スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年6月14日日曜日ボストン・レッドソックス戦@ボストン

またまたお久しぶりになってしまってすいません。

が、その間にジェイズ、11試合連続勝利という絶好調!

昨日も途中10-5までレッドソックスに迫られて、もしや?と思いましたが、その後また3点追加して13-5。

Recapはこちらでどうぞ。


今までウィニング・ストリークの最高は11だったそうなので、ぜひ今日勝って、記録を塗り替えてほしいですね~!

この11試合、いろいろいいところがたくさんありましたが、なんと言ってもジェイズのヒッターたちの活躍ぶりはどうよ!
毎日のように10点以上のスコアが出ていて、いやあ、すごいですねー。

特にこのレッドソックス・シリーズはバティスタ、エドウィン、ドナルドソンの3人のパワーヒッターによるホームランはなかったと思いますが、ラインナップ後半の選手、特にピラー、ゴーインズの二人がすごく頑張ってましたね!

私はゴーインズ選手に注目してるので、嬉しかったなあー。

昨日は3ランホームランだけでなく、その後ダブルで合計5RBIを獲得し、彼のキャリアハイだそうで。
(あれ、でもこのダブルの動画がMLBオフィシャルではない??)







レッドソックス戦では毎日ピラー選手とともにシングルやダブルでRBI獲得、毎日2ヒッツ出していたんじゃないかな?


そしてここ連日素晴らしい活躍をしているのに、「エンド・オブ・ラインナップの自分たちがビッグ・ボーイズ(ミドル・オブ・ラインナップのバティスタ選手など)につなげるプレイをしているだけ」的な謙虚なコメント。

でも基本的にこのヒーロー・ーインタビューでもちょっと無愛想な感じのゴーインズ選手。

やっぱりルーキー時にずいぶんファンやメディアに叩かれたからね、そういうのもあるのかなあ。


あと昨日は太陽に助けられましたね。

ゴールド・グローバーのペドロイア選手が2度も強い日差しで打ち上げられたボールを見失い、そこからジェイズ、ラリーが始まっちゃったりして、ちょっと気の毒なくらいでしたねー。

とはいえ、バティスタ選手も同じようにボールを見失ってましたけどね。

でもレッドソックス、打線があまりうまくないようですねえ。
このシリーズではそれなりに打っていたけれど、ジェイズがたくさん得点を重ねていたからね。

パンダことパブロ・サンドバル選手、ヘンレイ・ラミレズ選手などを迎えて(セスペデス選手はあれ、いなくなってたのね)、プラス、もともといるビッグ・パピなどラインナップを見る限りではパワーヒッターぞろいなんですが、やっぱり実際うまくいかないこともありますからねえ。

あと、守備も今年はよくない感じですね。

今年はジェイズ、AL EASTチームとの対戦がまだあまりないので、ジェイズ戦だけをみての感想ですけれど。

このシリーズでもレッドソックス、ジェイズとの相性の悪い田澤投手を登板。
やっぱり打たれちゃってましたもんねえ。
他のチームとではいい活躍しているようなんですけれど。

昨日もレッドソックスが期待する若いスターターのロドリゲス投手が登板。
今まで3回のスタートはよかったそうなんですが、ジェイズの絶好調の打線にやっぱりやられちゃってましたね。


さて、ジェイズ、この波を止めずに出来る限り勝ち続けてほしいぞ!
今1ゲーム差でAL EAST3位。
ヤンキースとタンパに追いつけ!!


今日からはニューヨーク・メッツとの4戦。
2戦はアウェイ、2戦はホームというスケジュール。

気になるのはサンチェズ投手がDL入りでどうやらまた1試合スタートを見送ることになるようで・・・
パワーピッチャーなのはわかりますが、メジャーでのスターターとしてのロングシーズンを乗り切れるように、ちゃんと筋トレとか見直したほうがいいのかもしれませんねえ~。

今日はバーリー投手が投げて、サンチェズ投手の代わりにきっとまたバッファローからコープランド投手が呼ばれるのかな?

あと昨日の試合のスターターだったエストラーダ投手、確か5ERだったのに勝利投手になったという・・・
彼もよくなってきていますが、まだERが多い気がしますねー。


ではそろそろ仕事始めなければ。

ジェイズ・ファンとしては今試合観戦がとても面白い時期!
今日の試合も楽しみです!
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年6月8日月曜日、マイアミ・マーリンズ戦@トロント

2015年6月8日月曜日、マイアミ・マーリンズ戦@トロント




昨日のゲームもすごかったですね。

ジェイズようやく波に乗ってきたかな?

なんといっても11-3という結果。

ジェイズはファーストイニングから6点も入れて、その後もドナルドソン選手のソロホーマーが出たり。

そうそう、昨日はジョン・ギボンズ監督の誕生日だったそうで(ハッピー・バースデイ、ギビー!)。
でも、バティスタ選手のチェック・スウィングに対してなんかやらかしたのか、ファーストベース・アンパイアに退場させられちゃいましたね。

見ている感じだと最初はバティスタ選手が退場させられたのかと思いましたが、バティスタ選手、アンパイアをじっと見つめるだけで、それ以外は何も文句を言ったりという言動もなかったので、なんだこのアンパイアは!と思っていたら、ギビーだった、という。

後を引き継いだアシスタント・コーチ(だったっけ?)のデマーロ・ヘイル氏曰く「きっとギビーのボディー・ラングエージを気に入らなかったんじゃないかな」と言うことなんですが。

詳しいことはあまり語られてないのでわかりませんがー。

とんだバースデイになったギビーですが、まあ、その時点ですでに7点くらい入ってたし、どっちにしてもチームが勝ったのがいいバースデイギフトになったんじゃないでしょうか。

コロベロ選手は1回裏ですでにヒットを出して、ヒッティング・ストリークが18試合に。
すごいねぇ。

今エドウィンが試合出場してませんが、なんかエドウィンいなくても大丈夫なんじゃない?という気になってきましたね。
いや、そんなことはないんですけれどね。
でもコロベロ選手、アウトフィールダーとしてはあまりよくないので、できればナチュラルなファーストに置いておきたい。
エドウィンはDHにしてもらって・・・

昨日も川崎選手、活躍してましたね!
1回表に彼もダブルでRBI獲得してましたし、レイヤス選手とダブルプレイも出してましたし。

一昨日の試合でもいい活躍をした褒美でのスターティング・ラインナップか?と皮肉なジェイズファンのコメントもあって、大多数はMuneファンですが、やはり辛辣で川崎選手嫌いのファンがいることも事実。

まあ、彼のキャラのせいもあるかもしれませんけどね。

でも確かに川崎選手がいるとチームの調子がよくなってると思うんだけどなー。
ただ私はゴーインズ選手に頑張ってほしいので、ちょっと複雑。
ゴーインズ選手、もうちょっと打てればねえ~。


そして昨日はスターターが、マルコ・エストラーダ投手。
うん、よかったですね。
あ、この動画ではちょうどイチロー選手がストライクアウトになる場面でしたね。
イチロー選手ファンの皆さん、すいません。
私もイチロー選手、好きですけれども、でもその前にやっぱりジェイズ・ファンなんで・・・

エストラーダ投手、7イニング投げて7ヒッツ、6ストライクアウツ、ノーウォーク。
7ヒッツと結構多い気もしますが、でもストライクアウトも6つも出てますし、なによりウォークなしだしね。
ノリス投手のバッファロー降格後、ブルペンからスターターになった彼ですが、最初はいまいちまだ不安定なところがありましたけれど、ようやく安定してきましたね。

ジャンカルロ・スタントン選手にホームランを許してしまいましたが(悔しいから動画リンクは貼りませぬ・苦笑)・・・

とにかくやっぱりスターターがよくないと勝てないですからね。


そういう意味で昨日のマーリンズは、スターターのブラッド・ハンド投手、もう気の毒になるくらいに打たれてましたねえ。
なんせ1イニング持たないくらいだったしね。

その名前をもじって「アウト・オブ・ハンド」とかここでも言われちゃってますが・・・

ちなみに「アウト・オブ・ハンド」とはいわゆる手のつけようがないというような意味です。
私たちもゲーム見ながら「ああ、この投手、”グッド・ハンド”じゃないみたいだね」とか言い合っていたので、きっとずいぶんこの名前でからかわれてきたんだろうな・・・

でもそれだけでなく、マーリンズ、昨日の試合では守備があまりよくない印象でしたね。

マーリンズってジェイズが12年のブロックバスター・トレードしたチームってくらいで、あまり対戦することもなくて、個人的にはかなり影の薄いチームで、スタントン選手以外は誰がいるのかも知らなかったし。
あ、イチロー選手はもちろん知ってますが。

でもやっぱりスタントン選手がいいヒッターとはいえ、一人の選手がチームをまわせるわけではないですからねえ。
でもきっとイチロー選手みたいなメジャー経験も長く、守備力もある安定した選手を入れたかったんでしょうね。


とにかくジェイズは今いい調子になってきたので、今日の試合も勝って.500に手を伸ばしたいですね。


おまけ
ジェイズの選手、結構サッカー好きのようですが、試合前にサッカーをよくしているようです。
ここでもそんな様子が。

そういえば数日前にもこんな写真が出てましたしね。




かと思えば、こちらでは「おれらはやっぱり野球だろ!」と。

ゴーインズ選手がピッチャー、ドナルドソン選手がヒッター、ピラー選手がキャッチャーで、コロベロ選手がアンパイア。

ゴーインズ選手、たしか学生時代にピッチすることもあったって聞いたことがありますよ。


そして川崎選手とイチロー選手。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年6月7日日曜日ヒューストン・アストロズ戦@トロント

2015年6月7日日曜日ヒューストン・アストロズ戦@トロント




いやー、昨日の試合、見ました?
もうだめかなと思っていた9回裏、6-4でアストロズが勝っていたのですが、川崎選手のダブルから始まってのウォークオフ・ウィン!

アストロズには悪いけれど、これはもう勝つべくして勝った試合だったといっていいんじゃないでしょうか!

レイヤス選手もジェリー・ホーワース氏との問題?後、いい活躍をしてくれていますが、昨日も川崎選手のダブルのあと、ちゃんと出塁、川崎選手をホームに帰します。これで6-5。そしてその後盗塁。

それからバティスタ選手のヒットがちょうどセカンドベース辺りに打ち上げて、レイヤス選手はベースに留まらなければならないのでそこにいたら、ヒューストンのヴィラー選手がレイヤス選手につまずくような形になり、ボールを取り逃がします。

これで結局バティスタ選手も出塁。

次のバッターは17試合(18かも)連続ヒットという記録を更新中のクリス・コラベロ選手。

彼の打席の時にダブル・ホゼ(レイヤス&バティスタ)によるダブル・スティール!

そしてコラベロ選手、ここぞ!と言う時にちゃーんと隙を狙ってのシングルでダブル・ホゼがホームに!
劇的な9回裏のプレイで7-5で勝ち!

まあ言葉よりこのRecapで見てもらったほうがいいでしょう。

今年とても調子のよいアストロズをこのシリーズ見事にスウィープ!

いやあ、やっぱり諦めたらダメですね。

コロベロ選手、ヒッティングが素晴らしいですねえ。

ヒーロー・インタビューもこちらで見ることができますよ。

この日はディッキー投手のスタートで、悪かったわけではないものの、やはりアストロズはホームランの多いパワーヒッティング・チーム。
ナックルボールは外れちゃうとびゅーん!とホームランになっちゃいますからね、とは言え昨日はホームランは1つだけでしたか。

その後、新しくジェイズに加わった、ボー・シュルツ投手が2点アストロズに与えてしまいましたが、ヘンドリックス投手がなんとかそれ以上の点を許さず。

ここ最近ようやくスターターの調子がよくなってきているとは言え、やっぱりジェイズの問題はピッチャー陣ですね。


ジェイズはたくさん点を入れているのにも関わらずただいまAL Eastで3位。
つまりそれだけ点を許してしまっているってことですからねえ。


ま、でもこのシリーズは素晴らしかった!
特に今一番勢いのあるアストロズ相手のスウィープは大きい。

今日からはマーリンズ・シリーズ。
私はあまり馴染みのないチームですが、イチロー選手もいますし、パワーヒッターで注目されているスタントン選手もちょっとどうなのか、気になりますねえ。
できれば打ってほしくないですけれど。


と言うことでこのまま勢いに乗って勝ち続けてほしいですね!

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

ホーワース対レイヤス

えー今日はちょっと試合についてではなくて、面白い記事を見つけましたのでそれについて。

こちら↓なんですけれどね・・・

ジェイズの試合のラジオの解説者はジェリー・ホーワース氏というおじちゃんです。

おじちゃんといいましたが、実際にはもうかなりおじいちゃんです。
でもたしかジェイズの試合解説を30年以上続けているベテラン、名解説者。

このホーワース氏がエラー続出のホゼ・レイヤス選手のことをかなり辛辣に批評していたそうでして。
それについてのレイヤス選手の反応というのがこの上のポストなんですが。

英語がわかる方はぜひリンクからどうぞ。

簡単に要約しますと、ホーワース氏はここ最近のレイヤス選手のエラー続出を見て、「これ以上よくなるとは思えないし」またエラーをしても「笑いすぎてる」と批評。

確かもともとはラジオの解説中に何か言ったのかな?
その後他のスポーツラジオ番組のゲストで呼ばれて詳しくまた話をしていたのですが、私もそれ聞いてみました。

ちゃんと他のエラー続出の選手の名もあげて「コラベロ選手とかはわかる、彼はもともとファーストベースでアウトフィールドを守っている、でもレイヤス選手は違う」と前置きしつつ、「彼がメジャーに入ってきた頃は素晴らしい運動神経でベストプレイヤーのうちの一人であると疑いはなかった。でも、今は違う」と。

そしてここ最近の話だけでなく、去年もエラーが多かったし、そして毎年怪我もしている、と指摘。

そしてライアン・ゴーインズ選手のほうがずっといいプレイをしているじゃないか、と。
「(彼の守備力の悪さやその他に関わらなければいけない)マネージャーや選手に同情するよ」とまで言っていました。

そしてそれを聞いたレイヤス選手は「まず、個人的にジェリーが僕に何かいいたいことがあるなら、男らしく面と向かって話すべきだ」と。

「ファンが彼のいうことを聞くわけで、それを信じてしまうかもしれない」と。

そして「自分はハッピー・パーソン。その日のヒッティングが0だろうと5だろうと、かわらないホゼ・レイヤスだ。そういう自分のハッピーさは変えられない」的なコメントをしていました。

そして怪我については「自分だって怪我したいわけじゃない。でも自分はスピードのある選手。だからハムストリングの怪我はやむえない。オフシーズンもできる限りのことをしている」と。

でもねえ、どうしてもいい訳めいて聞こえちゃうんですよねー。

なぜかレイヤス選手ってまあああいう性格のせいもあって、かなりファンも多くて、これに対してファンも「何も変わる必要はないよ!」みたいなことを言っているんですけれども。


私は、あの、皆さんご存知のように、レイヤス選手のこと嫌いではないんですよ、でもやっぱり彼の守備力へはかなり不満があります。

今まで何で誰もそのことを指摘しないんだろうと不思議なくらいで。

だからようやくジェリーがこういったのはある意味そうだよね、と思いました。

ただね、補足したいのですが、私は普段の試合はテレビで見ていますが、スプリングトレーニングの試合などはなかなかテレビで見ることができないので、ラジオで聞くことが多いんですね。

それでこのジェリーの解説も聞くんですけれど、彼、すんごいいい人っぽいんですよ。
どの選手のこともすごく好意的に紹介しているんです。
あまり特定の選手のことを悪く言ったりしないんですよ。

そのジェリーが、ここまで辛辣になるっていうのはびっくり。

びっくりですが、でも、うん、わかるよなあ、だってベテランでこのフォーカス力のないエラーが続くって言うのはどうかと思いますもの。

レイヤス選手は「エラーは出るものだ。自分だけでなく他の選手だってエラーを出してる。ランニングエラーもリスクを恐れてたら盗塁なんかできない」的な発言をしていましたけれど、うーんでもリスクを冒す冒さないというよりは、ちょっとメンタル面のような気もしないでもないですよねー。

ジェリーは「エラーを冒していても笑っているところがテレビに映ったら、やっぱりいいものじゃないよね」みたいなことを言っていましたけど、そう、レイヤス選手、もうちょっとその辺重く受け止めてほしいですよねー。
それでガーンと落ちこまないのはいいことですけれど、集中力がちょっと足りないのでは?という気もします。

ジェリーは運動神経も抜群だった若い頃とは違うんだし、みたいなことも言っていましたが。
そう、なんかね、レイヤス選手、自分が素晴らしい選手だということに天狗になってるんじゃないかなあという気もしないでもないです。

前に守備のドリルをスキップしようとしたという話もありましたしね。

ファンも甘やかさないほうがいいと思うんですよ。
だってすごい高給取りですよ?
簡単にアウトにできそうなものを彼のミスでヒットになったことが何度あったことか。

彼の場合、まだそれなりに打っているからそのエラーの部分はあまりうるさく言われてなかったですけれども、今年はあんまり打ってないですよね、確か。

彼ももう30過ぎてましたよね、怪我も多いし、そう昔と同じようなプレイの仕方、準備の仕方ではダメなんじゃないかなあ。

特に今年はピッチャー陣が不安定なのもありますから、守備がきっちりしてないと勝てる試合も勝てないです。

レイヤス選手がちゃんと自分のエラーについてちゃんと真剣に受け止めてそれなりの対処をしようとしていない感じなのがなによりも気がかり。

誰だって批判されるのは嫌です。
でも、やっぱり彼のエラー数はやっぱり批判されても仕方ないよなあと思います。
それを黙っていればいいのにねえ。
やっぱりその辺いい意味でプライド高く、裏を返すとエゴで言い返したくなっちゃうのかなあ。

黙って、よぉし、見てろ!としっかりとした守備を見せつければいいのにね。


と、まあ私はゴーインズ選手に注目してるからどうしてもレイヤス選手に辛辣になってしまうんですけれども。
皆さんはどう思いますか?

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

2015年6月3日水曜日、ワシントン・ナショナルズ戦@ワシントンDC

2015年6月3日水曜日、ワシントン・ナショナルズ戦@ワシントンDC




久しぶりの投稿になってしまいすみません。
ここ2週間くらいで個人的にえらい目に遭いまして、もうひっちゃかめっちゃかな日々でした。
この1年はもうほんとついてなくて、手術したり他にもいろんなことがあって、ものすごい怒涛の1年・・・
これからは上り坂と信じたいなあ・・・

と、そんな私のことはいいとして、ジェイズ、昨日のナショナルズ戦、シャットアウト!
しかもバーリー投手、コンプリートゲームというダブルの嬉しいゲームになりましたね!

ここのところジェイズは苦戦していたのでようやくシリーズ勝ててうれしかったです。

バティスタ選手もずっと肩の調子が悪くてDHのみでの出場が続いていましたが、このシリーズはナショナルリーグでのアウェイ戦ということでようやくRF復帰。
でも投げる感じをみるとまだ100%と言う感じではないですよね。

とは言え、昨日ホームランも出ましたね!

それからずっと不調だったピラー選手がここ2日間でよくなってきましたね。
夫とも話していたんですが、ハイキックのバッティングだけでなくて、打つために上半身全体がボールに向かっていくような感じですごい動いていたのでどうしたのかなあ、と思っていましたが。
また頑張ってほしいです。

ドナルドソン選手はもうばっちり安定。
今年はジェイズ、バティスタ選手もエンカーナシオン選手もはっきり言うとオールスターに出るほどの活躍をしていないので、ドナルドソン選手くらいしか胸を張ってオールスターに推薦できる選手がいないですよね。

トラヴィス選手もよかったけど、怪我しちゃったし。
そろそろ戻ってくると言うことだったのにやはりまだ完全ではないと言うことですしね。

でもそれで私が注目しているライアン・ゴーインズ選手がよくプレイしているので、個人的には嬉しいです。
あ、でもトラヴィス選手も好きですよー。

ゴーインズ選手、まだバッティング・アヴェレージは.250くらいなのでまあまあですが、去年よりはいいですね。
それにシチュエーショナル・ヒッティングのサクリファイスバントとかも多いのでアヴェレージにその辺の活躍が反映されていないですけれど。

昨日もレイヤス選手のエラーがありましたけど、ゴーインズ選手の守備は素晴らしいですしね。
でもトラヴィス選手が戻ってきたらバッファロー行きになっちゃうのかなー。

それまでもトーリソン選手(彼もDL入りしましたね)がプレイしている頃は、ギビー、トーリソン選手のこと好きなのか、ゴーインズ選手の起用数も限られていましたね。

トーリソン選手はいろんなところを守れるから、チームとしては都合がいいのはわかるんだけれど、でもやっぱりベンチプレイヤーで、いまいち平均以上のプレイは望めないじゃないですか?
そういう意味でやっぱりちゃんとそのポジションをしっかりできる選手を使うべきだと思うんですよね。

14試合のヒッティングストリークで絶好調のコラベロ選手も、バッティングは素晴らしいですが、もともとはファーストベースの選手をアウトフィールダー(ツウィンズにいたときにも両方守っていたとのことですが、基本的にはファースト)で使っているから、やっぱり守備のエラーが目立つじゃないですか?

ジェイズは一人何役もこなせる選手ばかりほしがってるみたいですけれど・・・
もうちょっと守備に重きを置いてもいいんじゃないかなあ~。

レイヤス選手も、あれだけの高給取りですから、もうちょっと守備がちゃんとできるようにドリルとかすべきなんじゃないかなあ。
ルーキーじゃあるまいし。
彼のエネルギーや明るさは素晴らしいですし、それなりに打ってもいますけれど、やっぱりもうちょっときちんと守備をやってもらわないとね。


エドウィンもなんかハムストリングの異常で試合に出ていませんでしたけど、大丈夫かなあ?
今年もやっぱり怪我に悩まされてますよねー、ジェイズ。

あとはやっぱりピッチャー陣。
ここ最近はようやくスターターもよくなってきた感じですが、ブルペンは未だに不安定ですね。
特にループ投手はもう今年どうしちゃったのー?という感じですね。

シースル投手もまだ見ていてちょっと心配だし。
オスナ投手のみいいですが、その彼もあまりオーバーワークドしたら怖いしなぁ。


私の注目しているノリス投手も未だにバッファローにいるし・・・
昨日のバッファローの試合で投げたんだったかな、まあまあの登板だったようですが、ジェイズではエストラーダ投手もまずまずのピッチング(といっても彼も不安定ですが)をしているから、コールアップされるのはまだかな・・・

彼にもサンチェズ投手みたいに機会が与えられてたらねえ。



と言うことで、他にもいろいろ書きたいことはあるのですが、仕事も忙しくなってきたのでこのくらいで。

今日はジェイズ試合はなく、金曜からはヒューストン戦。
アストロズ今年はものすごく調子がいいのでまた対戦はちょっと嫌ですねえ。
このシリーズは勝ってくれるといいのですが。


ではまた!


テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
454位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。