スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年4月28日火曜日、ボストン・レッドソックス戦@ボストン

2015年4月28日火曜日、ボストン・レッドソックス戦@ボストン

スターティング・ラインナップ






Recapはこちら


昨日は更新できずにすみません。

ジェイズはアウェイになってからレイズにはスウィープされ、レッドソックス初戦も勝てず、4連敗。
が、昨日はようやく勝てましたね!

でもその前に、レイヤス選手、またDL・・・
なんかもうちょっとかわいそうになってきますね。
もともとがっしり系の体型ではないし怪我しやすそうに見えますけれども、それにしても毎年4月にDL入りとなるとなあ・・・

そのレイヤス選手に代わってチーム入りしたのがジョナサン・ディアズ選手。
川崎選手だったらよかったのになー。

でもジェイズはすでにゴーインズ選手がいますし、今年は調子のいいゴーインズ選手、昨日も5打席中2ヒッツ
打率は.269。
はい、はい、わかってます、彼のこの数字はすごく限られた試合数の中だってことは。
でもやっぱり去年に比べたらスプリング・トレーニングからずっといい感じです。
なのでレイヤス選手がいない間(一応15 day DLということになっていますね)もそんなに心配ないんじゃないでしょうかー。

昨日はバティスタ選手のホームランとドナルドソン選手が田沢投手からもホームランを打ちとってましたが、基本的にはヒットをつなげて得点を重ねることができていましたね。
17ヒッツということでスターティング・ラインナップ全員がヒットを出していました。

まあ、レッドソックスのリリーバーのムヒカ投手による2つのボークで得点をもらったりもしてましたけれども。

昨日のスターターはハッチソン投手。
うーん、調子がよくなかったですねえ。
4イニング投げて9ヒッツ、6アーンドランズ、5ウォークス、ノーストライクアウト。
2回に4点入れられて、「あー、これは・・・」と嫌な予感がしていましたが、次の3-5回にジェイズが計9点も入れてくれましたからね。

とは言え、そうでなければ負けてたかもしれない試合。

ハッチは前回の登板はとてもよかったんですけれどもねえ。
まあ彼も若いですからね。
次回に期待しましょう。

それよりもループ投手、今年はほんと不調ですね。
昨日も.2イニング中3ヒッツ、2アーンドラン・・・

シースル投手は昨日は久々クローザーとして登場、なんとかセーブしてくれましたね。
とは言えこの二人はやっぱりまだ心配。

昨日はロングリリーバーとして登板したエストラーダ投手がなかなかいい活躍をしてくれていましたね。
スプリング・トレーニングでは怪我でなかなか彼のパフォーマンスを十分に見ることができなかったですが、ブルペン入りしての今シーズン、今のところは安定したピッチングのようですね。

もしジェイズがサンチェズ投手をスターターとしてではなく、ブルペンに戻すことになったら彼がスターターとして投げる可能性は大きいでしょうね。


ヒッティングのほうでは、バティスタ選手がホームランを出したとは言え、もうちょっと頑張ってほしいなあ。
あとはエドウィン・・・
昨日は2つヒットが出ていましたが、やっぱりこの二人にはもうちょっとコンスタントに打ってもらわないとねえ。

そういう意味でドナルドソン選手、いやあ、すごいですね
そしてトラヴィス選手も

今ジェイズのスターティング・ラインナップ順で打率を見ていくと、ラインナップの始めと終わりがよくて、真ん中が低いという。

でもマーティン選手も打つようになってきたし、同じくカナディアンのマイケル・サンダース(聞くとやはりソーンダースというより、サンダースという感じですね)選手もようやく昨日初ヒットがでましたね。

ピラー選手ももちろん引き続き打っていますし、エブリデイ・プレイヤーでないヴァレンシア選手やゴーインズ選手もいい打率なので、そういう意味ではパワーヒッターが打っていなくても何とかなっている?のかもしれませんが、でもやっぱりミドル・オブ・ラインナップがこのままだとやっぱりやばいでしょう。

バティスタ選手の肩も気になるし・・・

昨日はポンペイ選手が前日の外野でのキャッチで首のむちうちみたいな症状があったのもあるし、ヴァレンシア選手がいい活躍をしているのもあって(今の打率.455)、昨日は一日休ませることになったそうで。

彼もちょっとスランプっぽい感じになってましたけれど、こういうときこそ毎日プレイして感覚をつかんでいってほしいですねー。

サンダース選手が入ってきて、今はバティスタ選手がDHだからいいけれど、彼が戻ってきたらわからないですからねー。


ということで、今日もちょっとこのくらいで。

たくさんのRBIのシーンなどはこちらで見ることができますのでー。

では、今日の試合勝って、シリーズもWで終わらせてほしいですね。
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月25日土曜日、タンパベイ・レイズ戦@タンパ

2015年4月25日土曜日、タンパベイ・レイズ戦@タンパ

スターティング・ラインナップ






Recapはこちら


うーん、ジェイズ、レイズ戦なんとスウィープされちゃいましたね。

昨日、日曜日の試合は私見ておりませんでしたので、土曜日の試合のことを。
今日はすいません、ちょっと短めでございます。

私たち夫婦が注目しているノリス投手登板。

「デッド・アーム・フェイズ」から抜け出したようで、22歳の誕生日のこの日、なかなかいい登板でしたね。
7イニング投げて、5ヒッツ、1アーンドラン、3ウォークス、7ストライクアウツ

本人は「今週ずっと試合で投げるまで、どうなるかドキドキしてた」とのことですが、「2回以降、何かが変わって、普通に戻った」ということで、7ストライクアウツですからね。
よかった、よかった。


ジェイズもレイズ1回から1点入れてどうなるか?と思いましたが、7回表までは1-1のタイのまま。
ラッセル・マーティン選手がソロホームランを打って2-1でリード、この時点では勝てる!と思ってました。

バースデイ・ボーイのノリス投手も勝ち投手というバースデイ・ギフトを得られるのでは?と。

が、ジェイズのブルペンがまた、ブロウしちゃいましたね・・・

オスナ、シースル、カストロの3人がそれぞれ短い登板の中で1アーンドランとなってしまい、結局4-2で負け・・・

オスナ・カストロの二人はまあ仕方ない。
特にオスナ投手はずっといいアウティングだし、カストロ投手はちょっと最近打たれてきていますが、まあ若い二人ですからね、ここそこで打たれるでしょうし、たまにはスランプってこともあるでしょう。

でもシースル投手・・・7.20というERAですよ。
どうしたかなあ。

いつも8回にやられることの多いジェイズ、やっぱりブルペンが不安ですねえ。


この日、マイケル・ソーンダース選手がジェイズとして初めて試合参加。
特に目立った活躍はなかったですねえ。

ただ前日でしたか、レフトフィールドを任されたトーリソン選手がエラーを出し、やはりもともと外野じゃない選手を使うのは怖いですね・・・

それで彼、オプションが残っていなかったので翌日かなDFAとなりましたね。
いろんなポジションを守れて(しかもピンチの時はピッチャーにもなれる)便利と言えば便利ですが、どのポジションでも際立っているわけではないからなあ・・・


あ、それよりもっと大きなニュースは、ジェイズ、元エース・スターターのリッキー・ロメロ投手をリリースしましたね。
まだ今年いっぱいの契約が残っていたのですが、去年膝の手術をし、今年まだ試合に出られる状態にもなっておらず、GMはこれ以上待てないということでのいわゆる解雇。

だって今年も8ミリオン近くのサラリーですってよ!
誰がまさか元オーススターのエースピッチャーがこうなると思ったか・・・

ジェイズはそれ以来あまり長いコントラクトをしなくなりましたよね。
リッキーにマイナーで(しかも登板もしていないのに)1年8億も払うなら、メジャーで頑張ってるトラヴィス選手とかに1億くらいあげてもいいんじゃない?

それより、この8億でいいブルペン投手を一人、いや二人くらい獲得できそうですものねえ。

まあ、リッキーだってずいぶん辛い数年を送ったはずで、それでもポジティブにプレイし続けていましたよね。
膝が完治したらまたどこかでプレイできるといいですねえ。


そしてジェイズがトーリソン選手の前にDFAにしたトッド・レッドモンド投手ですが、ウェイヴァーをクリアしてバッファロー行きになるそうです。


さて今日からはジェイズはボストン戦。

ボストンはジャイアンツからパンダことサンドバル選手を獲得。
去年は若いセスペデス選手も加入しましたしね、「打つぞ!」という気まんまんのチームですね。
ベテランのスターターを放出してまで打てるヒッターを揃えてますからね、また今年はチャンピオンになった時みたいになりかねないです。

そしてジェイズは今日はサンチェズ投手の登板かー。
ちょっと不安ですが、スウィープ後ですからね、ここで勝ってまたリズムを取り戻してほしいですね。

では今週も皆さん、頑張りましょう!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月23日木曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@トロント

2015年4月23日木曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@トロント

スターティング・ラインナップ




Recapはこちら




ジェイズ、やりましたね!
このオリオールズ・シリーズ、スウィーーープ!!!

特にオリオールズとのテンションが高まったシリーズだけあって、特に嬉しいスウィープ。
が、次、オリオールズがどんな動きをしてくるかがちょっと怖いですねえ。

昨日はドナルドソン選手のホームランがありましたが、それ以外はダブルで得点という場面がいくつかありましたね。

こうやってヒットをつないで得点を重ねていくと言うプレイをジェイズの試合ではもっと見たいです。

レイヤス、エンカーナシオン、ポンペイ選手の3人はヒットが出ませんでしたが、それ以外の選手はみなヒットが出ていましたね。あ、スモーク選手もかな?

昨日はホームランだけでなく、ドナルドソン選手、4打席2ヒット、2RBI。



ピラー選手、トラヴィス選手もいつもながらよかったですね。
守備でもまたよかったし、RBIも出てました
まあ、ダブルでなく、トリプル狙いでアウトになってしまうと言う場面もありましたけれど。
マーティン選手もゆっくりとですが打ってくるようになりましたね。

レフトフィールドに初登場したダニー・ヴァレンシア選手もいい活躍をしていました。
彼もダブルでRBI獲得していましたね。
彼はレフティ専門みたいに思われがちですけれど、ライティ相手でもちゃんと打ててますね。


でも何よりもスターターのハッチソン投手、昨日は8イニング投げて4ヒッツ、2アーンドランズ、ノー・ウォーク、7ストライクアウツ、1ホーマー

ジェイズのスターターはシーズン始まって7イニング投げれている投手が少ない(ディッキー投手のみ)ということで、ちょっと大丈夫かなあ、と言う感じなんですが、昨日のハッチはとてもよかったですね!

もしかしたらノーヒッターか?とも思われましたが、マチャド選手のホーマーが出ちゃいましたね。


でも、7つもストライクアウトが出てたし、このままの調子で行ってくれるといいんだけれどなあ。


ただ、ジェイズは3-5回に集中して得点を稼ぎましたが、その後オリオールズも挽回してきて後半6点も入れてきましたからね。

9回には4点も入れられてるし・・・

そういう意味でやっぱりブルペンがなあ・・・

昨日はヘンドリックス投手とカストロ投手が登板。

オプションが残っていないからチームに残れたと思われているヘンドリックス投手が、意外にも(失礼!)今シーズンなかなかいいアウティングをしてくれていましたが、昨日は.1イニングで3ヒッツ、3アーンドラン。

カストロ投手もホームランを許してしまいましたが、でも最後はきっちり決めてくれてましたからね。
彼のことはそれほど心配していません。
若いですからもちろん全然ダメ、と言う日もそのうち出てくるとは思いますが、今のところはルーキーとは思えない堂々とした投げっぷりですよね。

昨日も最後のアウトを取った時、普段は冷静そうな彼が、ずいぶん感情を出してましたものね。

そういうことで、勝ったけれど、やはり課題は残る試合だったのではないでしょうか。

先に得点をどどんととっても、後半ちょっと緩むのか、相手にも得点を許すと言う感じですものね。
そのへんは次のシリーズで対戦するレイズみたいなしつこいチームとの場合は危険ですからねえ。


そして昨日、2日前の試合で途中退場していたナヴァロ選手、ハムストリングの故障で15Day DL入りと発表されましたね。
本人はポジティブで、1-2週間で戻れるんじゃないか、と言っているようなんですが・・・


その彼のDL入りにより、バッファローからジョシュ・トーリ選手がチーム入り。


今日のレイズ戦初戦はディッキー投手の登板なので、トーリ選手がキャッチするそうです。

とは言え、トーリ選手がまたディッキー投手専属キャッチャーのようになるかというと、そういうことでもないようですね。
マーティン選手はディッキー投手もちゃんとキャッチできているので、マーティン選手を休ませたい時にトーリ選手がプレイする、ということになるかもしれませんね。

今日の試合も昨日の試合のあと、タンパへ移動というのもありますから、マーティン選手を休ませるのにちょうどいいということで。

あ、あとギビー曰く、バティスタ選手、DL入りはなんとか逃れられそうだ、と言う話なんですが、まあまだはっきりしたことはわかっていません。

ドナルドソン選手が打ってくれているし、ピラー、トラヴィスの二人も頑張っているからいいものの、エドウィンが打てていないので、やはりバティスタ選手がいてくれると安心ですしねー。


昨日はオリオールズの先発、ティルマン投手、調子がよくなかったみたいですね。
それでも5イニング近く投げさせていたのにはびっくりしましたが・・・


さ、ではこの調子でレイズ戦も頑張ってほしいですね~!

こちらはまだ金曜の朝ですが、日本はもう金曜の夜ですね。
と言うことで皆さん、よい週末をー。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月23日水曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@トロント

2015年4月23日水曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@トロント

スターティング・ラインナップ



Recapはこちら




昨日の試合、負けるかな、と思ってたんですが(すいません)、勝ちましたねー。

サンチェズ投手、3度目の登板で、今日はどうなるかな?と思っていましたが、まだまだ不安定さは残るものの、なんとか6回まで投げてましたね。
昨日の彼のレコードは5.1イニング投げて、2ヒッツ、2アーンドランズ、7ウォークス、4ストライクアウツ、1ホームラン。

7つもウォークが出てたのが痛いですが、その代わり、2ヒッツしか打たれていない、という。
まあ前2回の登板に比べれば、ところどころ、本来のいいピッチが決まったりしてなんとかアウトにできたからなのかな?
それともオリオールズのバッターがよくなかったというだけなのか・・・

とはいえ、やはりまだ経験不足というか、こころもとないですね。
あと2回くらいのスターターとしての登板を見てみないとなんとも言えないでしょうが、今みたいな感じでピッチし続けていると、ブルペンに下げられちゃう可能性もなくはないよなあ・・・

O'sのキャッチャー、ケイレブ・ジョセフ選手の頭上を通り抜けるピッチも出て、一瞬ヒヤッとした場面もありましたが、特にテンションが高まるようなこともなかったのでよかった。


昨日はオリオールズとの確執はいかに??と思いましたが、バティスタ選手、肩に異常というか痛みがあって昨日は試合に出ていませんでしたね。

昨日はオーデイ投手が登板していたので、バティスタ選手がプレイしてなくてよかったかも。
オーデイ投手も代わりに誰かをヒットするかな?と心配してましたが、大丈夫でしたね。

バティスタ選手の腕はここ1週間くらい痛かったようなのですが、一昨日の試合で悪化したんだとか。

ギビーはもともと彼を昨日休ませるつもりだったけど、どっちにしても悪くなってDL入りになるより、今のうちに休ませて治したいということだそうで。

なのでここ数日は多分彼はプレイしないでしょうね。
その間によくならない場合はDL入りもありうる、と・・・

ソーンダース選手が金曜日には戻ってくるということですから、それを見越して、なのかな。

とはいえ、バティスタ選手が抜けるのは痛いよなあ~。

レイヤス選手も昨日、いいプレイをしていましたが、左上半身を押さえるシーンも見られて、やっぱりまだ気になるし。
なんにしろ、怪我してしまったらどうにもならないですからね。


で、そのバティスタ選手の代わりにゴーインズ選手がメジャーの試合では初のアウトフィールダーとしてスーターティングラインナップ入り。

でもレフト・フィールドね。
ライトへは代わりにピラー選手が移動。

スプリング・トレーニングでゴーインズ選手、何度かアウトフィールドも守っていましたけれど、やはり昨日は本格的な試合では初ってことで、ちょっとエラーも見られましたが・・・


そしてデヴォン・トラヴィス選手が試合復帰。
で、やってくれましたね、ホームラン


いやあ、彼、やっぱりすごいわ。

そして「今日プレイできたのは、チームのトレーナーの二人のおかげ」とどこまでも謙虚!

すでに今シーズンホームラン4本も出て、パワーヒッターのバティスタ、エンカーナシオンと並んでいますし、アヴェレージでは.388でチームのトップ。

昨日は初の盗塁も出ていたし。

そして守備でもやはり彼、いいですね。
昨日もいいダブルプレイが出ていましたし。

おとといは代わりにこれまた守備のいいゴーインズ選手が出ていましたが、やはりセカンドかショートに一人はきっちり守備のできる選手がいると安心ですね。

レイヤス&トーリソンというコンビはそういう意味でちょっと不安が残りますし。

このまま頑張ってほしいですね。


そして昨日はジャスティン・スモーク選手もジェイズとしては初のホームランが出ました。


もともとどっちかというとホームランか空振りか、というタイプのバッターっぽいので、いつかはどーんと打ってくれるだろうと思っていましたが、今まであまり目立たなかったですね。

まあエドウィンとファーストベースをシェアしていて、毎日ファーストベースでラインナップに入っているわけじゃないですから、なかなかタイミングをつかんだりするのも難しいのかもしれませんが。

でも昨日は守備でもいいプレイを見せてくれていましたね。


オリオールズはヒメネズ投手がスターター。
オリオールズに移ってから不調でしたが、今シーズンは本来の調子を取り戻したようで、手ごわいピッチをここそこで投げてくる投手。
5つもピッチがあるんだものねえ。

確か前回ジェイズが彼と対戦した時はあまり打ててなかったと思うんですが、昨日はジェイズ、ちゃんと打てるようになってましたね。

とは言え、彼も6つもストライクアウト取ってましたが・・・


ジェイズは昨日はオスナ、シースル、カストロの3人がブルペンから登板。

シースル選手がやっぱり気になりますねえ。

オスナ投手はもうしっかりブルペン投手として板についた感じ

カストロ選手はこれで3つ目のセーブを獲得、だったかな?



とにかくこれでオリオールズ・シリーズの勝ちは確定。
せっかくなのでスウィープしてほしいぞ!


おまけ
いつも楽しそうにプレイしているレイヤス選手。
ダグアウトのカメラに気がついて、こーんなことしてます。お茶目。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月21日火曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@トロント

2015年4月21日火曜日、ボルティモア・オリオールズ戦@トロント

スターティング・ラインナップ






Recapはこちら


えー、昨日の試合、全部は見ていなくて、半分くらいかな、見ていました。
というのはNBAのトロントのチーム、ラプターズがプレイオフで昨日試合があって、そっちも気になっていたのでー。
残念ながらラプターズは昨日負けてしまったのですが(頑張れ、ラップス!!)、ジェイズはすごかったですねえ。

エドウィンは2本もホームランを打ちましたね。


しかもそのうち一本はロジャース・センターの5thデックに届くローング・ボール!

っていうか今年のMLBのTwitterのこのGIFのは、どうだろ?
何で普通の動画にしてくれないのかなあ。

そういうことでちゃんとしたのが見たい方は上のリンクをクリックしてください。

そしてオリオールズとジェイズといえば、バティスタ選手とO'sリリーバーのオーデイ投手との因縁が有名ですが(苦笑)、もうなんだかチーム間の因縁になってきている感じですねえ。

昨日もバティスタ選手のアト・バットでジェイソン・ガルシア投手が以前オーデイ投手がしたように、バティスタ選手めがけたピッチが出ました

その後、バティスタ選手、「それならば」ということで、やってくれましたね、ホームラン


ショーウォルター監督はガルシア選手はルーキーだし、これはアクシデント的なコメントをしていましたが、バティスタ選手は「それはいいわけで、マネージャーがきっとプランしているはず」と。

「今日はそれだけじゃなくゴーインズも死球を受けた。それまでO'sのピッチャーはちゃんとストライクゾーンに投げてたのに、いきなりピッチがそれたっていうのかい?」と。

そしてバティスタ選手がホームランを打ったあと「どうだ!」といわんばかりのジェスチャーでいたのが気に入らなかったアダム・ジョーンズ選手がバティスタ選手に一声浴びせたり、バティスタ選手も走っている時にライアン・フラハティー選手とも言葉を交わしていなかったかな?

アダム・ジョーンズ選手曰く、「バティスタ選手はリスペクトが足りない」的なコメントをしていて怒っていたのですが、バティスタ選手は「ジョーンズ選手が先に言い出した。でも彼が何を言っているかはどうでもいい」とさらりと流していましたね。

まあ、そうでしょうねー、だってどう考えても、オリオールズ、ジェイズに対してあててやろうとしてる感じですものね。

バティスタ選手が「オリオールズはMLBが何か言い出すまでやり続けるだろうよ」と言っていますが、多分そうでしょう。

それぞれの選手や監督のコメントはこちらで見ることができます。

10985326_10205691777485946_5102736859026797013_n.jpg

(せっかくなので日曜日にもらったボブルヘッドとともにTV観戦していた時の写真を・笑)

でもリスペクトが足りないのはオリオールズのほうじゃないかなあ。

ショーウォルター監督はこれについて「話したくない」といいつつ、ガルシア投手がルーキーといういいわけをしていたしね。

O's、やなチームだなあ。

今日明日もまだオリオールズ戦がありますが、またオーデイ投手をバティスタ選手と対決させるつもりですかね。
ショーウォルター監督がスマートだったら、それはさせないはずだけどな。
だってもしまたオーデイ投手がバティスタ選手に死球を与えたり、与えようとしたら、MLBは黙っていられないでしょう。
そうなるとオーデイ投手はサスペンドを1試合か2試合は最低でも喰らうでしょう。
オーデイ投手が全体的にどういう結果を残していて、いい投手なのかどうかはわかりませんが、どっちにしても監督としては選手をサスペンドさせることは避けたいはず。

でも、ここまでこうやってジェイズ狙いしてるから、わからないかもなー。

10345576_10205691777125937_3293962765115964636_n.jpg

(懲りずにもう一つ・笑)


と、まあ話を元に戻しましょうか。

昨日はホゼ・レイヤス選手が戻ってきて、トラヴィス選手はまだ死球を受けたところが痛むということでラインナップに名を連ねていませんでしたね。


代わりにゴーインズ選手がセカンド。

そのゴーインズ選手が、昨日いい活躍をしていましたねー。
4打席中2ヒット、3RBI。

2回裏にシングルで2RBIを獲得。

続く3回裏でもシングルでまたRBI。

守備でもいいホームプレートへのスロウを見せてくれていましたね。


そしてケヴィン・ピラー選手!
いやー、彼もまた素晴らしい守備


彼は昨日も2ランシングルが出ていましたしね、ソーンダース選手が戻ってきても彼をベンチに引っ込ませるというわけには行かないんじゃないですか??

そのソーンダース選手、早ければ金曜には試合に出るという話。
そしてその場合はスターティング・ラインナップに入る、と・・・

ポンペイ選手をベンチ入りさせるのかなあ?
ポンペイ選手、昨日は4打席3ヒットだったし、日曜日みたいに「怖がって」のプレイはなく、本人もこの日はとてもいい感じでプレイできたと言ってましたよね。

それから気になるのはナヴァロ選手。
昨日はDHで試合参加で彼も5打席中3ヒットという素晴らしい数字。
が、ランニング中に足を痛めたのか、試合を途中退場

その後、彼のことについてどうなったのかまだオフィシャルのコメントは出ていないのかな?
大丈夫ならいいのですがー。

トラヴィス選手も今日か明日には試合に戻れるって話ですけれど。


もう一つ気になるのはリリーバーのループ投手。
このシーズン始まって以来、ちょっと不調が続いてますねえ。
今のところERAは5桁だし。
まあそのうち安定してくるかしら。


昨日のスタートはバーリー投手。
6イニング投げて、8ヒッツ、3アーンドランズ、1ウォーク、2ストライクアウツなので、ぎりぎりクォリティ・スタートと呼べるところでしょうか。

8ヒッツは多い気がするけれど、まあストライクアウトの投手じゃないですからね。

彼が投げる日はジェイズのバットがうなって、たくさん得点するんですよね。
そういう意味でラン・サポートに恵まれて、今シーズンは彼のピッチャーとしてのW-Lは3-0。

ジェイズは打つときはすごく打って、昨日も13-6でしたけれど、でも問題は今日です。

以前も同じようにばーっと高得点だして、その後勝てなかったですからね。
今日もちゃんと勝てないと。

しかもなんだかんだ言って、オリオールズも6点も入れてますからね。
普通の試合だったら6点入れられたら負けててもおかしくないわけで。

やっぱりジェイズはホームランなしでも勝てるようなボールゲームをしないと。

昨日はオリオールズの守備の悪さでもらった点も多かったですしね。
元ジェイズのトラヴィス・スナイダー選手がよくなかったですねえ。
ロジャース・センターでプレイしていた頃のことを覚えてないのかしらー。


で、今日はサンチェズ投手の登板です。
正直、ちょっと不安ですねえ。
今日彼、それなりのコントロールのよさを見せてくれないとね。


あ、それから日曜日、これまた不調だったノリス投手ですが、ジェイズは大事を取って彼の腕のMRI検査をして、「デッド・アーム・フェイズ」に本当に異常がないかのチェックをし、大丈夫だったとのことで。

すでに腕の調子はよくなってきている感じ、と本人は言っていますが、どうなりますかねー。

そういえば昨日の試合、オリオールズのスターターはバッド・ノリス投手で、彼も今シーズン、不安定ですねえ。

そのうちO'sのノリス投手とジェイズのノリス投手の「ノリス対決」が実現するのかな?
そうなったら、ややこしいけど。

では、今日も勝ってほしいですねー。
そして、O'sがジェイズの選手の頭に死球を出したりしませんように・・・

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月19日日曜日、アトランタ・ブレーヴス戦@トロント

2015年4月19日日曜日、アトランタ・ブレーヴス戦@トロント

スターティング・ラインナップ




Recapはこちら

はい、ということで、昨日のブレーヴス戦、私、ロジャース・センターで観戦してまいりました!

なのに、5-2で負け・・・

うちらが観に行くといつも負けるなあ・・・

試合の詳しいことはあとにして、とりあえず試合観戦記的なことを先に。

150419_cnt.jpg

この日もちょっと肌寒いですが、いい天気。
ロジャース・センターのすぐ隣にあるCNタワーも青空に映えて、まさに野球観戦日和?

が、やっぱりちょっと寒かったのと、後に雨の予報もあったので、ドームの屋根はこのようにずーっと閉まっていましたが。

IMG_3997.jpg

この日はホゼ・バティスタ選手のボブルヘッド・デイというスペシャル・プロモーションの日でした。
私たちはそれを狙ったのではなく、ノリス投手の登板がみたいね、と言うことで週末に彼の登板になりそうな日を選んだら、ちょうどボブルヘッド・デイと重なったと言う。

150419_gbh.jpg

先着2万人がもらえるということで、正直言うと私はこういうのはどうでもいいのですが、夫はせっかくこの日に観戦に行くなら欲しい!というので、試合2時間前にロジャース・センターに到着。

が、もうすでにたーくさんの人が並んでいまして・・・
↓こんな感じで。

これじゃ、ボブルヘッドは無理かな、と思ったんですが、もらえたんですよー。

ま、それはあとでまた話しますね。

いつも試合観戦に行く時は試合30分前とかに到着してたので、たまーに対戦相手のBPの終わりが見られるくらいだったのですが、昨日は私たちが行ったとき、まだジェイズのBPもやっていました。


100レベルの席だったのですが、それでもズームしてこれくらいの写真しか撮れず↓

150419_BP1.jpg

それでもスーツジャケット姿のジェイズのブロードキャスターのバック・マルティネズ氏(パット・タブラー氏もここでは映っていませんがいました)の姿も見ることができます。

あとほら、ラッセル・マーティン選手が左側にいるの、わかりますか?

普段は1時開始の週末の試合だと、ジェイズのBPは11時から始まるそうです。

そして対戦相手のBPは11時40分くらいからだとか。

なので私たちもブレーヴスのBPは最初から最後まで見ていました。

150419_BP2.jpg

BPの始めはフレディ・ゴンザレス監督自らピッチしていましたよ。

150419_BP_FG.jpg

コーチ陣のみなさんもコーチ同士でキャッチボールしたり。

去年はヒューストン・アストロズの監督だったボー・ポーター氏、今年はブレーヴスのコーチに就任したんですねえ。
彼もいましたよ。

そしてブレーヴスのBP中、ジェイズのダグアウト付近にはファンが群がり、多くの人がサインをねだっていました。
その中で長くサインをしてあげている様子が見えたのはロベルト・オスナ投手。
多分他の選手もいたんだと思うんですが、私たちはダグアウト近くの席でもなかったし、近くにも行かなかったのでよくわかりませんでしたが。

そして試合開始!

150419_g1.jpg

ノリス投手、うーん・・・調子よくなかったですねえ。

1回表からヒットをいくつか取られ、守備にも恵まれず、いきなり3点取られてしまいましたし・・・

彼曰く、腕に痛みとかはなく、「デッド・アーム・フェーズ」ということで、以前もそういうことがあったと。
このフェーズはそろそろ終わればいいけど、と言うことですが、ほんとそうね・・・

150419_DN1.jpg

私たち、前回試合を観に行ったのが2年前のシーズン。
去年はバタバタしていてまったく試合観戦に行けず。

行くといつも「思ったよりフィールドが狭いなあ」と感じます。
テレビで見てるとすごく大きく見えるんですけれどね。


そしてここから試合についていつものように。

のっけから3点取られただけでなく、トラヴィス選手、ブレーヴスのスターター、シェルビー・ミラー投手による死球で試合退場に。

肋骨打撲ということでとりあえずはデイ・トゥ・デイ。
ギビーによると今日は試合がないオフ・デイなので休んで、火曜日の試合には出られるんじゃないかということなんですが・・・

ちなみに心配されたホゼ・レイヤス選手も同じく火曜日には出場できるのでは、と言う話ですが。

トラヴィス選手はとてもいい働きをしてくれているのでね、怪我されたら困りますものねー。

その後も守備で失点した感じがあったジェイズ。

ノリス投手はでもやっぱりコントロールがよくなくて、結局3イニングも投げきれず、2.2IP、6H、5R、4ER、2BB、1SOという結果。

なんとか次の登板ではスプリング・トレーニングのようなピッチを取り戻してほしいものです。

その後エストラーダ、フランシス、オスナ投手の3人がブルペンから登板。
なんとかこれ以上の点を与えることなく投げきってくれました。

ジェイズはリリーバーのコルト・ハインズ投手をバッファロー行きにして、ヴェテラン投手ジェフ・フランシス投手を呼ぶというムーヴを発表。



ハインズ投手、あまりメジャーで投げる機会も与えられぬまま、バッファローに行くことになってしまいましたね。

そしてジェイズに呼ばれたこのフランシス投手はカナディアンなのですよ。

うちの夫曰く「昔は1年くらいいいスターターだったけど、それ以後はあんまりよくない」ということでしたが、ジェイズはやはりメジャーの経験のある投手を入れたかったのですかね。

このフランシス投手が昨日はいいアウティングをしてくれて3.1イニング投げてましたね。
ヒットは2つに押さえ2ウォークス、3ストライクアウツ。
スターターより長く投げてますね・・・

やっぱりジェイズはどうしても若い選手が多いので今年はこのグロウウィング・ペインに付き合っていかなくてはいけないのは仕方ないでしょうね。

ノリス投手だけでなく、サンチェズ投手、ハッチも不安定な登板が続いていましたし、ちょっと不安ですが、そのうち落ち着いてくれることを祈るのみ。

ちなみに昨日球場のモニターに映し出されていたのに、ALで今年一番若い選手何人かがリストアップされていまして、そのうちほとんどがジェイズの選手という・・・

でも20歳のオスナ・カストロ投手の二人はいい活躍してくれてますものね。
カストロ投手は一昨日でしたか、得点与えてしまってたのかな(土曜日の試合はまったく見ることができませんでしたー)。
でもまあこの二人はメジャーでプレイすることに怯えている感じもないですし、実際堂々とプレイしてくれてますからね。


そして昨日、1回表と3回表、ポンペイ選手、守備がねえ・・・
これについてポンペイ選手は「自分がきっちりプレイできずに今日の試合は負けてしまった」的な発言をしていましたね。
まあ、それはいいんですけれど、気になるのはその後の発言。
「シーズン始まって以来、ミステイクをするんじゃないかとプレイするのが少し怖く感じている」というコメント。

まあ、カナディアン、しかもオンタリオで生まれ育ってという「ホーム・ボーイ」なのでファンの期待も注目も集めていて、それがプレッシャーになってしまっているのでしょうね。

ピラー選手が大活躍ということで、ソーンダース選手が戻ってきたら誰がベンチ入りするのかの競争のプレッシャーもあるでしょうし。

とは言え、素質がある選手ですし、ジェイズはもうちょっと辛抱してソーンダース選手が戻ってきてもポンペイ選手にチャンスを与え続けてあげてほしいなあ。

ソーンダース選手のほうが経験もあって、それなりの結果もメジャーで残しているというのもわかります。
スターティング・ラインナップとしてトレードで獲得したのもわかるけれど、今ここでポンペイ選手をベンチ入りさせてしまったら、彼に自信をつけさせる機会を奪ってしまうと思います。

かといってピラー選手をベンチに下げるというのは素晴らしいプレイをしている彼にとってフェアじゃないですし。
でも現実的には多分ソーンダース選手をまさかベンチ入りさせるわけにも行かないだろうから、この二人のどちらかがベンチに行くしかないんでしょうが・・・


そして昨日はこのままジェイズ、得点入れられず試合が終わっちゃうのかな?と思いましたが、なんとかマーティン選手がダブルで2点入れてくれましたね。

スロウですが、マーティン選手も少しずつ打てるようになってきてるのかな。

それよりやはりミドル・オブ・ラインナップ、パワーヒッターのバティスタ&エンカーナシオンの二人がもうちょっと打ってくれないと困りますねえ。

とは言え、昨日はやっぱりストライクアウトが多かったなあー。
特にコート・ルッキング、つまりバットも振らずにボールがストライクになるのを見てアウトになる、というのがとても多かった気がします。

つまりそれだけブレーヴスのスターター、ミラー投手がよかったってことなのかな。

でもジェイズはやっぱり昨日はもうちょっと守備がよかったらなー、と。

ノリス投手ももちろん3回も投げれずの降板でよくなかったですが、でも感覚としてはもうちょっと打てていたら勝てていたんじゃないか、という気がするしなー。

でもやっぱりそういう意味でトラヴィス選手の怪我が大したことでなくすんでよかった。
アウトフィールダーの守備は気になるところですが、インフィールダーの守備もトラヴィス選手が要になってますからね。
レイヤス選手もドナルドソン選手もあまり守備はよくないですから・・・

今はレイヤス選手が欠場でゴーインズ選手がショートを守っていて、彼も守備は抜群の選手なので、昨日もいいプレイをしてくれていましたよね。

とはいえ、レイヤス選手が火曜に戻ってくるとなるとまたベンチ入りでしょうし。

これで惜しくもブレーヴス戦・シリーズは負けてしまいましたが、次からのオリオールズ戦は負けられませんね。
なんと言ってもライヴァルALイーストのチームとの対戦ですから。

その次もタンパでのアウェイ戦も控えてますし、やはりライヴァルチームとの試合は勝たないとね。


まあ、あまりいいことがなかった昨日の試合ですが、試合観戦に行った私たちにとってひとつよかったのは、上でも言ったボブルヘッド・デイで無事にボブルヘッドをもらえたこと、でしょうか(笑)

大体ボブルヘッド、実際の選手に似ていないことが多いですが、バティスタ選手のこれは、どうでしょう?

20150419_171249.jpg

わかりやすい濃い髭でバティスタ選手だ、というのがわかりますが、髭がなかったらどうかなあ。

後姿も(笑)。

20150419_171319.jpg

どうでしょう、皆さんはどう思われますか?似てる?似てない??


大体週末の試合を観に行くと客席はどこも埋まっているんですが、この日は特別なプロモってことでやはり満員近かったですよー。

それにしても、みんなそんなにこのボブルヘッドがほしいんだ・・・
うちらの前に並んでいた女性二人組のかたも「この列だけで何人くらいいるかな?ボブルヘッド、どう、もらえると思う?」と話しかけてきたり。

でも列の最初のほうにいた人たちは朝9時くらいから来てたのかなあ?
そこまでしてほしいんですねえ。
後にEbayとかで売るのかな。


ジェイズは負けてしまいましたが、でもボールパークの雰囲気と言うのはいつ行ってもいいものです。
特に昨日は私たちの周りの席の人たちも、迷惑な人とかもいなかったし、試合も見やすい席だったし。

今シーズンもう一回くらい観に行きたいなー。

では、火曜日にまた。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月16日木曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

2015年4月16日木曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

スターティングラインナップ






Recapはこちら


昨日は、うーん、やっぱり2日前の得点を少し分けてもらいたかったですねえ・・・

4-2で負け・・・

試合前に、ブルペンのトッド・レッドモンド投手がDFAとなり、バッファローからライアン・ゴーインズ選手がやって来るというニュース。






びっくりしました。

またインフィールダー増やしてどうするのかなー、と思ってましたが、ジェイズはまるでこの日、レイヤス選手が試合を途中退場するのを知っていたかのようなムーヴ。

まあ、一ファンの私でさえレイヤス選手、危ないんじゃないかと思ってたくらいですから、チームはもちろんわかっていたと思いますが。

それにしても、レイヤス選手、うーん、毎年怪我しちゃいますねえ・・・
どのくらい完治するまでかかるのかはわかりませんが、ジェイズの解説者のパット・タブラー氏曰く、結構時間がかかるらしいのでねー。

でもゴーインズ選手、もともとスプリング・トレーニングでとても調子がよくて、チーム入りすべきだったわけで。
そして昨日はレイヤス選手が去った後、初のアトバットでしっかりヒットを打ってましたね。

まあ試合最後のアトバットではアウトになっちゃったけれども。

そしてトラヴィス選手とゴーインズ選手の二人の素晴らしいダブル・プレイ!(なのにこのヴィデオがMLBのオフィシャルサイトには載っていない・・・)
これはレイヤス選手がSSだったらできてなかったかもなあー。


そして昨日、スターターのサンチェズ(すみません、ずっとサンチェスと書いていましたが、「ズ」でした)投手。
5.1イニングス投げて、5ヒッツ、3アーンドランズ、3ウォークス、4ストライクアウツ、ノーホーマー。
まだまだ不安定なところも多かったですが、とりあえずは初登板の試合と比べたらよくなっているようでしたね。
もうちょっと様子を見て、彼がスターターに適しているのか、ブルペンにいるほうがいいのか、ジェイズは判断することになると思いますが。

対するレイズはクリス・アーチャー投手がスタート。
7イニングス投げて、なかなかの活躍をしていましたね。
が、昨日は4人もヒット・バイ・ピッチとなり、アーチャー投手がエドウィンに死球を与え、今度はジェイズがリリーバーのエストラーダ選手が、レイズのエースヒッターのロンゴリア選手に死球を与えたことで、テンションが高まり、ダグアウトにいたマーク・バーリー投手がすでに降板してこちらもダグアウトにいたアーチャー投手になにやら怒鳴る、というような場面もありました。

そしてレイズはその後、リヴェンジのつもり?か、ドナルドソン選手のアトバット時にまた死球
インテンショナルかどうかははっきりしませんが、たぶんそうでしょうね。
頭を狙ってたのかしらー。怖い。
結局ちょっと指を掠めたくらいだったようですが。

これに対しレイズはボールは当たっていないと主張。
レビュー後、死球と判定され、レイズのキャッシュ・マネージャーがこれに抗議。
そして試合退場宣告
をうける。
まあ、すでにテンションが高まっていましたからね、マネージャーがこうしないと選手たちの気がすまないというのがあるんでしょうが。

エストラーダ投手がロンゴリア選手をヒットしたのがインテンショナルと噂されていますが、どうなんでしょうねえ。
ロンゴリア選手とエストラーダ投手、同じカレッジに通っていて、顔見知りなんだそうですが。

スポーツマンシップ精神を持ってお互いリスペクトしてプレイしてほしいなあ。


それにしても、うーんやっぱりこの試合も勝てそうで勝てなかったなあ。

これでシリーズ負けとなってしまいましたが・・・

まあ次は気持ちを入れ替えて行きましょう!

今日からはアトランタ・ブレーヴス戦ですよ!
ちなみに私、この週末試合観戦に行って来ますー。
ふふふ、楽しみ。


あ、そうそう、元ジェイズのJ.P.アレンシビア選手、知らないうちにオリオールズからリリースされて、レイズが彼をマイナーリーグで契約を結んだそうですね。

っていうか彼、やっぱりALイーストに留まるのかぁ。
まあ、苦戦しているようなので、メジャーでプレイできるかは怪しいところですけれどね。


テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月15日水曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

2015年4月15日水曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

スターティング・ラインナップ


Recapはこちら




ジェイズ、昨日はすごかったですねー。12-7で勝利!

いやー、もうどんどん点が入っていって、途中からは「半分くらい明日にまわせたらいいのに」と夫と言い合っていたくらい。

そして何よりもこの日のハイライトはケヴィン・ピラー選手のナイス・キャッチ!



それからバティスタ・選手の2ラン・ホームラン

他にもトラヴィス選手もホームランを打ったし、ポンペイ選手も負けじとソロ・ホーマーが出ていましたね。

ほとんどの選手がヒットを放ち、RBIも獲得。
エドウィンだけが打ててなかったですねえ。


昨日のスターターはバーリー投手。
6イニング投げて7ヒッツ、3アーンドランズ、1ウォーク、4ストライクアウツ、2ホームランズ

3ERなので必ずしもすごくシャープだったとはいえないんですが、まあ勝ったからね。
チームのオフェンスにも助けられて彼が勝利投手に。

バーリー投手の降板後、レッドモンド投手がちょっと不安定でしたね。
コルト・ハインズ投手もなかなかアウトが取れていなかったし。
やっぱりブルペンが心配かなあ。


私、昨日の試合はあまりしっかり見ることができなかったのですが、やっぱり勢いに乗るとジェイズはこうやってたくさん点を稼げるんですけれどねー。


何にしろ、ケヴィン・ピラー選手のこの今年の活躍はどうよ!
私、正直言うと彼のことはあまり気にしていなかったのですけれど、いやー、オフェンスにしろディフェンスにしろ、もう文句がつけられませんね。

昨日もあの素晴らしいキャッチでレイズのティム・ベッカム選手からホームランを奪い取っただけでなく、RBIダブルも出ていましたしね。

もう今の感じだとソーンダース選手のこととかちょっと忘れてもいいかなって感じ。


昨日もトラヴィス選手もまたいい活躍をしていましたし、スモーク選手もシングルで2RBI獲得したり、若手が頑張ってくれてましたねー。


ドナルドソン選手もシングルダブルで3RBI獲得で大活躍でしたしね。


さて、気になるのは今日の試合ですよ。

シーズン最初の登板がかなりよくなかったサンチェス投手が今日登板。

前回はシーズン初登板のスタートで緊張していたんだと思いますが、今日はどうですかねえ。
まあ今日もホームでしたーとするのが初めてってことでまだ緊張と言うかプレッシャーは感じるかもしれませんが、でも平日のナイトゲームだしね、観客も少なめだろうし、少しはリラックスして投げられるといいのですが。

今日も勝って、シリーズ・タイに持ち込みたいですね。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月14日火曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

2015年4月14日火曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

スターティング・ラインナップ






Reecapはこちら


昨日もジェイズ、負けてしまいましたねえ・・・
レイズ、決してすごくいいってわけでもないんだけれどねえ。


昨日はノリス投手の登板で、ファーストボールがうまく行っていなかったですね。
しかもまたホームランを1本許してしまいました。

セカンドバッターでいきなりのソロホーマーで嫌ーな感じで試合がスタートして、続くセカンドイニングでも一点追加され、一時期はジェイズ同点にまで追いついたものの、結局は3-2で負け。

ノリス投手のことを言うと、そんなに心配はしていません。
昨日はまああまりよくなかったですけれども、それでも5イニング投げてましたしね。
最終的には5IP、2H、2R、2ER、3BB、4SO、1HRだから、そんなにすごく悪いと言うわけではなく。
一応ストライクアウトも4つでてることですしね。

と言うのもスプリングトレーニングに追加した新しいチェンジアップでなんとか苦しいところを切り抜けられたようですね。
90ピッチのうち20ピッチ以上がチェンジアップだったというので。

こういうときやはりピッチのヴァリエーションが多いといいですね。

若い選手には「グロウイング・ペイン」がつきものですから、それはジェイズファンは特に今年はそれは覚悟しなければならないんじゃないでしょうか。

それより気になるのはバッター陣。

昨日はレイズ戦初戦よりは打っていて8ヒッツ出ていましたが、とはいえ、チャンスと言う時に得点に結び付けられず。

やはりバティスタ、エンカーナシオンの二人にもうちょっと頑張ってほしいですねえ。

マーティン選手も打率が伸びず、現在なんと.043という数字になっていますが、まあ、彼のことはそんなに心配していなくて、そのうちそれなりに打てるようになるんじゃないですかね。
キャッチャーというのはいろいろ大変でしょうからね。

あと気になるのはこれまたカナディアンのポンペイ選手。

やはりカナディアン、しかも出身はトロントの隣町のミシサガ市ということで、プレッシャーを感じちゃってるのかなあ。
せっかくここ最近はセカンドバッターに抜擢されているんだし、頑張ってほしいですねー。
と言うか、それがプレッシャーなのかしらー。

ピラー、トラヴィスのこのナンバー8&9ヒッターはどうよ!
昨日もピラー選手2ヒッツ、トラヴィス選手も1ヒットでこの二人はほんと順調に打ってますね。
ピラー選手は4回裏にRBIシングルも出してましたし。

最初はアウトフィールダーとしてソーンダース選手が戻ってきたらピラー選手がベンチ入りかと思っていたけれど、このままでいくとどう考えてもピラー選手は残しておきたいですよねえ。

そういう意味でのプレッシャーもあるんでしょうね、ポンペイ選手。

ピラー選手も2年くらいやはりなかなか打てずに伸び悩んでましたからね、どうしてもこういう時期を若手選手は乗り越えなければならないのでしょうけれど。


同じ回にレイヤス選手もダブルでRBI獲得
彼はやはり左上半身に少し異変を感じるものの、ゲームを休むほどではないということでしたが、うーんとは言え心配だなあ・・・


とにかくこの1点差で負けるって言うのは悔しいですよねぇ。
こういう試合こそ勝たなければいけないのに。

でもレイズ、今年はメンバーもずいぶん変わって、マネージャーももとジェイズのキャッチャーだったケヴィン・キャッシュ氏だそうで。
今までマネージャー経験がないとはいえなかなかいいスタートを切っているようですねえ。

メンバーが変わってもやっぱりレイズはしぶといチームなんだなあ。
ピッチングがいいと数字で出てきてるそうですからね。

まあ今年はエースのプライス投手もいないですし、シールズ投手もいないし、この先どうなるかわかりませんけれども。

あとは盗塁とかでじわじわ進塁していったりね。
やっぱりこのチーム、てごわいんだわ。


ジェイズ、アウェイ戦ではなかなかのレコードを出してくれてたのに、ホームに帰ってきたらこれというのはねえ。
でもレイズ戦はまだ2戦残ってますからね、この2試合を勝ってとりあえずシリーズ・タイに持ち込みたいですね。

ではまた。


テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年4月13日月曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

おはようございます。

えー、こちら火曜日朝の8時前でございますけれども、すでに会社です。
ちょっと仕事が忙しくなってきているので、今日も詳しい試合のレポートはできませんが、ささっと書きたいと思いますー。

2015年4月13日月曜日、タンパベイ・レイズ戦@トロント

スターティング・ラインナップ↓




Recapはこちら


いやー、昨日はトロントでのホーム・オープナーと言うことで、例年のごとく盛り上がってはいたんですが、負けてしまいましたねえ・・・

なんかジェイズはここ5年ほどホーム・オープナーで勝ったことがないんだそうで。

(あとこれは余談ですが、ジェイズのホーム・オープナーのセレモニーは結構簡潔ですね。
スタッフや選手紹介も他のチームのと比べてなんかちょっと盛り上がりにかける演出な気がしました)

昨日はまあスターターのディッキーが5ウォークスも出してしまい、しかも満塁の時に2つもだしてフリーパスでタンパに得点をあげてしまったのが痛かったですが、だからといってディッキーだけを責めるわけにはいかないですよね。

だってその前の試合ではハッチが7点もERで与えたのにも関わらずジェイズはそれを上回る得点を出して勝ったわけですから。

2点くらいだったら楽にとは言いませんが、追いつける範囲だったのに、ジェイズ、5回裏にピラー選手のダブル、そしてトラヴィス選手のRBIシングルで1点取ったのみ。

またもやラインナップのボトムの若手選手が頑張って得点に結び付けてくれましたけれど、それ以外がねえ・・・

ジェイズはどうしても浮き沈みが激しいと言うか、
ピッチャーがダメな時はバットもだめ、ってことが多い気がしますね。

レイズはある意味新生というか、マネージャーも変わったし、ラインナップの顔ぶれも新しい選手がちらほら見られて、あ、でもそれはジェイズも一緒か。

レイズのスターターのオドリッジ投手も最初の方はちょっと不安定でしたが、その後落ち着いちゃって、ジェイズは全然打ててなくてなんとたったの2ヒッツ。

とはいえ、レイズも2点はディッキーのウォークでもらったもので、こちらも3ヒッツで打ててなかったんですけれどね。
そう思えばこの試合はジェイズがもうちょっと打ててたら、勝ててたよなあ。

ディッキーも、うーん、ニューヨークのあの寒空の中でしっかり投げられていたのに、昨日のジェイズ戦はドームの屋根も閉まっていたから、そんな寒かったはずはないし、どっちにしてもトロントは昨日昼間は19度くらいまで上がったらしくて。
(私は日中は仕事で会社に缶詰、しかも私のいる部屋には窓がないので、あまり外の様子がわからないのですー)
夜には雨が降ったりしていたとは言え、気温がどーんと下がったわけでもない。

なのでまあ気温のせいにはできないわけで。
ま、やっぱり昨日はディッキー、ついてなかったということかな。

ちなみにMLBのGamedayのページではディッキーの昨日の登板が「Dickey's strong start」なんて題名になってますが・・・

でもディッキーの後を継いだブルペン投手たちはみんなそれ以上の点を与えずにいてくれたのはよかったですね。

オスナ投手もシーズン始まる前までは、大丈夫なのかな?と言う不安がありましたが、すでに何度も登板して、いい活躍してくれていますしね。


若手が頑張っているんだから、ベテラン陣がやっぱりもうちょっとがんばってくれないとねー。

あと気になるのはレイヤス選手。
数日前の試合でも上半身の左側を気にしていましたけれど、昨日の試合でも打席に立ったときにどうも同じような素振りをしていましたよね。
コメンテイターとかは何も言っていなかったけれど・・・

この先またDL入りにならないことを祈るのみ・・・


あ、あとロジャース・センター、今年は人工芝が新しくなったそうで、今までより長い人工芝になったようですね。
それでまたボールの動きが変わったりしてフィールダーは大変かもしれませんね。

昨日もレイズのカブレラ選手、この人工芝の一部が目の中に入っちゃったかなんかでトレーナーに見てもらったりしてましたもんね。


さて今日はノリス投手の登板。
ホーム・オープナー・ゲームは敗れましたけれども、ホーム・オープナー・シリーズはまだ勝てる!
今日、明日の試合は連勝してほしいですね。


おまけ
今日のスターター、ダニエル・ノリス投手のかわいいファンの画像↓

左下には「ミニ・バティスタ」選手もいます(笑)。
他の写真もあって、見たらヴァンの後ろにMiniNorrisとか書かれていたりするんですよ。
しかもこのミニ・ノリス君、ちゃーんとハイソックスだったりして、結構本格的に扮装しているのが憎いです。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3902位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
528位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。