スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン終えて、来年のチームの行方は??

金曜日の試合が終わり、「もうジェイズの試合は来年まで見られないのだな」とちょっと呆然としていたのも、ベースボールなしの週末を過ごしたら、ずいぶん気持ちも落ち着いてきました。

でも今日がワールドシリーズ初日かー。

ま、それは置いといて。

いくつかシーズン終わった後のこと、もう少し話をしたいし、おまけ話などもあるのですが、今日は来シーズンのジェイズの行方は?ということで、その話を。

昨日だったかな?GMのミディア会見があったようですね。

その概要はここで紹介されています(英語ですが)が、簡単に要約しますね。

まず、GM自身の契約が今年で切れるらしく、ジェイズは来シーズンは新しいプレジデントを迎えますね。
なのでジェイズの選手の顔ぶれがどうなるかより先に、アレックスがGMとして戻ってくるのか?がまずは気になるところ。

もし新しいGMになればやはりいろいろ変わってくるはずですしね。

でも今のところはアレックスが残る、と言う仮定で話を進めると、ギビーは来年も監督として残りそうですね。
確かそういう契約だったはず。

ジェイズの来年の一番不透明なのがスターター。
その座が確かなのはストローマン投手のみ。
プライス、エストラーダ投手はFAでアレックスは両投手ともまた再契約したいといってはいますが、難しそうですよね。
バーリーの契約も切れFAですが、彼が来年も引退せずに続投するのかもまだわからないので、なんともいえませんね。
ディッキーはオプションつきで、アレックス曰く、オプション行使する確立は高い、とのことですが・・・

そしてスターターの座を失い、ポストシーズンではブルペンでも投げることのなかったハッチもまた一からスターターの座を争うことになりそうですね。

オフシーズンのスターターの獲得状況によってはサンチェズ、オスナの二人もスターターとしてのポジション争いに加わる可能性もあり、とのこと。


外野のほうは、バティスタ、ピラーの両選手は確実、問題はレフトフィールドで、ベン・リヴェア選手は交渉で4.1ミリオンの給料をジェイズが払うことになれば残るようです。

それがダメな場合はカナディアンで、今年は怪我でほとんどプレイできなかったサンダース選手を入れるか、または若いポンペイ選手か、ということになりそうですねえ。

個人的にはリヴェア選手に残ってほしいですが、これもやはりスターターにジェイズがどれだけお金をかけられるか、によるのかな?

サンダース選手はいかんせん、去年全くそのパフォーマンスを見ることができなかったに等しいので、なんともいえないよなー。
線が細いし、また怪我しそうな感じなのがねぇ・・・
ちなみにサンダース選手の契約はまだ来年1年間残っているようですね。


セカンドベースはトラヴィス、ゴーインズの二人が争うことになりそうですね。
ショートは上のリンクでは何も触れられていなかったのでTulo、ということですが、これも場合によってはジェイズが彼をトレードする、と言う可能性もなくはないのでは?

まずはやはりいいスターター、ピッチャーがいないとポストシーズン出場は難しいですからね、そのために高給取りの彼をトレードするということはありうるかと。

ポストシーズンではいい打率を出していましたが、やはりまだジェイズに馴染んでいない感じで、本人も「まだトロントを完全にホームと思って居心地よくできていない」と言っていましたからね。

とはいえ、やはり彼のようなベテラン選手がいることがチームに有利ですし、あと1年は様子見てほしいところですけれどねー。
彼の契約は2022年に切れるという大型契約でしたけれど、ジェイズがそこまで彼をずーっと保持するかは怪しいところですしね。

ちなみに忘れられているかと思いますが、マイサー・イズトゥリス選手も契約は来年いっぱいまで残っているんですね。
予感としては彼がトレードの駒として使われる気もするんですが、どうなるのかな?

そして川崎選手もいつも1年契約ですからね・・・
来年もマイナー契約でジェイズとの関係が切れないといいのですが。


サードベース、ファーストベースについても触れられていませんでしたが、これも多分変わらずなのかな?
契約状態などはここでチェックしたんですが、スモーク選手のFA入りが2015年っておかしいよね?まあ、これはFA権利を得る年と言う意味なのですが。
コラベロ選手とともに1年契約だったのかな?


そしてリリーバーも触れられていませんでしたが、マーク・ロウ選手もFAなのかな?
彼も引き留めておきたいところですが、どうですかねえ?

ホーキンス投手はリタイアしちゃったし、やっぱりベテランの存在が必要ですものね。


ちなみにもちろんナヴァロ選手もFAとなりますね。
バックアップキャッチャーが必要ですが、これもどうなるかはやはりピッチャーによるでしょうね。
マーティン選手はディッキーをキャッチできますが、もう一人彼をキャッチできる選手が必要でしょうしねえ。
ディッキーが去ればトーリ選手も去るだろうし・・・


そしてアレックスは、選手としてのタレントだけでなく、キャラクター、つまり選手の性格もかなり重要視してチーム作りをすることがとても重要だと気がついた、と言っています。

彼の言葉で言うと
“team-oriented, selfless, hard-nosed, smart in terms of on-field players, talented, very good athletes, good defensively.”
こういう選手がジェイズのキャラクターだ、と。

つまり、「チームを優先したわがままでなく、強気で選手としてスマートで、タレントもあり、いいアスリートであり、守備のよい選手」と。

そりゃそうだろう、と思いますが、まあこの最初の「チーム優先のわがままでない選手」と言う部分を今まであまり重要視していなかったようなのですからね。

いわゆる「クラブハウスガイ」であるかどうかがすごく大切、と。

さて来年も今年みたいないいチームワークの選手を集められますかねえ・・・

新しいプレジデントがどう出るか、だよなあ。
結構ツインズでしたっけ?ではマネーボール的なことをしてきたみたいなので、それはちょっと心配かなあ~。
使うところは使わないとやはり、ねえ・・・

でもジェイズのオーナーであるロジャースも、今年のこのポストシーズン進出でたくさん観客も集められたし、視聴率もよかったので、ずいぶんお金を儲けられたって話ですから、やはりお金をかけなければダメだ、ということはわかったんじゃないかしら?
どうかけちになりませんように!

***

ちなみに今MLBでハート&ハッスルアウォードという投票をやっているようなんですが、これは「一番野球への情熱を見せた選手」を選ぶということだそうなんですが、チームで一人のみの参加選手は決められているようで(これが誰がどうやって決めたのかはわかりませんが)、ジェイズからはドナルドソン選手が選出されています。

ジェイズのTwitterで「投票してね」って言ってるけど、試してみたら、アメリカのジップコード(郵便番号)がないと投票できないんじゃん!

出た、MLBのカナダいじめ!
またかよ!

***

あ、ちなみにトロント市長が今日が「ブルージェイズ・アプリシエーション・デイ」(ジェイズ感謝祭)と定めたそうで。
だから何なんだ、と言う感じですけどね・・・

もうほとんどのジェイズの選手もトロントに残っていないって言うのに。
どうせならポストシーズンのデイゲームのあった日を感謝祭にして、仕事休めるようにしてくれたりしたらよかったのにね(笑)。


そして最後に、今さっき、エドウィンがTwitterとInstagramを更新してましたが、その写真は何か手術をした様子。
「全てうまくいったよ、ありがとう!」tって言ってるけど、指の手術かしら?


さて、時間があれば明日もまたおまけ話などを更新したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Calender
Weather
カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
454位
アクセスランキングを見る>>
リンク
プロフィール

hana

Author:hana
カナダ・トロントに移住して10年。
カナダ人の夫と二人暮らし。
クレイジーなカナディアンの会社で働いております。

野球については詳しいわけではありませんが、トロントに移住してからずっとジェイズ・ファン。
日本語でジェイズについて語りたい!そして現地の情報を日本語でお伝えします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。