業を成し遂げたそうで。

ここ↓でみられるように、歴代のジェイズでも数人しか成し遂げていないことなんだそうです~。




そしてきのうのスターターはマーカス・ストローマン投手。

ここ最近の登板はちょっと不安定でしたが、昨日はよかったですね。


ははは、この↑写真!


試合後のヒーロー・インタビューではヴァレンシア選手がマイクを向けられていましたが、そこでストローマン選手について「マーカス・ストローマン・イズ・タイト、OK?」と言ってました。
インタビュアーの人も「ここで君が言っているタイトの意味を知らない人もいると思うんだけど」と言ってたけれど、どういう意味だろ~。
まあ、いい意味で言っているのはわかるんですが。

このインタビューを見ると、彼、なんかちょっとユニークな感じですね。


そうそう、きのうはシースル投手も久しぶりにいい登板をしてくれていましたね。

最近はジャンセン投手の登板も不安になるし、サントス投手もあんまり当てにならないし・・・
サントス投手はそれでまたDFAになっちゃいましたね~。
いいピッチを持ってるからもったいないとは思うけど、今までの怪我歴もあるから、まあ仕方ないのかな。


さて、今日はジェイズまたオフ・デイで試合なし。

金曜からはニューヨーク・ヤンキースとの対戦。

ヤンキースにAL East2位の座を奪い取られたジェイズ、オリオールズ、昨日は負けてたと思うんですが、それでもまだ9ゲーム差・・・

ヤンキースとも3ゲーム差ですからね~。

次のヤンキース戦をスウィープしてヤンキースに追いつきたいですね!

では、仕事はじめまっす!
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月26日火曜日、ボストン・レッドソックス戦@トロント

2014年8月26日火曜日、ボストン・レッドソックス戦@トロント

0826.jpg

Recapはこちら


スターティング・ラインナップ↓




が~~~!!!!

昨日の試合、10回延長にも連れ込んだ時点で、もう眠くて、寝ちゃいまして、結果は朝になってから知ったんですが・・・
また、負けてるじゃん!!

しかも11-7??

9回終わったときは4-4だったのに。

で、見てみたら、11回がすごいことになってたようですね・・・

レッドソックスに7点も入れられてる・・・
7点って・・・

ジェイズも3点入れてたけど。


最近調子のあまりよくないクローザーのジャンセン投手とこれまた不安定なサントス投手の二人、セーブできず・・・

マクゴーワン投手も調子よくないし、ほんと、リリーバーどうしちゃったかねえ~。

上でリンクしているMLBのオフィシャルサイトの記事ではオフェンスが問題みたいに言ってるけど、確かに打ててないのも問題ですが、スターターはまずまずとして、リリーバーがなあ~。

昨日もディッキーは1回からホームランを許して3-0のスタートでしたけど、その後は落ち着いてたじゃない?

バティスタ選手のホームランが出て、昨日は7点もいれたわけだからね~。

まあ、延長戦続きでリリーバーたちが疲れているというのはわかるけど、でもヒッターたちだって疲れてるだろうに。

それで最後はまたもともとはインフィールダーのトーリセン選手がピッチャーとしてマウンドに上がったそうで。

ジェイズはこれでフレッシュ・アームズがブルペンにいないので、チャド・ジェンキンス投手をバッファローから呼び戻すと言う噂です。
ようやくか~。


あとね、昨日の私のポストでケヴィン・ピラー選手について話してたら、その後、ジェイズに戻ってきてるじゃないの!!!
ちょっと試合前のインタビューを見たら、あの怒ってバットをダグアウトに投げ込んだことは「もう終わったことで、教訓としてしっかり学んだ、もう二度と同じ事は起きない」って言ってましたけどね・・・

っていうか、それよりやっぱり打てないもんな~。
昨日は一応1ヒット出してましたけど、6打席中のうちの1ヒットですからね。
しかもやっぱりひどいストライクアウトもしてたし。
ジェイズは彼のどこを見て、メジャーでも活躍できると思ってるんだろう?
右打ちだからと言うのはわかる。
でもアウトフィールダーとしてならゴース選手のほうがいいと思うんだけどな~。

なんかね、個人的にどうしても好きになれないんですよ、ピラー選手。
それであの行為ですからね~。

ま、彼のことはいいや。


昨日、川崎選手、4打席中3ヒットで、いい活躍してましたね!


なんかもう負け続きだから、詳しく試合をリポートする気もなくなるな~。

なんとか持ちこたえて、9月入って、バッファローからやって来る選手たちがいい活力になってくれるのを願うしかないか・・・

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月25日月曜日、ボストン・レッドソックス戦@トロント

2014年8月25日月曜日、ボストン・レッドソックス戦@トロント

0825.jpg

Recapはこちら


スターティング・ラインナップ





わ~、ジェイズ、あともう一息ってところだったのに!
また10回延長で負けたよ・・・

9回まで3-0で負けてて、もうだめかな、と思ったら、9回にタイに追いついたのに、結局新生レッドソックスのセスペデス選手のRBIシングルを10回に受け・・・

うーん、やっぱり最後の締めが甘いのかなあ~。粘り強さがないっていうか・・・

9回まで確かジェイズはヒット2つくらいしか出せてなかったんですよね。
レッドソックスは今年は調子の悪いバックホルツ投手との対戦で、彼は9回まで投げてたけど、だからってすっごいいい投球してたって感じでもなかったけどな~。
ここでは「ストロング・スタート」とかって題名になってますけれど。ま、勝ったからね)

それよりはジェイズが打てないってだけだったんじゃないかしら。

9回に入って、バックホルツ投手から上原投手に交代して、ジェイズにようやくシングルやウォークが続いてチャンスがやってきて、リンド選手の打席でまず1点獲得

その後、ここぞ!ってところのエドウィンのダブルで追いついたわけですが、あれも後もう少しでホームランだったのにね~。

あれがホームランだったら、もうそこで逆転勝利になってたのにな~。
ま、そんな簡単にいくわけないか・・・

でも上原投手、打たれちゃってましたねえ。
まあ、レッドソックスは去年うまく行き過ぎてた感じがありますものね。

優勝したチームだからこそ、徹底的に分析されると言うのもあると思いますけど。

でも昨日はレッドソックス、ビッグ・パピがラインナップに入っていなくて、助かったかも。


ジェイズはハップ投手の登板で、5回にムーキー・ベッツ選手のソロ・ホーマー(それにしてもムーキーってすごい名前だよね)と、ペドロイア選手の2ランホームランで3点入れられてしまいましたけど、全体的には悪くなかったですよね。

6イニング投げて、5ヒット、3アーンドラン、2ウォークにストライクアウトは8つも出てたし。
対するバックホルツ投手は長く投げてて4ヒット、でもアーンドランはハップ投手と一緒の3、ウォークは2で、ストライクアウトは4ですからね。

やっぱりジェイズの打撃が揮わないっていうのが一番の問題だよなあ~。

あと、昨日はレッドソックスがというかミドルブルック選手がいい守備も見せてましたね。
ペドロイア選手もさすがの守備を見せてたし。
ま、でもインフィールダーの衝突っていうのもあったけど。

ジェイズではメルキーが大活躍でしたよね。
ここここでいい守備を見せてくれました。

あと、いい送球もしてましたよね。


それからジェイズはクローザーのジャンセン投手の調子があんまりよくないですよね。これは心配。
バッファローから戻ってきたサントス投手もやっぱり不安定で、クローザー適任ではないし。

ジェイズはまだ若いサンチェス投手をクローザーに、なんていうことも考えていると言う噂もありますが、彼はもともとスターター。

彼の腕を温存させたいと言うのはわかるけど、まだ21とかその位の若さですよね?
その彼をクローザーに持っていって、その素晴らしい素質を出し惜しみするようなのはちょっとフェアじゃないんじゃないかしら~。


とにかくジェイズはレッドソックスには負けてられないのですよ!
もっと気合入れて、あと残り二試合は勝ってもらわないと!


そうそう、9月に入るとメジャーリーグのロースターが拡大されますよね。
それでバッファロー・バイソンズはどうしてるかな、とチェックしてみると、なかなか頑張ってるみたいじゃないですか。

元ジェイズでもあり、いわゆる「出戻り」(ごめん)のブレット・ウォレス選手がグランドスラムを成し遂げたみたいですね。




あと私が注目しているライアン・ゴーインズ選手!
またもや素晴らしいダブルプレイを見せてくれました!




が!なんと2日前だったかな?ヒット・バイ・ピッチ、死球を右腕に受けて、退場。
神経異常というか、しびれていたと言うことなのですが、Xレイ(レントゲンのことはこちらではこういいます)では異常なしと言うことだったので、ほっ。
昨日の試合は出ていなかったようですが、今日の試合には出れると言う話。

だって9月に入ったら彼がジェイズに来てほしいですからね~。
ここで怪我してDL入りとかになったら嫌ですし。

そういえばゴース選手やジェンキンス投手なんかがジェイズにいたころのほうがジェイズ勝ててたのにね~。
彼らがバッファローに戻ったらなんだか打てなくなってきちゃって。

9月になると彼らもジェイズに戻ってくるだろうけれど、でもゴース選手とかもやっぱりベンチからのピンチランナーとかなのかな~。
もっと出番を与えてあげればいいのに。

でもピラー選手ね、彼は、うーん・・・
バッファローではコンスタントにバンバンと打っているようですが、メジャーでは打てない、と言う選手。
それにあのダグアウトでの振舞い(代打で外されて、怒ってバットをクラブハウスへの階段に投げこんだ)はいかがなものか。

かなり経ってからインタビュー受けてるのをみたけれど、まあ一応反省はしているようですけどね、ああいうエゴな態度はいらないのだよ。
チームのために自分が何をできるかの役割をきちんとわかってないのかな~。
精神的にそういうところでもやっぱりメジャーでプレイする準備ができてないんじゃないかな。

本人はそんなことなかったように振舞って、ツイッターでもわざわざツイートの最後にブルージェイズのハッシュタグを入れたりしてるけど・・・

でも彼も9月にジェイズに呼び戻されるのかな~。
正直個人的には彼はいなくてもいいと思うんだけどな・・・


ということで、言いたいことはいろいろありますが、とにかく勝たねばどこへも進めないのでね!
今日の試合に期待しましょう!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月22日-24日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

8月22日金曜日

0822.jpg

***

8月23日土曜日

0823.jpg

***

8月24日日曜日

0824.jpg

***

えー、今日は仕事が忙しいので、詳しいリポートができません。
なので結果だけお伝えするだけです・・・すみません。
(日付のところをクリックするとMLBオフィシャルのゲームの結果のページに飛びますので、英語ですが、そちらでヴィデオなどをご覧になってください~)

レイズ戦、うーん、やっぱりレイズ、手ごわいわあ。

でも初戦以外は1点差。
2戦、3戦目はどちらも10イニングまで行きましたね。

ちなみに昨日日曜日はマーク・バーリー・ボブルヘッド・ギブアウェイ・デイというイベントの日でして・・・

mbbh.jpg

↑試合観戦に来た観客はこれがもらえるというイベント。

いっつも思うけど、みんなほしいんだ、こういうの・・・


このレイズ戦、忙しくてほとんど見れなかったのですが、昨日のバティスタ選手、審判にストライクコールに文句を言って、退場になってましたね。

そんな激しい抗議をしたわけではないみたいですが、かなり短いやりとりの後に退場となり、何を言ったのかしら?

っていうか、今までも審判に文句を言うことで知られるバティスタ選手ですからね、そういうヒストリーから、審判も容赦しないっていうのもあるんじゃないかなあ。
これが他の、いつも文句は言わないって言う選手だったら違ってたかも。

どっちにしても、プロ意識に欠けますね。
これが最初じゃないんだし・・・


今日からはレッドソックスとの3戦。
ここは勝っておきたい!


では、また~。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月20日水曜日、ミルウォーキー・ブリュワーズ戦@ミルウォーキー

2014年8月20日水曜日、ミルウォーキー・ブリュワーズ戦@ミルウォーキー

0820.jpg

Recapはこちら


スターティング・ラインナップ
0820sl.jpg

↑ブリュワーズのボールパークスタッフですかね、このかっこいい文字!
しかも川崎選手の名前、ちゃんと漢字ですよ!素敵。
粋なことしてくれますね~。

・・・と、さて、昨日の試合、私は1分くらいしか見ていないんです。
デイゲームだったので、会社から家に帰ってきたら、9回表で、コービーのホームランがちょうど出た時で。

昨日の試合も負けたら、もう今日はブログアップもやめようかなあ、と思っていたくらい。
でも、勝ってよかった~。

このアウェイゲーム続きの旅は負けが続いて、散々な結果になりましたけれど、とりあえず最後は勝てたのでね。

昨日のスターターはディッキー投手。
5.2イニング投げて8ヒット、5アーンドラン、1ウォーク、4ストライクアウト。
チームが勝ったからいいですが、負けたら5失点ですからね~。
しかもそれでも勝ち投手になってる。
まあこのピッチャーの勝ち負けの数っていうのは、はっきりいってその投手の評価をするときの当てにはあまりならないですからね。

だって、火曜日の試合のハップ投手は4失点ですよ。与えたヒットも6つとかでしょう?
でもジェイズが打てなかった。

ディッキー投手はそういう意味では昨日の勝ち投手となったのは、まあ運がよかったってことですよね~。
それは本人もわかっているようで、「もうちょっといい投球ができたはず」と言うようなことを言っていましたしね。
だからか、勝ち投手になってもMLBのサイトでその日のスターターの調子がよければ、勝ち負け関係なく、その投手のリキャップの動画があるんですが、それがないですもんね。


それにしても昨日はジェイズの打撃が久しぶりに活躍してくれたようですね~。

4回まではブリュワーズが2-0でリードしていましたが、5回表にまずはメルキーのグラウンド・ルール・ダブルで1点。
そして同じ回、エドウィンのシングルでメルキーがスコアで2点。タイに。

5回裏にブリュワーズはジェイズのヴァレンシア選手のエラーで1点追加してまたリードを奪われますが、6回表、ジェイズの打撃が炸裂。

ジョシュ・トーリ選手のグラウンド・ルール・ダブルに始まり、川崎選手もダブルでRBI獲得

レイヤス選手もシングルで今度は川崎選手がスコア

そしてホゼ・バティスタ選手!
久々のホームラン!
これで3点追加して、この回、ジェイズは5点を入れます

ブリュワーズもでも次の回、ホームランで、7-5。

が、最後9回表にコービー・ラスマス選手は2ランホームランで9-5に。
締めはジャンセン投手がしっかりとクローザーとしての役割を果たしてくれまして、いやあ、久しぶりの勝利!


それにしても、ジェイズのオフェンスはダメなときといいときがはっきり分かれてますね・・・
打てないときはもうチーム全体が打てなくなっちゃう。
でも調子がいいと、みんなが打てる、っていうね・・・
まあ精神的なこと、ダグアウトのムードとかもあるんでしょうが、おもしろいですよね。


そしてブリュワーズはナショナルリーグなので、ピッチャーも打席に立ちます。
だからか、選手交代が激しかったみたいですね~。
ボックススコアを見ても、リストが長くて(ピッチャーも打席に立たずともとバッターとして加えられますからね)びっくり。


あ、昨日は、もとジェイズのピッチャーのジェレミー・ジェフリス投手がブリュワーズとしてジェイズと対戦していたようですね~。

彼も、ヴェロシティのあるいいピッチを持っていたと思うんですが、コントロールに苦戦していて、ジェイズもせっかくいい素質を持った投手なので、手放したくはなかったものの(確かオプションが残っていなかった)、やはりこのコントロール問題がよくならず、DFAになっていたんですよね。

確か、かなり長い間どのチームからもピックアップされてなかったんじゃなかったかなあ。
で、ジェフリス選手もその後バッファローに戻ることを選ばずにいたんじゃなかったかな。
でもブリュワーズがピックアップしてくれて、まあ、よかったですね~。


さて、今日も試合はなしのオフデイで(今月はオフデイが多いですね、特に今週はこれで2回目)。
ホームに戻って、今度はレイズ、レッドソックス、ヤンキースとAL Eastチームと立て続けに対戦です。

レイズは勢いに乗ると危険なチームですからね~。
エース・ピッチャーのデイヴィッド・プライス投手がいなくなったとは言え、やっぱり手ごわいチーム。
でもやっぱり勝っておかないとね~。

まだプレイオフへの望みも完全に消えたわけではないのだし(でも現実的に言うと非常に厳しい立場にいますが)、頑張れジェイズ!


最後におまけ。

川崎選手とバティスタ選手、仲がいいことで知られていますが、川崎選手が打ったファウルボールがダグアウトに飛んで、それに対してバティスタ選手がダグアウトから怒ったふりをして川崎選手をからかうシーンをどうぞ。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月19日火曜日、ミルウォーキー・ブリュワーズ@ミルウォーキー

2014年8月19日火曜日、ミルウォーキー・ブリュワーズ@ミルウォーキー

0819.jpg

Recapはこちら


月曜のオフデイ後、ジェイズの選手もフレッシュなスタートでブリュワーズ戦、勝てるか、と思ったのに、うーん、やっぱりダメでしたねえ~。

正直、そろそろギア入れて勝ち始めないと、ワイルドカード争いからも振り落とされる可能性がかなり高いんですが・・・


昨日のスターターはハップ投手。

1回裏からブリュワーズにダブルを3本も打たれて、2点のリードを取られてしまい、「ああ、やだな~、この始まり方。ここ最近の試合は1回から打たれてるよなあ」とまたもや嫌な予感・・・

とりあえず1回裏は2点に押さえ、続く2回表、ジェイズのオフェンスも負けられない、とナヴァロ選手のシングル、ラスマス選手のダブル、そして川崎選手、アウトになりましたけど、ちゃんとランナーをホームに帰すためのアウトで1点

よし、よし、2-1ならまだ行ける!と思ったのに、その後、ブリュワーズに3回裏に2点、5回裏にも2点入れられ・・・

しかもジェイズも全然点が入れられず。

うーん、どうしちゃったかねえ~。
みんな、疲れてるんだろうか・・・

ジェイズにしてはここ数年久しぶりにプレイオフへの望みがあるというシーズンなのに、ここ一踏ん張りってところで勝てないで負けちゃうっていうのがなあ~。

やっぱりチームにリーダーがいないからかしら。
それともやっぱりマネージャーかなあ・・・

ワールドシリーズをきちんと経験したことのある選手が少ないっていうのもあるのかな。
チームを盛り立てられる選手っていうのがやっぱり必要なのかもしれませんね~。


え~、もうこう負けが続くとね、あんまり言うこともなくなってきますね・・・
今日の試合はデイゲームだから私は試合は見ることができないですし。
時間があれば試合をの実況中継を聞くことはできるかもしれないんですが。


・・・と、まあなんか暗い気持ちで終わるのもなんなんで、締めはなにかポジティブなものを紹介しましょうか。

ジェイズのマイナーリーグのバッファロー・バイソンズの試合で、ジョナサン・ディアズ選手とライアン・ゴーインズ選手の素晴らしいダブルプレイがあったようで、その様子はアメリカの大手スポーツ放送局のESPNでも取り上げられたほど↓




おお~、これは、たしかに、ナイスプレイ!

ジョナサン・ディアズ選手、今シーズンジェイズでしばらくプレイもしていましたが、あんまり打てずにDFAになって、ウェイヴァーもクリアしてまたバッファローに戻っていましたが・・・

ん~、こういってはなんですが、やっぱりマイナーとまりの選手なのかもしれないですね・・・

でもこのゴーインズ選手とのプレイはどうよ!

ディアズ選手も素晴らしいけれど、これをちゃんと受け取って、素早く、しかも正確に一塁に送球できるというゴーインズ選手のスキルのおかげでもありますよね。


ジェイズは昨日もレイヤス選手のエラーがありましたけれど、やっぱり守備がねえ~。

まあでも9月になればまたきっとゴーインズ選手もトロントに戻ってくるかな?


ということで今日は勝てるといいな~。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

アイスバケットチャレンジ

昨日はジェイズの試合はありませんでしたが、ここで箸休め的な話題をひとつ。

今いろんなところで広がっているアイス・バケット・チャレンジと言うものをご存知でしょうか?

筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病の認知を高めるためのキャンペーンとしてソーシャルメディアで広がっています。 日本にも協会があります。サイトはこちら

ビル・ゲイツ氏やトークショーでおなじみのコナン・オブライエン氏、シンガーのジョン・ボン・ジョヴィ氏、キャリー・アンダーウッドさんなど、数々の著名人がその名の通り、氷水の入ったバケツを頭からざばーっとかける、というのをやっております。

こちらではこういう一見おかしな行為をやってチャリティにする、というのはけっこうよくあることなんですよ。 これはまずは認知度を高めるというためのようですが、私ははじめ「こんなことまでしなくても」と思ったんですが、やっぱり注目を集めるためには、こういうことをするのがいいのかもしれないですね~。

これ、チャレンジした人が次にこれをやる人をノミネートするようでして、そうやってどんどん輪が広がっていく仕組みのようですね。

氷水を頭からかぶるのはちょっと・・・という人は募金すると言う選択もあるようです。
で、ノミネートされたら24時間以内にチャレンジを実行する、と言うのがルールなんだとか。

で、ブルージェイズの選手も参加していますよ。

クローザーのケイシー・ジャンセン投手↓

DL中のブレット・ロウリー選手も↓

そしてホゼ・バティスタ選手も↓

彼はその後、メルキーとホゼ・レイヤス選手をノミネートしていましたけれど・・・



ジェイズの試合を放送しているテレビ局のスポーツネットのリポーターであるバリー・デイヴィス氏もジャンセン投手からノミネートされたようです↓

彼はブルージェイズではないんですが、ジャイアンツのピッチャーのジョージ・コントス選手もチャレンジを受け、次にジェイズのJ.A.ハップ投手をノミネートしていましたよ↓

でもハップ投手はツイッターもやってないので、どうしたかはわからないのですが・・・
ちなみにコントス投手とハップ投手は同じ大学出身で当時一緒にカレッジ・ベースボールをプレイしていたんだっけな。 オフシーズンも一緒にトレーニングをしているんだそうです。

他にもジェイズのマイナーリーグのチームであるバッファロー・バイソンズの選手たちもチャレンジを受けていましたよ↓

と、ずいぶんな勢いで広がっていて、すごいですね~。

でも、このアイ・キャッチングな行為ばっかりが目立って、本来の目的が忘れさられてないといいんですけれどね・・・

では、今日はブリュワーズ戦ですよ!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月15日-17日、シカゴ・ホワイトソックス戦@シカゴ

8月15日金曜日

0815.jpg

Recapはこちら

***

8月16日土曜日

0816.jpg

Recapはこちら

***

8月17日日曜日

0817.jpg

Recapはこちら

***

シカゴ・ホワイトソックス戦シリーズ、ジェイズまだスランプから抜け出せないのか、2-1で負けてしまいましたね。

今週もちょっと忙しくてきちんと試合を見れなかったのですが、とりあえず簡単に振り返ってみましょうか・・・


まず15日。
この日のスターターはストローマン投手でしたが、なんと.2イニング、1イニングも投げきれずに降板することになってしまいましたね・・・
まあ1回にいきなり5点も入れられちゃったしね。

ストローマン投手はずっと調子がよかったですけれど、やっぱりここそこで不安定さが出るのは、仕方ないことでしょう。
まだ若いですし、こういう経験がきっといい訓練になるだろうし。
本人のツイッターとか見ても、ショートターム・メモリーで頭の切り替えをしっかりして次に臨んでいるようですし。

とはいえ、この日はピッチャー陣が奮いませんでしたね。

打者のほうもなんとか5点もいれたんだけれど・・・

結局ストローマン投手のあと引き継いだ投手は全部で6人。

ずっと調子のよかったロング・リリーバーのレッドモンド投手もこの日は調子がよくなくて、ストローマン選手と同じく5点も入れられて・・・

気になったのは、あの19イニングのタイガーズ戦で頑張って投げてくれてたのが記憶に新しいチャッド・ジェンキンス投手。
この日もストローマン投手の降板のあとすぐにマウンドに上がって、1点アーンドランになってしまいましたが、2.2イニング投げてて、そんな悪かったわけでもないのに、この日の試合後、またバッファローに降格となってしまいましたね。

せっかくいいパフォーマンスをしてくれているのに、なぜ?
フェアじゃないんじゃないかしら?

多分同じような思いはみんな持っているようで、それに対し、ジェンキンス投手はツイッターでこんなことをつぶやいてました。

Don't feel bad for me. Feel sympathy for the people who haven't been afforded the oppurtunities that I have in this life.

「僕のことをかわいそうと思わないでよ。今まで自分に与えられた機会を与えられていない人もいるんだから」といったような内容なんですが・・・
(私は英語をそのまま単語を日本語に訳すようなことはしてなくて、それより実際の内容を日本語で表すと一番近い形に訳すように努めています)

素晴らしいじゃないの!

彼は今シーズン何度もトロントとバッファローを行ったり来たりしてて、これで6回目の降格とかなんだったっけな?

でもまあ9月になるとロースター枠が広げられて、たくさんの選手がバッファローから呼ばれるだろうから、そのときに彼も必ずまた戻ってくるでしょう。

そういう意味ではエドウィン・エンカーナシオン選手の復帰によってバッファローにこれまた降格されたアンソニー・ゴース選手もね。

今シーズンはとてもいいパフォーマンスをしていたのにね~。
やっぱりフランシスコ選手ではなく、ゴース選手かあ。
フランシスコ選手がパワーヒッターなのはわかるけど、彼、オプションがないのかな?
とは言え、どうも納得できないよな~。


話を試合に戻して・・・
この日、1回表にリンド選手のRBIシングルでまずは1-0でリードしていたのですが・・・

1回裏からホワイトソックスに5点入れられて、すでにもう嫌な予感で、「ああ、この試合はもう終わりか・・・」という思いもファンの頭によぎったかと思ったら、2回にホゼ・レイヤス選手のサックフライでまず1点。
その後メルキーが2ランホームランで川崎選手と共にホームへ!
これで5-4まで追いついて、「これならまだチャンスはある!」と思ったのに、5回にホワイトソックスにやられてしまいましたね・・・

ジェイズはその後、6回にヴァレンシア選手、グラウンドアウトになってしまいましたが、ここでリンド選手がスコアで、なんとか1点追加はしたものの、その後は鳴りを潜め、結局11-5と言う結果になってしまいましたね。

この嫌ーな後味の残るシリーズ幕開けで、もうジェイズは勝てないのかな~なんて思いも出てきていましたが、翌日、16日土曜日は、シカゴ・ホワイトソックスで12年も投げて、この地でオールスターは4回、ワールドシリーズも勝って、パーフェクトゲームも成し遂げたマーク・バーリー投手が登板。

試合前から彼がマウンドに上がる際、シカゴのファンが総立ちになって拍手を送るという場面も。
バーリー投手、シカゴのファンに未だに好かれているようですね~。

そのバーリー投手、勝ち投手にはなりませんでしたが、調子はまずまずで5.1イニング投げて7ヒット、3アーンドランに3ストライクアウト、ノーウォーク

6回裏にシングルが続いて、ホワイトソックスのガルシア選手が1点入れたところで降板になってしまいましたが、そのときもシカゴのファンは拍手で彼を見送るという・・・
シカゴファン、粋じゃないですか!

ちなみに日本語だとシカゴと平坦な発音をしますが、英語だと「シカァーゴ」と言う感じかな。
人によっては「シ」ではなく「チカーゴ」という発音に近くなる人もいます。

このバーリー投手の降板後、マクゴーワン投手が引き継ぎましたが、ワイルドピッチもあって、ここで2点また追加されてしまいます。


ジェイズはそれより先、2回表にナヴァロ選手のサクリファイスフライでまず1点。
続いてノーラン・ライモルド選手もRBIシングルで2-0とホワイトソックスをリード。

5回表にはまた今度はホゼ・レイヤス選手がシングルでラスマス選手がスコアで3-0。

で、6回裏のホワイトソックスの3点追加でタイに・・・

またもや嫌~な予感がしましたが、7回表、ピンチヒッターとして起用された川崎選手のシングルからラリーが始まって、メルキーのダブルで川崎選手とレイヤス選手の二人がスコア。

続いてホゼ・バティスタ選手もシングルでこの回に3点入れて、6-3で勝利。

いや~、よかった。

この日は川崎選手、このあともまた1ヒット出して、いい活躍をしていましたね。

そんな川崎選手の試合前の練習風景の写真をトロントの新聞のジェイズ担当のジョン・ロット氏がいくつかあげていましたよ→こちらこちら
彼のこのflickrのページは他にもジェイズの選手の写真がたくさんあっておすすめですよ。


このままの勢いで次の日も勝って、シリーズも勝ちたいところでしたが・・・
日曜日、ジェイズはまたも負けてしまって・・・

しかも最初はジェイズ1回表にリビューの後、1点入れたのはいいんですが、その後、この日のスターターのハッチソン投手、荒れ荒れなイニングで、なんとグランドスラムを許してしまうと言う有様・・・

その後もホワイトソックスのジョーダン・ダンクス選手が2ランホーマーで、1回裏終わってすでに6-0というスタート。

実は私は2回始まってから試合を見始めたんですけれど、びっくりしました。
だって2回ですでに6点も入れられてるなんてね~。

が、ジェイズ、5回表にバティスタ選手の打席でダブルプレイになるものの、キャッチャーのジョシュ・トーリ選手がホームへ。

ちなみにこの日のスタメンのキャッチャーはトーリ選手。
ナヴァロ選手は怪我でもしたのかしら?と不安になりましたが、ただギビーが1日休暇を与えたってだけでした。
でも今日も試合なしで休みなのにね~。
まあメディアにはしらされていないけれど、やっぱり疲れもたまっていて、ところどころ身体に不調が出ていても不思議ではないシーズン、この時期。
ナヴァロ選手はこのシーズン大活躍ですからね。やっぱり休んでもらわないと。

そして、続いて・・・エドウィン・エンカーナシオン選手!
2ランホームラン
ですよ!
Edwin is baaaackkkk!!!

いや~、試合は負けましたけどね、エドウィンが打ってくれたから、とりあえず明かりは見えたかと。

その後、ナヴァロ選手はピンチヒッターで起用されて(こういうことが多いから、ナヴァロ選手は休めないんでしょうね~)、6回表にシングルでRBI獲得

ホワイトソックスもまた1点追加して結局7-5。


うーん、やっぱりピッチングがねえ、不安定で、試合最初っから、5点、6点も入れられちゃうとやっぱりきついですよねえ。

まあハッチはその後は落ち着いた感じはあったけれども。

ホワイトソックスはいい活躍をしているわけではないんだし、勝てるシリーズのはずなんだけどなあ~。


で、今日は試合なしで、火曜日にはブリュワーズとの対戦になります。
ブリュワーズは確か、今年調子がいいんじゃなかったでしたっけ?
とはいえ、もうこの辺でスランプから抜け出して、勝ってくれないと困りますよね~。

頑張れ、ジェイズ!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月12日・13日、シアトル・マリナーズ戦@シアトル

8月12日火曜日

0812.jpg

Recapはこちら


12日のスターティング・ラインナップ

0812sl.jpg

***

8月13日水曜日

0813.jpg

Recapはこちら


13日のスターティング・ラインナップ

0813sl.jpg

***


ジェイズ、マリナーズにスウェプトされてしまいましたね・・・

昨日の試合前、ジェイズのダグアウトには箒(というより、マウンドをならしたりするもっと平ったいものですが)がたてかけられてあったそうです・・・
マリナーズの球場の管理などをしているスタッフがジョークで置いたんだろう、とのことですけれど、挑発的じゃないですか!

ちなみにこれがどういう意味なのかまったくわからない、と言う方のために、説明しますと・・・
こちらではシリーズ(今回の場合はマリナーズとの3戦)全敗すると、スウィープされた、ということになります。
が、英語だと過去形になるとスウェプトに変わります。

で、このスウィープとはもともと箒で掃くと言う意味があるのです。
だから試合でのスウィープは一掃されてしまう、ということです。

それでこの箒、なのですよ。


個人的にはこのマリナーズ戦、試合開始時間が東部時間だと遅いので、ほとんど見られず。

火曜日も4イニングくらいまで見てたかな?
昨日は2イニングしか見れずに眠くなってしまいました。

でもとりあえず手早く振り返りますか・・・


火曜日のスターターはハップ投手。
ここ4登板くらいはとても調子がよかったのですが、火曜日はよくなかったようですね。
6イニング投げて、7ヒット、4アーンドラン、ウォークもストライクアウトも1。
本人の感覚ではそんなに悪い感じではなかったみたいですけれど、2本もホームランを与えてしまったのが痛かったですね。

4回裏のカイル・シーガー選手のソロ・ホームランと、6回表のケンドリス・モラリス選手の、こちらもやはりソロ・ホーマー

でもジェイズもその後打てなかったみたいだから、ハップ投手だけを責めても仕方ないですね。


この日からリンド選手が戻ってきましたけど、戻ってきていきなり4番バッターっていうのはどうだろう?

これについてはジェイズの試合を放送しているテレビ局、スポーツネットでの試合前後で試合についてのアナリストとして参加している元ジェイズ・キャッチャーのグレッグ・ザーン氏もリンド選手を4番に持ってくるのはまだ早いんじゃないか、と言ってました。

はいはい、わかってますよ、ザーン氏が言ってる、と言っても、ザーン氏だって素晴らしい打率を持つ選手じゃなかっただろう、と思っているのは・・・

でも、彼が言っていましたが、打率はよくても、やっぱり長い間試合に出ていなかった選手です。
試合に戻ってきてすぐにそんなどどーん!と打てるってわけじゃない、と。

毎日試合に出ている選手との差があります。
試合に出てなかったから疲れはないかもしれないですけど。

実際この日はリンド選手まったく打ててなかったですしね。

ま、昨日は打っていましたけれど。


で、昨日の試合は2-0で、ジェイズ、シャットアウトされちゃってましたね。

昨日はスターターのディッキー投手、いきなり1回裏からまたケンドリス・モラリス選手に2ランホームランを許してしまいましたが、それ以後は悪い登板ではなかったみたいなんですけれどね~。

やっぱり打撃が鳴らず・・・

エドウィンがバッファローでの練習試合を始めて、火曜日にはグランドスラムを打って話題になっていました。

この調子でジェイズに戻ってきても打って、ちょっと消沈しつつあるジェイズのヒッティングに火をつけてくれるといいのですが・・・


その昨日、マリナーズのスターターは岩隈投手の登板でしたね。
シャットアウトしたくらいですから、いい登板だったのでしょう・・・


マリナーズとはワイルドカード争いで競っているので、勝ちたいところでしたが・・・

このマリナーズ戦全敗でジェイズファンはすでに「もうこのシーズンはだめだ」と諦めている人も多いようなんですけどね・・・
何、まだ1ヶ月半近く残ってるじゃないの!
最後まで何が起こるのかわからないのがスポーツ!
もしかしてこれから去年みたいな11ゲームウィン・ストリークになるかもしれないし。


あ、そういえばジェイズ、ウェイヴァーにかかっていた投手をドジャーズからピックアップしていましたよね、確か。
とりあえずはマイナーリーグ入りするようですが。


ジェイズは今日は試合はなし。
そして金曜からはシカゴ・ホワイトソックス戦。
初戦はマーカス・ストローマン選手の登板です。
このシリーズにはきっとエドウィンも戻ってくるでしょうから、なんとか勝ちたいですね!


そして最後におまけ。
去年までジェイズのキャッチャーを務めていた、J.P.アレンシビア選手。
今はテキサス・レンジャーズに移っていますが、キャッチャーから一塁手に転向したかと思ったら、なんと、昨日の試合(だと思う)ではピッチャーにもなったそうですよ!

こちらでその動画が見れますが・・・

おお、なかなかなんじゃないですか?
でも10-1かなんかで思いっきりリードされての抜擢ですからね。
きっとレンジャーズはもう諦めてたのかな?

私がこのことを知ったのは、フェイスブックでのポストだったのですが、ジェイズの試合を放送しているテレビ局(上でも言いましたね)のスポーツネットのキャプションがこれ↓

Former Toronto Blue Jays' catcher J.P. Arencibia pitched an inning for the Texas Rangers Wednesday night.
We repeat, this was definitely a thing that happened in real life.

訳すと「アレンシビア選手が水曜の夜、レンジャーズ戦で1イニングピッチャーとして投げた。
これは実際に起こったことである」ということなんですけどね、皮肉だわ~。

で、アレンシビア選手本人も、ツイッターでこれについて触れていましたよ。

Those were not knuckle balls just super slow gravity pitches... At 73 mph they have to drop.. #ThatWasFun

「あれはナックルボールじゃなくて、スーパースロウ・グラヴィティ・ピッチだよ。73mphじゃ、落ちざるを獲ないからね」と。
でもまあ、楽しんだようですから、いいんじゃないでしょうか~。

そういえば、去年はたくさんツイートもして、そこでジェイズとのファンやメディアとの確執にもつながってしまって、それ以来、ほとんどツイートしなくなっているようですね。

どうやらこのアカウントも本人ではなくて、スタッフが管理してる、と言うことですけどね。

有名人になると、大変よね・・・

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年8月11日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@シアトル

2014年8月11日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@シアトル

0811.jpg


Recapはこちら


スターティング・ラインナップ
0811sl.jpg


え~、ジェイズ、マリナーズに惨敗です。
あまりに惨敗だったので、ジェイズ、ツイッターでいつもあげる試合のボックススコアと写真すら載せていません~。


試合前は、サイ・ヤングを3回も受賞した強敵、この日のスターターのキング・フィリックスとジェイズの相性はいい、ということで、「もしかしたら・・・」と期待していたんですけれどねえ~。

が、私、昨日の試合はバティスタ選手が4回表にソロホームランを打ったところまでしか見ていません。

というのも西海岸でのアウェイゲームなので、東部時間の夜10時からの試合開始でして。
平日、10時からの試合っていうのはちとキツイ。
もうちょっと早めに始めてくれないだろうか・・・せめてあと1時間早ければな~。

ま、でもどうやらジェイズ、6回くらいから調子悪くなって、マリナーズに打たれまくってしまったようなので、見なくてよかったかも??


ジェイズの昨日のスターターはハッチソン投手。
5.2イニング投げて、与えたヒットは7、アーンドランは6、ウォーク2、ストライクアウト5。

4回に2点取られたものの、そんなに調子が悪かったようではないんですが、その後6回にダメージを受けてしまったようですね。

どうもピッチが上に上がってしまっていたようで、これは危ないですよねえ。


でもね、一番気になるのは、ハッチのあとを継いだ、ブラッド・ミルズ投手。

昨日彼がバッファローから昇格したと聞いたときから、嫌な予感がしていたんですよ。

彼、もともとはジェイズがドラフトして、その後トレードされ、この7月にジェイズがまたA'sが彼をウェイヴァーにかけていたところを獲得したのですが、前回投げたときも、確かひどかったんじゃないかなあ~。

だって、昨日も2.1イニング投げて、ヒットは3つ与えただけですけれど、アーンドランは5、ウォーク3にストライクアウト2で今のERAは9.15ですよ。

おとといの19イニングのタイガーズとの長期戦で、ブルペンからはほとんど誰も投げられないということでバッファローから彼が呼ばれたわけですが、なぜ彼?
他の投手のほうがよかったんじゃない?

やっぱりねえ、もともと手放した選手をまた引き取るっていうのはね、なんかいい結果にならない気がします。
その最初に手放した理由をちゃんと振り返るべきです。

で、昨日の試合が終わって、またすぐミルズ投手、DFAになりました。
前回も同じだったんですよね、確か。

なんかこの選手を取り巻くものは、ジェネラル・マネージャーのミスのような気がするなあ。


でも、ジェイズのヒッターも、打てませんでしたね。

キング・フィリックスも、評判どおり、素晴らしい登板で、7回投げて、8ストライクアウト、3ヒットを与え、バティスタ選手の打ったホームランの1点のみのアーンドランですもの。


やっぱり前日の長期戦と西海岸への旅と時差なんかでジェイズの選手はみんな疲れていたのかなあ?
デトロイトも昨日の試合は11-6だったっけな?、ピッツバーグに負けたそうですからね。


昨日はジェイズ、いつもリードオフマンのレイヤス選手に「休みが必要」ということで(怪我をしたわけではない)、川崎選手がショート、1番打者としてスタメン入り。
ゴーインズ選手はこのミルズ投手を昇格させるためにバッファローに戻ってしまいましたからね。

ちなみにすでにDFAになったミルズ選手の代わりの動きはまだ見えてないですが、リンド選手がDLから解けて、戻ってくるだろうということですね。

でも、そうなったら一塁守れる選手が多すぎじゃないですか?
ゴーインズ選手よりフランシスコ選手をバッファローに降格するべきだったんじゃないかなあ~。
だってフランシスコ選手、最近はほんと打ててないです。
ブレイキング・ボールだけじゃなくて、もういまやファーストボールすら空振り三振してるし・・・
守備のエラーも目立つし・・・
確かにたまーにパワーヒッターとしての片鱗を見せて、ホームランを炸裂させたりしますけれど、あまりにその頻度が少なすぎでしょう?

昨日の試合のように、ホームランだけの1点で、後はまったく点を入れられないという試合はあまりにお粗末。
やっぱりジェイズは組織として、パワーヒッターを集めたホームラン狙いでの得点チームから、「スモールボール」のシングルなどをつなげて得点を入れていくチーム編成を頭に入れていくべきなんじゃないかと思います。

ケヴィン・サイツァー・ヒッティング・コーチはそういう形でコーチしているようですけれど、今だけでなく、ジェイズの将来のことを考えて、GMやオーナーレベル、ジェイズの組織全体(バッファローやその他、マイナーリーグを含め)を見ての編成改革が必要なんじゃないかしら。

ま、そうなったら今のGMを変えるしかないですよね。


バティスタ選手はホームランヒッターですけれど、ホームランだけじゃなく、シングルも打てるようにちゃんと調整していってる感じがします。
まあ、今はちょっとホームランヒッターとしての活躍があまり見られていない感じもするし、ここってところで打てていない感じもしますけど、でもやはりスマートヒッターで、試合の様子を見てホームランだけじゃないんだ、っていう心がけをしていると思うんですよ。

もちろん他のバッターもそうなんでしょうが、それがプレイに表れてないんですよね~。
コービー・ラスマス選手やホアン・フランシスコ選手とかね。

そろそろ戻ってくるアダム・リンド選手もレフティー相手には打ててないし。
まあ、でもこれはジェイズが彼にあまり左投手とのマッチアップの機会を与えてあげてないのも原因ですけれど。


どっちにしろ、マリナーズとジェイズ、勝利数を見れば63で一緒。
だから決して釣り合わないというわけではないはずなんですよ。

タイガーズ戦でのあの粘りを思い出して、また今日は頭を切り替えて残り2戦は勝ってほしいですね!
それにここシアトルでのアウェイ戦はジェイズファンがたくさんつめかけて、アウェイっぽくない雰囲気だっていいますよね。
(カナダ西海岸に住む野球ファンは東海岸のトロントでの試合を見に行くことができないので、その代わりトロントにいくより近いシアトルでの試合につめかけるんだそうです)

そういうアドヴァンテージもあるのだから、それをちゃんと利用していかなくちゃ!
まあ、そういうマリナーズファンもキング・フィリックスの応援ファンが集まる客席の一部を「キングズ・コート」と名づけて、みんなが黄色いTシャツ、Kとかかれたパネルなんかを持っていて、ちょっと異様な感じもしますけど。
こんな感じで。昨日はなんとその辺りに座っていたファンにはチームからターキーが振舞われたそうです)

でもシアトルでの試合なのに、カナダのファンがたくさん来てたら、そりゃシアトルファンも躍起になるわな・・・


今日はジェイズはハップ投手の登板。
ここ最近彼はいい活躍をしてくれているので、今日も期待しています。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
454位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。