スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年9月26日-28日、ボルティモア・オリオールズ戦@トロント








いや~、終わっちゃいましたね・・・シーズン。

寂しいなあ~。

最後は勝って終わりたかったのに、昨日は1-0で負けてしまいましたね。

今シーズン本当に調子のいいオリオールズということで、このシリーズも負けちゃうかしら?と思ってたけれど、最初の二つは勝ってたから、昨日もいけると思ってたんだけどな~。

オリオールズはこのシリーズ、守備も悪かったですよね。
まあ、負けてもプレイオフに行くことは決まっているというのはあるにしろ、やっぱりいい調子でプレイオフに進みたいはずなのにね。


それにしても、今年はプレイオフいけるんじゃないかと期待してたからがっかり。
ディヴィジョンタイトルは取れずとも、ワイルドカードにはくいこめるんじゃないかと思ってたのにな~。

今シーズン振り返ると、期待の大きかった去年よりはよかったものの、プレイオフいけなかったというのでは同じか~。

まあでも今年は将来が楽しみな有望若手選手が登場してくれたのがよかったですね。
それが一番ポジティブなところかな~。

実際カムバッカーのハッチ、シーズン最初の頃はジェイズではなくバッファローにいて、それからジェイズのブルペン入りしたストローマン投手、これまた途中からジェイズ入りしたサンチェス投手、9月のコールアップからめきめき頭角を現したポンペイ選手なんかは、今までのマイナーリーグの成績やファームレポートだけでなく、メジャーでも十分競い合えるところを見せてくれましたしね。

まあもちろん今シーズンよかっただけで、次も、というほど優しいものではないですが、でもメジャーという大舞台でも気後れすることなく堂々とプレイしていた感じがしますね。

もちろん経験不足でまだいろいろと学ぶことも多い彼らですけれど。

GMが彼らをトレードしたりしないでくれるといいんだけれど~。


それから今年はスターターがよかったですね。
ディッキーははじめの頃はあまり調子がよくなかったですけれど、スターターの中では一番の勝ちをあげましたし。
バーリーは逆に普段はスロウスタートなのに、シーズンはじめっから絶好調。
まあ、その後ちょっとスランプっぽくなってましたけれど。
でもこの35以上のベテランスターターの二人がDL入りすることもなく、シーズン通して投げきったのはやっぱりすごいことですよね。

ハッチも全体的にみればとてもよかったんじゃないかな。
TJ後ということもあって、腕の調子を心配されることもありましたけれどね。
でも彼もちゃんと投げきったし。

シーズンをスターターとしてはじめなかったストローマン投手の活躍はご存知の通り。
最後はサスペンションというちょっとした騒動もありましたが、まあこれを教訓にしてこれからはスマートなプレイヤーになってくれるでしょう。

ハップ投手もスプリングトレーニングから調子がよくなくて、シーズンはDL入りで開始。
でもスターターとして戻ってきてから最初は不安定なこともありましたが、後半はとっても安定したピッチングになりましたね。
去年は頭にボールが当たるアクシデントもあり、それに伴った膝の怪我、ピッチカウントが高くなってウォークも多くて大変でしたけれど、今年はファーストボールをしっかり決めて、6イニング以上登板する試合も多かったですしね。


それに比べるとブルペンがやっぱり今年、ジェイズがプレイオフにいけなかった理由の大きな面積を占めているんじゃないかなあ~。

シーズン後半はスターターが皆しっかり長いイニング投げてくれて、ブルペンに頼ることが少なかったですけれど、シーズン前半は、ブルペンが出てくると点をたくさん取られちゃうという試合がずいぶんありましたよねえ~。

元々シーズンはスターターとして開始したマクゴーワン、モロウの両投手も結局はブルペン入り。
マクゴーワン投手はまあ、しかたないかな。
でも彼、やっぱりまだ不安定ですね~。
モロウ投手はスターターとしても6試合くらいしかでなかったんだっけ?
怪我して、戻ってきてからはブルペン入り。
ジェイズでは彼をクローザーにするということも考えているみたいだけれど、彼もやっぱり不安定だしね~。
どうなることでしょうか・・・


ヒッターのほうは、バティスタ選手が素晴らしいシーズンでしたね!
打つだけでなく、ウォーク数も多くて、きっちりボールを見ていたし、守備もよかったし。
怪我もせず、アンパイアとの衝突も少なかった(?)し。

エドウィンは上がり下がりが激しかったですね~。
怪我したのが痛かったね。

そしてメルキー!
シーズン終わりに怪我して手術したので、最近はちょっと彼のことを忘れてしまっていました(ごめん)が、彼もシーズン通して素晴らしい活躍をしてくれましたよね。

ホームランヒッターではないですが、きっちり打ってたし、守備もよかったし。
GM曰く、FA入りする彼を引き留めるつもり、ということですけれど・・・


リンド、レイヤス両選手もまずまずのシーズンですかね。
でもやっぱり怪我がな~。
あとレイヤス選手はやっぱりこのオフシーズン、守備の練習をしっかりやってほしいです。


カナディアンが贔屓するロウリー選手は怪我に続く怪我で、がっかりのシーズンになってしまいましたね。
プロとして、怪我をしにくい体つくりに専念してほしい。
そうじゃないと、カナディアン&素晴らしい反射神経というだけではチームに残れないしね。
そういう意味では来年、彼がどんなプレイをするのかが彼にとってキーになるんじゃないでしょうか。


あ、キャッチャーのナヴァロ選手もすばらしかったですね!
去年はJPに泣かされましたけど、ナヴァロ選手、それまではバックアップキャッチャーだったということで、メインキャッチャーとしてシーズンを乗り切れるのか?という心配もありましたけれど、抜群の安定感だったじゃないですか?
なんていうかプレイだけでなく、キャッチャーとして、ピッチャーたちからも信頼されている感じが見えましたし。


・・・と、まあとりあえず今日はこのくらいにしておいて、またあとで他の選手についてもコメントしますね。


ということで、ジェイズのシーズンは終わってしまったので、これからはプレイオフの試合については気になることがあればここでも書きとめようかと思います。

4月中旬からはじめたこのブログ。
ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました。


ジェイズファンとしてオフシーズンの動向もしっかりチェックしたいと思います。
そして来年こそは、プレイオフに!

Go Jays, Go!

ではみなさん、また!


スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月25日木曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月25日木曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント



スターティング・ラインナップ



あ~、マリナーズとの4戦、スウィープできるか!と思ったら、昨日は負けてしまいましたね~。

こちらで4時からの試合だったので、仕事のある私は途中からしか見られなかったんですけれど。

昨日はルーキーのダニエル・ノリス投手がスターターとしてメジャー初の登板
3イニングくらいの登板で後はブルペンに、というのは試合前から言われていましたけれど、ファーストボールがあんまりよくなかったみたいですね。

ヒットは1だけど、2アーンドラン、ウォークも2、ストライクアウトも1のみ。

でもまあスターターとしてはじめての登板ですしね、まずまずといったところなんじゃないですか?

でもその後を引き継いだレッドモンド投手がなあ~。1.1イニング投げて2アーンドラン。
これが痛かったよな~。

まあ、他のリリーバーたちもホームラン許しちゃってましたけどね。

でもシアトルは昨日3つもエラー出してるんだ!
それなのに勝てなかったっていうのがな~。

打撃の方はピラー選手のホームランも出てたし、シングルやサックフライで得点したりしてて悪くはなかったはずなんですけどね。
だから昨日はピッチングか~。


川崎選手、昨日もリンド選手のシングルで一塁からホームへ走ってスコア
いやあ、30超えてもこれだからすごいわ!

あと若手がこのシーズン頑張ってますね。

昨日はゴース選手もRBIシングル出してたし、ゴーインズ選手もヒットにはならなかったですけれど、またRBI獲得してたし。


ジェイズはもうプレイオフにいけないってこともあって、昨日はレイヤス、バティスタ両選手はスタメンから外れて、いつもと違ったラインナップになってましたよね。
(ま、ギビーは毎日ラインナップ変わりますけど)

キャッチャーにはコタラス選手。
彼、確かカナダ人選手じゃなかったかな~。スカボロー出身だったっけな?

あとはポンペイ選手がリードオフマンで続いて川崎選手。

ピッチャーもノリス選手に続いて、グレイヴマン投手も最後2イニングの登板で、昨日はよかったじゃないですか。
それまではERAも10越してたけれど、昨日は1ヒット、3ストライクアウトも出して、4ケタ台に下がりましたね。


ジェイズはこの若手をどう育成していくのかがこれからの鍵になるでしょうね~。

経済的にメジャー経験のある選手をトレードやFAで獲得したり、元々ジェイズの選手を引き留めるのはやっぱりお金がかかりますから、その問題があるとやっぱり若手を使うってことになりますが、その使い方というか、育成方法が重要になってくるんじゃないかな~。

今のように大した忍耐もなく、短期間のうちに成果を求めて、すぐにとっかえ引返しちゃうようじゃ、だめでしょうね。

あとは若手が与えられたチャンスをどう活かしていくのか。

来年は特にアウトフィールドがどうなるのか、楽しみですね。
ま、オフシーズン中の動きやスプリングトレーニングの結果もありますけど、ポンペイ選手がめきめきと頭角を現してきましたからね~。

若手の中で切磋琢磨してくれるといいですね。

ピッチャー陣も同じく。
ハッチ、ストローマン、サンチェスの3人を追って、他の選手も頑張ってほしいな~。

そしてやはり個人的にはゴーインズ選手に頑張ってもらいたい!
そのためにはやっぱりもうちょっと打ってもらわないとね~。


さて、今日からはシーズン最後のシリーズ、対オリオールズ戦ですよ。

最後のシリーズがAL EASTトップのチームとの対戦というのもなんだか皮肉よね~。

ま、オリオールズはもうプレイオフ行きも決まってるから、スポイラーにもなれないんですけど、シーズンをいい形で終われるように勝ってほしいですね。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月24日水曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月24日水曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント


スターティング・ラインナップ


いや~、昨日のゲームは、これまでの2試合とはまた違った意味で見ていて楽しかったですね。

この日はバーリー投手がスタートで、もし6イニング投げれば、14年間連続で毎シーズン200イニングを投げたという功績になるとのことで、ギボンズ監督は「もし今日6イニング行けなかったら、後日ブルペンからでも彼を登板させて200イニングに届くようにする」と言っていたんですが。

そんな心配全然なかったですね~。
昨日のバーリー投手は素晴らしかった!
8イニング投げてヒットはたったの3本。1ウォーク、ストライクアウトはなんと10!

今シーズン最後のスタートだし、どうせならコンプリートゲームにさせてあげればよかったのに、とも思うんですけどね~。

9回表、マリナーズのシングルが出て、サンチェス投手に交代になっちゃいましたね。
まあ100球近く投げてたけれど、でもこのシングルだって、レイヤス選手がきっちり取ってたらアウトになってただろうに・・・

ギビーはどうしていつもあと少しってところでスターターをひきあげちゃうかなあ。
バーリー投手やディッキー投手がそれなりの年齢っていうのはあったとしても、昨日はバーリー投手も今後の登板がないんだしさ。

ま、そういうこと、本人はあんまり気にしてないみたいでしたけど。

ヒーローインタビューでは「シーズン最後になっていいコントロールができたけど、もうちょっと早くそこまでもってこれてたらよかった」というようなことを言っていて、やっぱり謙虚だわ~。

チームメイトからもリスペクトされていて、お祝いのツイートも見られましたね↓



それにしても、ストローマン投手、「セカンド・ファーザー」って・・・ははは。
年は10歳以上離れているとは言えねえ。
でも確かにストローマン投手にとって、バーリー投手はとてもいいロールモデルになっているようですね。

それとヒーローインタビューでも、普通ならゲーターレイドとかを頭からぶっ掛けたりするところを、ガムの包み紙をぱらぱら~とさせるだけで。

その辺もやはり彼への敬意ですかね。

そして昨日はまさにピッチャーズ・デュエルでしたねえ。

マリナーズはルーキーのタイワン(またはタイホアン?)・ウォーカー投手がスタートで、8回裏まで両チームとも得点が入れられず。

が、ライアン・ゴーインズ選手と川崎選手がやってくれましたね!

川崎選手はウォークで一塁、2アウトでバッターにはゴーインズ選手。
で、ゴーインズ選手、フライボールで、マリナーズ、これをキャッチできず!

川崎選手はかなり早くから走塁し始めていて、一塁からホームへ!

これ、やっぱり川崎選手らしいプレイだなあ、と思いました。


あと、ゴーインズ選手は昨日、大活躍だったんですよ~。
ジェイズは昨日たった4ヒットだけだったんですけれど、そのうちの二つがゴーインズ選手!
昨日唯一のRBI獲得選手に。

しかももう毎日のことですけれど、昨日もすばらしいダブルプレイを見せてくれましたしね~。

レイヤス選手、やっぱりボールのキャッチ力、悪すぎ・・・
でもゴーインズ選手がものすごい速さ、そして正確さで一塁に送球できるスキルがあったからね~。

それから昨日、クローザーになったサンチェス投手も、いいピックオフをしてましたよね。

マリナーズ、なんでしょうね~、なんかこのシリーズ見てると、集中力に欠けてる感じがしますね。
守備が悪いし。


でも、昨日の試合、すっごい早く終わったよな~。
バーリー投手の投げる試合はいつも早いんですけれど、昨日はなんと2時間切ってました!(正確には1時間59分だったかな?)

普段なら3時間くらい余裕でいくもんね。

ま、バーリー投手だけでなく、マリナーズのウォーカー投手も1イニング3バッターで抑えてたりしてましたからね。
でも、バーリー投手のあのテンポの速さはやっぱりすごいですね~。

彼はやっぱりユニークだわ。
毎年200イニング投げて14年間!
怪我もほとんどしないし。
キャッチャーのサインに首を振ることもなく、スピードのあるピッチをする投手ではないんだけれど、いろんなピッチでバッターを翻弄させる。

ジェイズ、来年も彼を留めておいてくれればいいんだけどな~。


さて、今日はデイゲームというか、試合はこちら夕方4時から開始なんですよね。
なんでこんな中途半端な時間に始まるんだろう?
あ、シアトルの移動のためかな?

ま、そういうことなので私は多分途中からしか試合を見ることができないと思うんですが、今日はダニエル・ノリス投手がスタートでしたね。

さて、どうなるでしょうか。

ここまで来たからぜひスウィープしたいですね!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月23日火曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月23日火曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント



スターティング・ラインナップ


昨日もジェイズ、10点入れてマリナーズに勝利!

え~、昨日の時点で確かジェイズのワイルドカードへの望みも実際切れたと思うのですが、まあだからプレッシャーもなくのびのびやれたのかな?

でも一番のニュースは、ルーキーのダルトン・ポンペイ選手、メジャー初のホームラン!
まだ打率は低いですけれど、ここ最近ギビーのお気に入りなのかな?スタメン入りして、いい守備も見せてくれてますよね。

トロントの隣町のミシサガ市出身ということで、家族も毎日のように試合を見に来ているようで、昨日も初ホームランを家族がいる前で打ててよかったね~。

昨日のスターターだったディッキーもお祝いのメッセージをあげてましたね

昨日はやはり、マリナーズのエース・スターターのフィーリックス・フェルナンデス投手、またの名を「キング・フィーリックス」が不調で4.2イニング投げたのみ。8アーンドラン。
こりゃ痛いわ~。

しかも今マリナーズはワイルドカード争いの真っ只中にいるのにね。

試合最初の頃は彼のブレイキング・ボールに翻弄されていましたけれど、ジェイズ、そのうちそれにバットを振らないようになってたし、打ち始めましたね。

5回裏の上でも紹介したポンペイ選手のホームランがきっかけで、この回なんと7点も入れましたしね~。

おとといの試合も14点も入れて、でも昨日はまさかまた同じようにはならないだろう、と思っていたんですよ。
それどころか、キング・フィーリックスの登板だし、逆にやられるんじゃないかなんて思ってたんですけど、いやあ、すごかったわ。

キング・フィーリックスが降板した後、リリーバー二人がそろってジェイズのヒッターに死球を与えたことで、警告も発せられてましたよね。

まあ、実際は狙ったのかどうかは分かりませんけど、でも川崎選手にあたったのとかは、ちょっと怪しかったですよね。

2日間ともジェイズに大差をつけられて悔しかったのかもしれないけどさ。

そして、エドウィンもホームランが出ましたね~。
まあ、もうちょっと早く、彼のスウィングが戻ってきてくれてたらよかったんだけどね・・・


あ、そうそう、ディッキーもいい登板でしたね。
10点も入れると、なんかスターターの存在が薄れちゃうんだけど、でもやはりスターターがよくないと試合は勝てないですからね~。


そして個人的にはゴーインズ選手が昨日はスタメン。
昨日も打ててなかったけど、サック・フライで点を入れたし、また素晴らしい守備を見せてくれましたしね!

うちの夫は特にゴーインズ選手に注目してるというわけではないんですけれど、やっぱりジェイズの守備力を上げるべきという気持ちは同じで、「ロベルト・アラマー(元ジェイズのホール・オブ・フェイム入りした有名なセカンドベースマン)がゴーインズがセカンドを守るべきだ、って言うなら、ジェイズは彼にもっとチャンスを与えるべき!」と鼻息荒くいっていましたけど(笑)。

でも、私の目からしても、やっぱりゴーインズ選手、もうちょっと打てないとむずかしいだろうなあ~。
今打率、.180とかでしょ?
でもやっぱりもうちょっとしっかり腰をすえてプレイできる機会を与えてもらったら変わるんじゃないかなあ。

あとね、夫が昨日地下鉄内で、11歳くらいの男の子がジェイズについて話しているのを耳に挟んだらしいんですけれどね、その子も「レイヤスはヒッティングはいいけど、守備がダメだ」とか皆が思っている同じようなことを言っていたそうで。

つまり、そんな若い子が見ても一目瞭然なくらいダメってことですよね~。

だからこそ、守備力を上げるためにもゴーインズ選手、また来年も頑張ってスタメン入り果たしてほしいな~。
というか、まだ来シーズンをジェイズではじめられるかも今のところでは不透明ですけどね。
このままの打率だと、厳しいかな~。

面白くなりそうなのはアウトフィールドですよね。
きっとラスマス選手はジェイズに留まらないだろうし(何か最近、スタートさせてもらえてなくてかわいそうですね)、メルキーも留まってほしいけど、GMは当てにならないしなあ。

で、ゴース、ピラーの二人が有力か?と思っていたところに、今21歳のルーキー、ポンペイ選手が活躍し始めましたからね。
彼、スピードもあるし、スウィッチヒッターだし、マイナーリーグでは結構打ってるらしいし。

個人的にはやっぱりメルキーは抑えておいて、センターはゴース&ポンペイのどちらかっていうのがいいんじゃないかな、と思うんですけどね~。
どうかな・・・

あと、今シーズンが終わるとFAになるジャンセン投手、あとリンド選手(彼はFAではないんだっけ?その辺がいまいちよくわかってませんが・・・)についてのこの記事、おもしろかったです。(すべて英語です)

でも長くジェイズにいる選手が、なんか球団を信用してない感じがして嫌だな~。
まあ、GMの対応からしたら仕方ないのかもしれないけどね。

でもジャンセン投手、今年は調子よくなかったからね~。
それをちょっと棚上げして話してる感じがありますが・・・
自分のチームとして、そして彼もいくつもセーブできなかった試合がありましたしね、なんかこう「他人頼み」的な感じがするなあ。
だからジェイズは勝てないのかもしれないよね・・・

最後に、ツイッター見てたら、気になったポストがありました。これ↓
ダン・ジョンソン選手、ナックルボーラーに??ほんとかいな??

ジェイズってなんだろう、この選手を使いまわしてる感じがすごくしませんか?
他のチームでも同じなのかな?
versatilityとかっていってるけどねぇ・・・


さて、今日はバーリー投手の登板だそうですよ。
今日も勝てるか??


あ、そうそう、ストローマン投手のサスペンションでローテーションに変化がでますが、木曜はルーキーのノリス投手がスターターとして初登板するそうで。
まあ3イニングくらいしか投げないみたいですけどね。
ジェイズは今年、リリーバーが不安定だから、その後がちょっと不安ですけどね・・・

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月22日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント

2014年9月22日月曜日、シアトル・マリナーズ戦@トロント



スターティング・ラインナップ


え~、本音を言いますと、もうジェイズが勝つことをあまり期待せずに見ています、最近の試合。

・・・が、昨日はすごかったじゃないですか!

今までの負け試合への鬱憤を晴らすかのごとく、14点も入れましたねえ~。

勝ったのはうれしいけれど、「どうせならこの14点が毎試合3点か4点くらい配当になって連勝できたらいいのに」と思ってしまうのですよね・・・

それにしても、この「皆が打てる時はほんと皆がどんどん打つ」というのはおもしろいですね~。
「ヒッティング・イズ・コンテイジャス」、つまりヒッティングというのは伝染するものだといいますけれど、ほんとそうなんですね~。
やっぱりチームのその日のムードなんですかね。
で、打てない時はやっぱりほんと打てないわけで。

ま、昨日はマリナーズのルーキーのスターター、なんとカナディアンのパクストン投手、調子が悪かったというのもあるんでしょうね。

彼、数字を見るとERAも2桁台(昨日の試合前までは)で素晴らしく、「わあ、カナディアンでこんないいスターターがいたんだ!、ぜひジェイズに!」と彼が投げ始めた最初の数分には夫と冗談を言っていたんですけれどね。

14点も入れたんで、いちいち全部それを紹介はしませんが、いやあ~、昨日はヴァレンシア選手のトリプルからはじまって、ほんと、皆どんどん打ってましたね。

若手のピラー選手もホームランを出してたし、ゴース選手も負けじとホーマー
バティスタ選手もまたホームランを打ってましたし、
トーリソン選手はなんと4打席中3ヒット

ルーキーのポンペイ投手も2ヒットも出してたしね。

ここ最近はランナーズ・イン・スコアリング・ポジション、つまり走者が2塁3塁にいる時にヒットが出せていなかったジェイズですが、昨日はマリナーズの守備の悪さにも助けられてましたね。

エドウィンもシングルで2RBI獲得したりしてましたしね。


そして昨日のジェイズのスターターはハップ投手。
いきなり1回表からカノー選手のダブルで1点入れられて、大丈夫かしら?と思いましたが、その後は落ち着いて、6回表にソロホーマーを許してしまいましたが、まあその時点ですでにジェイズ11点も入れていましたからね。

7イニング投げてウォークも一つだし、勝ち投手に
ファーストボールの調子もよかったみたいですね。
これで、ジェイズのスターター全員が2桁の勝利をあげたんだったっけな?
(ハップ選手は昨日の試合勝ち投手になって、10-11のレコード)

それにしても、スターターの調子がいいのに、プレイオフにいけないというのは、やっぱりブルペンとオフェンスの問題かあ~。

あ、守備もそうですかね。
昨日はやっぱりヒッティングもよいとディフェンスもよくなるもんで、ピラー選手やポンペイ選手もいいキャッチを見せてくれていましたけれど。


昨日はブロウアウトでジェイズが大幅リードをしていたこともあって、ハップ投手の後、ルーキーのグレイヴマン投手とノーリン投手の二人が登板。

(ちなみにグレイヴマン投手、すごい名前だね・・・グレイヴってお墓って意味ですよ~)

二人とも1イニング投げて1アーンドラン。

ノーリン投手は9月のコールアップでジェイズに来て、ずっと前からプロスペクトとして名前はよく聞かれてたんですよね。
これがメジャーに来るのが初めてというわけではないんだろうけれど、今シーズンはコールアップされてからこれがはじめての登板ってことで、ずいぶん緊張してるようでしたねえ。
何かすごい汗かいてたし。

それでソロホーマーを許してしまったりもしてましたけどね。

マリナーズも9ヒットで4点入れてたし、普通の試合だったらそれでも十分勝ててたかもしれないわけでね。

でもマリナーズ、ここ最近、ジェイズと同じでプレイオフに進めてないチーム。
カノー選手が入ってきたり、キング・フィーリックス(確か今日登板)というエースピッチャーの投入で今年はワイルドカード争いにまでのし上がってきましたけれど、「ここ!」というところで勝てないのはやはりジェイズと同じで、プレイオフの経験不足だからなんでしょうかねえ。

ま、エースピッチャー一人、パワーヒッター一人だけでは勝てないってことですよね、やっぱり。

さて、ジェイズは一応数字としてはまだワイルドカードへの道は閉ざされていないということなんですが、とは言え、現実的に言えば、ほとんど無理。

対するマリナーズの方はオークランドとカンザス・シティが1ゲーム上回っていますが、2ゲーム差だから、まだ希望はありますよね。
(ちなみにジェイズはヤンキースにも抜かれて6ゲーム差・・・)

だからジェイズとしてはもうスポイラーの役に徹するしかないのかな。

ま、昨日の勝ちで油断せずに、そのまままた今日も勝ってくれるといいですね。
キング・フィーリックスが出てくるから、今日は昨日のようには行かないでしょうし。

でも久々の勝ち試合、見ていて楽しかった~!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月19日-21日、ニューヨーク・ヤンキース戦@ニューヨーク










***

ヤンキース戦が、やっと終わった・・・
1試合勝ったけれども、なんか見ていてつらいシリーズだったなあ~。

ヤンキースがホームで試合をするのが最後かなんかで、ヤンキース・ファンのジーター選手への賛美がすごくて、ヤンキースファンでないこちらは「もういいじゃないか」とちょっと思う。

素晴らしい選手なのは重々承知ですが、ヤンキース戦のたびにこれを見てると、ちょっと飽きてくるというのも本音。
でも、それもこれで終わりさ!

ジーター選手、お疲れ様でした。


で、ジェイズのことは・・・もういうことないです。
やっぱり田中投手のピッチに翻弄されてたしね・・・

とりあえず残りの試合、「勝ってくれ!」って言うくらいで。



あ、そうそう、ストローマン投手のサスペンション、6ゲームでしたか、アピール後、5ゲームになりましたね。
どうやらジェイズはスターターのローテーション替えをしてストローマン投手の登板機会を与えるようです。
しかもオリオールズ戦。

ちなみにストローマン投手、オリオールズのジョセフ選手に電話して和解したとか。
よかった、よかった。
これからは気をつけてくださいね。


おまけ
川崎選手とディッキー投手。なかよし!


イチロー選手とダン・ジョンソン選手もなかよしなのかな?ここで写真を発見。
試合中でも二人が言葉を交わしているのを見たけれど・・・


ではまた新しい週、頑張っていきましょう!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月18日木曜日、ニューヨーク・ヤンキース戦@ニューヨーク

2014年9月18日木曜日、ニューヨーク・ヤンキース戦@ニューヨーク


スターティング・ラインナップ

Recapはこちら


すいません、今日も短めになります。


あ~、ジェイズ、なんかもう勝てなくなっちゃってるのかな~。

昨日は8回にバティスタ選手のホームランが出て2点取ったけど、それだけ・・・

あきらめちゃったかね~。
試合の終わり方もエラーで点を与えて、だし・・・
やっぱり守備か・・・

でもピラー選手が昨日は守備でいいプレイを見せてくれましたね(ここここ)。
昨日はテレビで試合放送が見れなかったのでMLB.TVでニューヨークのブロードキャスト版を見ていたのですが、そこでもピラー選手の今までのナイス・ディフェンシブ・プレイが紹介されてましたよ。

まあ、実際にワイルドカードに手が届くかって言うと、もうほとんど無理なんですけどね。

私も夫も諦めモードで試合観戦しちゃってるしな~。

でもこのニューヨーク戦、4試合ですよ。
このまま負けムードを引きずらずにいてほしいな~。

その後はシアトルでしたっけ?確かこれも4戦。
シアトルもワイルドカード争いでジェイズの上位に立ってる手ごわい相手ですからね。

やっぱりカノー選手が入って、チームが活性化されたのかな?
今年は頑張ってますね~。

あ、それからジェイズ、このヤンキース戦、日曜日の試合では田中投手が復帰して対戦するそうで。

ジェイズは田中投手と対戦するのはこれが3度目だったかな?
でも多分また翻弄されそう・・・


最後にジェイズとオリオールズの確執がありましたが、その中でちょっといい話がここに載っていましたよ。
全部英語ですが・・・

では皆さん、よい週末を~!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月17日水曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@オリオールズ

2014年9月17日水曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@オリオールズ


スターティング・ラインナップ


すいません、ちょっと忙しいので、今日はかなり短めに・・・

オリオールズに惨敗のジェイズ・・・

オリオールズは2日前に勝って、ディヴィジョン・タイトルを獲得したから、若い何人かのポジションプレイヤーがスタメン。
それでも勝てないかぁ・・・

でも昨日の一番のニュースはマーカス・ストローマン投手の6ゲーム・サスペンションじゃないですか?

一応アピールするみたいだから、どうやら正式にサスペンションが決まるまでは投げられるみたいですけど。
その辺のルールは私も詳しくわからないんですが・・・
でも確かにAロッドの時も同じようなことがありましたね。

オリオールズのキャッチャー、ジョセフ選手の頭を狙ってボールを投げたことでのサスペンションですが、ストローマン投手はやはり「狙ったわけではない」と言い続けてますけどね。

で、昨日私が、じゃあバティスタ選手という特定の選手を狙っていつもボールを当てる、オリオールズのオーデイ投手が退場にならないのはおかしいと言っていたとおり、彼も罰金かなんかになるみたいですけどね。

まあ、ストローマン投手もこれがいい教訓になるでしょう。

で、昨日はサンチェス選手もオリオールズの選手にボールが当たっちゃって、一瞬嫌な雰囲気になってましたが、あれは全然狙ったわけではないですからね。

オリオールズの選手たちはかなり反応してましたけど。

こういうことになるから選手たちはやっぱり行動する前に考えないとダメですね。
だから、レイヤス選手、君がはじめたことですから、反省してください。
確かにジョセフ選手に指を踏まれて、腹が立ったでしょう。
もしかしてジョセフ選手はわざと踏んだのかもしれないしね。
でも、そこをぐっと我慢しなきゃ。

そのせいであなた、若いストローマン投手が勝手にああいう行動に出ちゃったわけですから。


っていうかさ、今そんなこと注目してる場合じゃないじゃん?
もうワイルドカード狙いもほとんど終わったようなものですが、でも最後の最後まで諦めない!!
だからこういうことで選手たちの気が散ったら困るよね~。

昨日のサンチェス投手なんかも、なんかかわいそうだったもの。


それにしても、ジェイズ、どうしたもんかねえ~。
オリオールズにまったく歯が立たず。

昨日はいつもは守備のいいゴーインズ選手もボールをキャッチできない場面があったりしたし、やっぱりチームの雰囲気が悪くなってるのかな~。

今日からはヤンキースとのアウェイ戦。
ここからまた勝ち始めて、なんとかワイルドカードへのチケットをつかんでほしいぞ!


では今日はいろいろプレイへのリンクとかできてませんで、すみません。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月16日火曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@オリオールズ

2014年9月16日火曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@オリオールズ


Recapはこちら


あ~、昨日の試合もジェイズ、負けてしまいましたね・・・

しかも、オリオールズがこの試合に勝ったことでAL EASTのディヴィジョン・ウィナーに決定。

なんか、去年もこういうセレブレーションの場に居合わせたよね、ジェイズ・・・

スポイラーになれなかったか~。
ちなみにスポイラーとはネタばれとか、楽しんでるところを邪魔するような人や行為のことです。
パーティー・クラッシャーとか言う言い方もありますね。

昨日のスターターはハッチ。
最初はちょっと調子悪そうでしたが、後に落ち着いて、11ストライクアウツも取ったんだけれど、やっぱり2本もホームランを許してしまいましたしねえ~。

ジェイズも1回表2回表にそれぞれ1点入れましたが、その後はまったく・・・

オリオールズは今シーズン獲得したスターターのヒメネズ投手が思いのほか調子が上がらず困っていましたが、この日のヒメネズ投手は最初こそやはり不安定でしたが、そのうちハッチ同様落ち着いていましたからね。

試合を見ていたら、解説者曰く、「ジェイズとオリオールズはナンバーを見るとそんなに変わりはない。でもどこに違いがあるのかと言うと、ブルペン」なんだそうで。

ああ、確かに、今年のジェイズのブルペンは頼りないもんな~。
スターターがよくてもブルペンに移るとだめになるって事が何度あったことか。

で、その素晴らしいオリオールズのブルペンなんですけどね。

2日前の試合で、レイヤス選手とオリオールズのキャッチャー、ジョセフ選手との確執で、ストローマン投手がジョセフ選手の頭を狙うかのようなピッチを投げてましたよね。

おかげで昨日の試合、レイヤス選手が打席に立つたびに、オリオールズファンからのブーイング。

で、8回表、今度はホゼ・バティスタ選手の打席。
オリオールズのピッチャーはオーデイ投手。

この二人は以前から確執があるのですよね。
確か1回だけでなく2度くらい、いやもっとかな?
どっちかというと、オーデイ投手のほうが執念深くバティスタ選手を嫌っているようなんですが。

で、やっぱり、バティスタ選手、ヒット・バイ・ピッチ。

大人気ないんじゃなーい、オリオールズ!

でもね、バティスタ選手はあんまり気にしてないようでそうなることは予想していた、と。
「でもどうせなら男らしくファーストピッチからぶつけてくればいいのに」的なコメント。

ははは、うん、そうね。
そしてボールが当たった後も、バティスタ選手、怒ったりせず。
そうそう、そうでなくちゃね。これが大人の対応ってもんですよ。

MLBはこのオーデイ投手のあからさまなバティスタ選手という特定の選手に対する攻撃のヒストリーがあるのに、なぜ彼を退場させないのかしら。

一応警告は出されてたけど、あれはちょっとフェアじゃないんじゃない?

まあ、バティスタ選手が相手の子供じみた行為に乗ってないからいいけれども。


それにしても、やっぱり他のチームがああいう風に勝って喜んでるのを見るのは嫌なもんですよね。
去年もそう思ったけど。
(ちなみにMLBのGamedayのヴィデオのページもオリオールズの祝いの場面ばっかり・・・)

ハッチもそんなこといってたけど、バティスタ選手は「まだワイルドカードの望みがあるし、きにしない」と。
ベテランはさすがだな。

他の選手も同じように、オリオールズの勝利の場を見て、「このぉ!」と思って、それをモチベーションにして残りのゲームに臨んでくれるといいんですけどね~。


昨日はピラー選手がスタメンでしたね・・・
彼、やっぱりストライクアウトも多いから、そろそろファンからも叩かれはじめましたね。
昨日も「ああ、なんでそのピッチに手を出す!」っていうのにバット振ってたからね。


そうそう、ジェイズのジェネラル・マネージャー曰く、来年もメルキーがジェイズに留まるようにオファーはするような話をしてましたよ。
とは言っても、そこからどうなるかはわからないし、いつも通りかなりあいまいな受け答えをしてたからな~。
どのフリーエージェントになる選手ともちゃんと交渉はするつもり、みたいなね。

でもメルキーだけは残しておきたいよな~。
本人もトロントに留まりたいって言ってるって言うし。
そしたらね、ピラー選手のことを心配する必要もないんだし・・・

センターはラスマス選手は悪いけど諦めて、ゴース選手をいれればいいし。
ゴース選手、昨日は素晴らしいキャッチでホームランを阻止しましたね!)

とはいっても、どうかな~、ジェイズは若い選手、ピッチャーの場合は違うけど、ポジションプレイヤーになると、いきなり対応が変わって忍耐なく、ちょっとだけのチャンスで結果を出すようなことしか求めてない感じだしね。

やっぱり若い選手を育てるには忍耐が必要でしょう?
ちょっと打てないからってすぐ交代させちゃったら、そりゃいつまでたったって打てないでしょ。

リンド選手だって、左投手が打てないから、といって左投手の試合だとスタメンを外されますけど、ジェイズはずっとそんなことしてたからいつまでたってもリンド選手、レフティーの苦手から克服できないんじゃない?

練習でいくらレフティーと対戦しても、やっぱり本番での経験を積まなきゃねえ。

ジェイズのマネージメントはそのいかにもその場限りの感じがしてなあ~。


・・・ともう負けが続いてるからいいこともあんまり言えませんね・・・

今日もオリオールズ戦。
今日こそは勝ちたいぞ!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2014年9月15日月曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@ボルティモア

2014年9月15日月曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@ボルティモア


Recapはこちら

スターティング・ラインナップ


あ~、昨日の試合も、負けちゃいましたね~。

うーん、やっぱりここってところで点が入れられないなあ~。
やっぱりホームランが出ないと勝てないのか・・・

っていうか、昨日、スターターのストローマン投手が、ちょっと不調でしたね。
一応6イニング投げてましたけど、9ヒッツ、5アーンドランズ、2ウォークス、3ストライクアウツ。

もともとのローテーションではストローマン選手はおととい登板の予定だったんですが、それをバーリー投手とスウィッチ。
というのも、まずバーリー投手とレイズの相性がよかったこと、あとオリオールズがまだストローマン投手と対戦したことがなかったから。

が、その思惑はうまく行きませんでしたねえ~。
オリオールズはこのまだよくわかっていないストローマン投手相手に、どんどん打っていたものなあ~。

ジェイズも1回表にヒットをつなげて1点入れるものの、後は5回に1点追加したのみ。

で、気になったのが、ストローマン投手の行動。
上のMLBの記事ではまったく取り上げられていませんが・・・

まずもともとはホゼ・レイヤス選手がヴァレンシア選手のシングルでホームに入ったとき、オリオールズのキャッチャーのケイレブ・ジョセフ選手がホームプレートをブロックし、レイヤス選手の指を踏んだんだそうで。
レイヤス選手はそれでこのケイレブ選手や審判に抗議するような感じだったんですね。

これに対し、ストローマン投手、次のイニングで、ジョセフ選手の打席のファースト・ピッチ、彼の頭を狙うかのようなボールを投げます

審判はすぐに両チームに対して警告。というのはやはりこれどう考えても、ストローマン選手、わざとやったとしか思えないですからね。

で、テレビでは映っていませんでしたが、きっと両チーム、そのときにやはり反応したのでしょう。

このイニングが終わり、ストローマン投手がダグアウトに向かうとき、オリオールズのダグアウトのほうを見たら、オリオールズの選手たちもこれに反応して、ストローマン投手にいろいろ罵声を投げかけたそうで、ストローマン投手もなにか応えたようでして・・・

オリオールズの選手たちはダグアウトのレイリングを乗り越えて、乱闘になるか、と言う感じだったのですが、
オリオールズのバック・ショーウォルター監督が出てきて、審判に抗議。

ショーウォルター監督もずいぶん怒ってましたねえ。

まあ、ちょっと前にも何人かのバッターが顔にボールが直撃したりしてましたからね。
確かに危険。

これはジェイズファンとしてもやっぱりどうかな~、と思う。
もともとはオリオールズ側がはじめたことなのかもしれないけれど、頭を狙うのはダメでしょ。

この辺がやっぱり若い選手だと不安ですね~。
彼としてはレイヤス選手のため、とか思ってやったのかもしれないけれども、大人気ないわな。
そういうところで反撃するんじゃなくて、悔しいのなら、どんどんストライクアウトとったらいいじゃん。

その後、ストローマン投手にとって兄貴分のバーリー投手がダグアウトで彼に話しかけている姿が映し出されていましたけど。

でもストローマン選手、もちろんメディアには「ボールが手から滑っただけ」と狙って投げたとは言いませんけどね。
ま、そりゃそうか。


ま、負けたし、もうこれ以上あまり言うこともないかな~。

あ、昨日は2日前にナイスタイミングでホームランを打ったジョン・メイベリー選手がライトフィールドで初めてスタメン起用されていましたね。

ま、対戦相手がレフティーって言うのもあったと思うんですが。
だからいつもとは違うラインナップでしたね。

あと川崎選手の打席のとき、ファウルボールがジェイズのダグアウトに飛んでいって、トーリセン選手の手首にあたったようで。

一応まだDay to dayということになっていますけれど、大事に至らないといいですね。

あと、これ、上のストローマン騒動の後だったので、オリオールズのダグアウトに飛んでいかなくてよかったかもね。
ま、狙えるようなものではないですけれども・・・


それから、ここでお伝えしたジェイズのクラブハウスにタイガーの赤ちゃんが来たって言うのに対し、動物愛護団体のPETAが反応して、抗議したそうで・・・

動物好きのバーリー投手の計らいだったのにねえ。
とんだ裏目に出ちゃいましたね。


さて、今日もオリオールズ戦、何とか勝ちたいですよね~。
オリオールズはマニー・マチャード選手もいないし、マット・ウィーターズ選手もDLだし、クリス・デイヴィス選手はご存知試合に出られないし、主要選手が抜けているのに関わらず、それを感じさせない試合をしてるものなあ~。

やっぱりね、今年AL EASTで飛びぬけてトップに立っているのもうなずけますよ。

ジェイズは昨日もポップアップを3人が追いかけて、誰もキャッチできなかったりというミスがありましたしね。

なんとか気持ちを入れ替えて後残りの2戦は勝ちたいなあ~。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
502位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。